【アキバこぼれ話】8mmフィルム用USBスキャナ「ScanSuper8」が登場! 実売21.6万円

アキバ総研 | 2015年11月19日 22:56
【アキバこぼれ話】8mmフィルム用USBスキャナ「ScanSuper8」が登場! 実売21.6万円

【アキバこぼれ話】は、取材時にアキバ総研スタッフが見つけた、ちょっと気になるPCパーツやデジタルガジェットなどをご紹介する不定期連載コーナーです。




8mmフィルム用のフィルムスキャナー「ScanSuper8」のサンプルが東映無線に入荷、受注販売を開始しています。

「ScanSuper8」は、付属のスキャニングソフト「CyberView S8」をインストールしたPCとUSB接続することで、8mmフィルムの映像をAVIファイル(解像度:1,920×1080ドット/1,280×720ドット)として保存できるというもの。

主な仕様は、接続インターフェイスがUSB 2.0。読み取り速度は2イメージ/5秒。出力サイズが1,920×1080ドット/1,280×720ドット。スキャンエリアは15.79×4.01mm。そのほか、センサー:CMOS、光源:白色LED、イメージタイプ:24bit、フォーカス:固定。対応OSはWindows 7/8/10(32bit/64bit)、MacOS X 10.5~10.10。付属品として、USBケーブル、電源アダプタ、スキャニングソフトCD 「CyberView X8」 (Win/Mac)、英語ユーザーマニュアル(※日本語版は準備中)が同梱されます

ちょっと(かなり?)高価な気もしますが、押入れやクローゼットに眠っている8mmフィルムをデジタルデータ化して活用したいという方は、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

価格は、216,000円(税込)です。

画像一覧

  • 【アキバこぼれ話】8mmフィルム用USBスキャナ「ScanSuper8」が登場! 実売21.6万円

  • 【アキバこぼれ話】8mmフィルム用USBスキャナ「ScanSuper8」が登場! 実売21.6万円

  • 【アキバこぼれ話】8mmフィルム用USBスキャナ「ScanSuper8」が登場! 実売21.6万円

  • 【アキバこぼれ話】8mmフィルム用USBスキャナ「ScanSuper8」が登場! 実売21.6万円

  • 【アキバこぼれ話】8mmフィルム用USBスキャナ「ScanSuper8」が登場! 実売21.6万円

  • 【アキバこぼれ話】8mmフィルム用USBスキャナ「ScanSuper8」が登場! 実売21.6万円