スナップフィットの低価格キットで、「蒼き流星SPTレイズナー」のライバル機「ザカール」のゴージャス感は表現可能か?【80年代B級アニメプラモ博物誌】第5回

2020年11月22日 12:000
スナップフィットの低価格キットで、「蒼き流星SPTレイズナー」のライバル機「ザカール」のゴージャス感は表現可能か?【80年代B級アニメプラモ博物誌】第5回

組み立てはオーソドックスに、手足と頭を別々に組んでから、胴体にはめ込む……胴体パーツで手足を前後から「挟み込む」と、箱型の四角すぎる胴体になりやすいのが80年代ロボットプラモの罠。しかし、このザカールの場合、胴体を組んだ後に手足を「はめ込む」方式だ。少なくとも、箱みたいなロボにはならないだろう(多分)。まずは、腕から見ていこう。

▲ 腕は上腕パーツを肩ブロックと前腕ブロックで挟みこむことで、肩とヒジが可動する。特筆すべきは、左腕のクロー(“ホーン・オン・アーム”という名前だそうです)が別パーツで、可動すること。アクションポーズに生かせそう?

▲ 腕の組み立ては、あんまり面白くなかった。でも足首はどうだ! 正面から見ると、足首全体が中央に向けて傾斜してるんだよ! この造形によって、足を左右に広げて、しっかり地面を踏みしめたポージングになる(はず)!

▲ 足首と、フトモモをスネのパーツで左右から挟む。すると、ヒザと足首は前後に軸可動するわけだ。先ほど書いたように足首は内側に傾斜した造形なので、まるで斜めに曲がるように見える

股を開いても足裏が確実に接地するように、足首自体を左右に振る可動軸は、1981年12月発売の「機動戦士ガンダム」シリーズの1/100グフ、1/60ドムあたりから採用されはじめた。1/144では単軸可動のままだったが、足全体を傾斜させた造形は、後期MSV(1984年9月発売のジョニー・ライデン少佐用ゲルググなど)にも見られる。
つまり、可動のためにパーツを割くほどの余裕がない場合、足全体を左右に踏ん張って素立ちしたポーズ優先にする、なかば固定モデルとして割り切る志向が1984~85年ごろのバンダイに発生していたのは確かと言える。

▲ ランナー状態から「チマチマした細かいパーツが4つもあるけど何だろう?」と怪訝に思っていたのだが、足側面の小さなバーニアノズルが、すべて別パーツになっていた! ノズル類が別パーツだと、精密感が段違いだ

▲ そして、股の関節パーツに左右の足を差し込む。股パーツは傾斜がかかっており、左右の爪先が少しだけ外側へ開く。設定画で多く見かける素立ちポーズをいかにカッコよくするか……に、注意が向けられていたことがわかる

画像一覧

  • スナップフィットの低価格キットで、「蒼き流星SPTレイズナー」のライバル機「ザカール」のゴージャス感は表現可能か?【80年代B級アニメプラモ博物誌】第5回

  • スナップフィットの低価格キットで、「蒼き流星SPTレイズナー」のライバル機「ザカール」のゴージャス感は表現可能か?【80年代B級アニメプラモ博物誌】第5回

  • スナップフィットの低価格キットで、「蒼き流星SPTレイズナー」のライバル機「ザカール」のゴージャス感は表現可能か?【80年代B級アニメプラモ博物誌】第5回

  • スナップフィットの低価格キットで、「蒼き流星SPTレイズナー」のライバル機「ザカール」のゴージャス感は表現可能か?【80年代B級アニメプラモ博物誌】第5回

  • スナップフィットの低価格キットで、「蒼き流星SPTレイズナー」のライバル機「ザカール」のゴージャス感は表現可能か?【80年代B級アニメプラモ博物誌】第5回

  • スナップフィットの低価格キットで、「蒼き流星SPTレイズナー」のライバル機「ザカール」のゴージャス感は表現可能か?【80年代B級アニメプラモ博物誌】第5回

  • スナップフィットの低価格キットで、「蒼き流星SPTレイズナー」のライバル機「ザカール」のゴージャス感は表現可能か?【80年代B級アニメプラモ博物誌】第5回

  • スナップフィットの低価格キットで、「蒼き流星SPTレイズナー」のライバル機「ザカール」のゴージャス感は表現可能か?【80年代B級アニメプラモ博物誌】第5回

関連作品

蒼き流星SPTレイズナー

蒼き流星SPTレイズナー

放送日: 1985年10月3日~1986年6月26日   制作会社: サンライズ
キャスト: 井上和彦、江森浩子、梅津秀行、鹿股裕司、鳥海勝美、平野文、戸田恵子、塩沢兼人、広瀬正志、横尾まり
(C)サンライズ

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。