11ac準拠のUSB3.0対応無線LAN子機が登場! アイ・オー・データ「WN-AC867U」発売

アキバ総研 | 2013年04月20日 21:25
11ac準拠のUSB3.0対応無線LAN子機が登場! アイ・オー・データ「WN-AC867U」発売

11ac ドラフトに準拠した無線LAN子機「WN-AC867U」がアイ・オー・データから発売となった。

「WN-AC867U」は、USB 3.0接続の無線LANアダプタ。2本の内蔵アンテナを備え、最大867Mbpsの5GHz帯(11ac)と300Mbpsの2.4GHz帯(11n)に接続することができるのが特徴だ。特に11acでの通信時において、USB 3.0接続が強く推奨されている(ただし、Windows XP環境ではUSB 2.0接続になる)。

「Draft IEEE802.11ac」に対応した製品は、すでに無線LANルーターが発売済みだが、子機は今回が初めて。

対応無線規格は、IEEE802.11ac Draft、IEEE802.11n/a/g/b。本体サイズは、約32(幅)×14.2(高さ)×101(奥行)mm、重量約30g。対応OSは、Windows 8/7/Vista/XP(VistaとXPは32bitのみ)。

価格は、ソフマップ秋葉原リユース総合館で6,980円。

画像一覧

  • 11ac準拠のUSB3.0対応無線LAN子機が登場! アイ・オー・データ「WN-AC867U」発売

  • 11ac準拠のUSB3.0対応無線LAN子機が登場! アイ・オー・データ「WN-AC867U」発売

  • 11ac準拠のUSB3.0対応無線LAN子機が登場! アイ・オー・データ「WN-AC867U」発売

  • 11ac準拠のUSB3.0対応無線LAN子機が登場! アイ・オー・データ「WN-AC867U」発売