スナップフィットの低価格キットで、「蒼き流星SPTレイズナー」のライバル機「ザカール」のゴージャス感は表現可能か?【80年代B級アニメプラモ博物誌】第5回

2020年11月22日 12:000
スナップフィットの低価格キットで、「蒼き流星SPTレイズナー」のライバル機「ザカール」のゴージャス感は表現可能か?【80年代B級アニメプラモ博物誌】第5回

早く胴体を組んでしまいたいが、頭がまだ手つかずだった。クリアパーツを使った頭部と、他キットと交換可能なバックパック。この2つが、「レイズナー」のプラキットでは売りとなっているが、その分、パーツを食われるし、工程も増える。

▲ 左右に分割された頭部の内側に、座席パーツを組み込む。同時に赤いクリア成形のキャノピーを挟み込むと、上下に開閉する。「キャノピーを開くと座席がある」、このリッチ感がうれしい

▲ 左右から突き出したツノはワンパーツで成形されていて、キャノピーの下から組みこむ。だけど、これではキャノピーを閉じるたび、座席に座ったル・カインが板に潰されてしまうよね……

▲ ほかのキットとの互換性のあるバックパック。左右に分割された本体に2枚の翼、ノズル部を取りつける。ノズル部は内側にもモールドがあって密度が出る。少しでもよくなるように工夫する姿勢は、見習いたい

あとは胴体を組むだけ……なのだが、ザカールは胸から背中に向けて、斜めにVガンダムみたいな羽が突き出てるんだよね。この羽パーツは胴体後ろ側のパーツにはめ込む。その上から、胴体前側のパーツをはめ合わせる。すると、胸の出っ張りの内側に羽パーツが位置して、深みのある多層構造となる。設定画をよく読み解いてますね。シンブルながら、レベルの高い仕事をしてます、85年のバンダイさん。

▲ 羽パーツの内側、両肩に腕を受けるためのパーツを組み込む。また、股間部に両足との接続パーツも入れておく。胴体を前後で分割するとペタッとなりがちだが、このキットは“前後に長い”シルエットを獲得している

▲ 頭と手足を差し込んだら、バックパックを取り付ける。背中の穴は下側にスリットが伸びており、バックパックを差し込んでから下にスライドすると「カチッ」と固定される。機能的だ

▲ 胸の傾斜が、両肩の羽、バックパックへと繋がって見事なラインを形成する。大河原邦男さんのロボは、こういう統一感がいいよね。キットは横幅の広い箱型ロボから脱却して、スマートな頭身を維持できている

▲ 赤いキャノピーは、前部に向けてすぼまりすぎ? もう少し、ゆったりとボリュームがあったほうがよかったかもしれない。開閉ギミックの精度は良好で、浮いたりズレたりすることはない

▲ そして、左腕の武器“ホーン・オン・アーム”! 軸によって可動するはずだが……内側に数ミリ、外側にも数ミリ動くだけ。でも、見映えではなくて「自分の指で動かせる」ことが大事

▲ ヒジ・ヒザを最大限に曲げると、そこそこのアクションポーズがとれる。銃を両手で構えたりはできない。そこから先は改造するなり各自で工夫してください……という素材感が、この頃のキットには残っている

「レイズナー」後半には、ドリルやムチを武器にした悪役ロボが登場する。「ロボットが兵器として使われている架空戦記」という80年代前半に流行ったロボット物のスタイルが決壊して、巨大ロボに「キャラクターが着るコスチューム」に近いニュアンスが加わった。ザカールが金色なのは、搭乗するル・カインの貴族趣味のあらわれであって、兵器としてのリアリティとは次元が異なる。
……すると、ロボットを戦車や戦闘機のようにとらえて、一種のミリタリー模型として作る方法論が万能とは言えなくなってくる。今回のザカールが金メッキされたキットだったら、また新しい方向性が見えたような気がするが、いかがだろうか?
さて来月は、とんでもなくミリタリー風に振り切った究極の“B級アニメプラモ”を用意しているので、お楽しみに!


(文/廣田恵介)

画像一覧

  • スナップフィットの低価格キットで、「蒼き流星SPTレイズナー」のライバル機「ザカール」のゴージャス感は表現可能か?【80年代B級アニメプラモ博物誌】第5回

  • スナップフィットの低価格キットで、「蒼き流星SPTレイズナー」のライバル機「ザカール」のゴージャス感は表現可能か?【80年代B級アニメプラモ博物誌】第5回

  • スナップフィットの低価格キットで、「蒼き流星SPTレイズナー」のライバル機「ザカール」のゴージャス感は表現可能か?【80年代B級アニメプラモ博物誌】第5回

  • スナップフィットの低価格キットで、「蒼き流星SPTレイズナー」のライバル機「ザカール」のゴージャス感は表現可能か?【80年代B級アニメプラモ博物誌】第5回

  • スナップフィットの低価格キットで、「蒼き流星SPTレイズナー」のライバル機「ザカール」のゴージャス感は表現可能か?【80年代B級アニメプラモ博物誌】第5回

  • スナップフィットの低価格キットで、「蒼き流星SPTレイズナー」のライバル機「ザカール」のゴージャス感は表現可能か?【80年代B級アニメプラモ博物誌】第5回

  • スナップフィットの低価格キットで、「蒼き流星SPTレイズナー」のライバル機「ザカール」のゴージャス感は表現可能か?【80年代B級アニメプラモ博物誌】第5回

  • スナップフィットの低価格キットで、「蒼き流星SPTレイズナー」のライバル機「ザカール」のゴージャス感は表現可能か?【80年代B級アニメプラモ博物誌】第5回

  • スナップフィットの低価格キットで、「蒼き流星SPTレイズナー」のライバル機「ザカール」のゴージャス感は表現可能か?【80年代B級アニメプラモ博物誌】第5回

  • スナップフィットの低価格キットで、「蒼き流星SPTレイズナー」のライバル機「ザカール」のゴージャス感は表現可能か?【80年代B級アニメプラモ博物誌】第5回

  • スナップフィットの低価格キットで、「蒼き流星SPTレイズナー」のライバル機「ザカール」のゴージャス感は表現可能か?【80年代B級アニメプラモ博物誌】第5回

  • スナップフィットの低価格キットで、「蒼き流星SPTレイズナー」のライバル機「ザカール」のゴージャス感は表現可能か?【80年代B級アニメプラモ博物誌】第5回

  • スナップフィットの低価格キットで、「蒼き流星SPTレイズナー」のライバル機「ザカール」のゴージャス感は表現可能か?【80年代B級アニメプラモ博物誌】第5回

  • スナップフィットの低価格キットで、「蒼き流星SPTレイズナー」のライバル機「ザカール」のゴージャス感は表現可能か?【80年代B級アニメプラモ博物誌】第5回

  • スナップフィットの低価格キットで、「蒼き流星SPTレイズナー」のライバル機「ザカール」のゴージャス感は表現可能か?【80年代B級アニメプラモ博物誌】第5回

  • スナップフィットの低価格キットで、「蒼き流星SPTレイズナー」のライバル機「ザカール」のゴージャス感は表現可能か?【80年代B級アニメプラモ博物誌】第5回

関連作品

蒼き流星SPTレイズナー

蒼き流星SPTレイズナー

放送日: 1985年10月3日~1986年6月26日   制作会社: サンライズ
キャスト: 井上和彦、江森浩子、梅津秀行、鹿股裕司、鳥海勝美、平野文、戸田恵子、塩沢兼人、広瀬正志、横尾まり
(C)サンライズ

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。