X48搭載・CrossFire対応のハイエンドキューブ型ベアボーン! サンプル展示開始

アキバ総研 | 2008年06月13日 12:30

「X48」チップセットを搭載したLGA775対応Shuttle製ベアボーンキット「SX48P2 E」のサンプル展示がT-ZONE PC DIY SHOPで開始した。発売予定は7月上旬。




Shuttle「SX48P2 E」は、チップセットにX48+ICH9Rを搭載した、ハイエンドなキューブ型ベアボーンキット。チップセットにX38を搭載した「SX38P2 PRO」の後継モデルになり、基本仕様を受け継ぎながらも、新たにCrossFireXに対応したのが特徴となっている。

また、BIOS上から値を選択して簡単にオーバークロック設定を行える「Dynamic Over-clocking Technology」やUSB接続によるPC同士でのデータ通信を最適化する「USB Speed-Link」といった各種機能を搭載。冷却面では、CPU周りにあるフィンとチップセットに装着されたヒートシンクをヒートパイプでつなげた独自技術「OASIS Cooling Technology」が備えられている。

そのほか、CPUはIntel Core 2 Extreme/Quad/Core 2 Duo(FSB1600/1333/1066MHz)に対応し、メモリはDDR2-800/667(4スロット最大8GB)まで搭載可能。各種オンボードデバイスとして、ギガビットLAN、8chサウンド、SATA×4(RAID対応)、eSATA×2、IDE、IEEE1394、USBなどを備え、Cross Fire用ブリッジコネクタやビデオカード用電源分岐ケーブルなどが付属品として同梱される。電源は450W。

予価は、同店によると「6万円前後」とのこと。

20080613123000.jpg
akiba20080612__8618a.jpg akiba20080612__8619.jpg
akiba20080612__8617.jpg
akiba20080612__8621.jpg akiba20080612__8614.jpg

  • X48搭載・CrossFire対応のハイエンドキューブ型ベアボーン! サンプル展示開始

  • X48搭載・CrossFire対応のハイエンドキューブ型ベアボーン! サンプル展示開始

  • X48搭載・CrossFire対応のハイエンドキューブ型ベアボーン! サンプル展示開始

  • X48搭載・CrossFire対応のハイエンドキューブ型ベアボーン! サンプル展示開始

  • X48搭載・CrossFire対応のハイエンドキューブ型ベアボーン! サンプル展示開始

  • X48搭載・CrossFire対応のハイエンドキューブ型ベアボーン! サンプル展示開始