東芝ブランドの3.5インチHDDが初登場! 中身はHGST製?

アキバ総研 | 2012年06月01日 22:00

東芝ブランドの3.5インチHDDが発売された。容量は1TBの「DT01ACA100」と500GBの「DT01ACA050」。



いずれもHGST製と考えられるもので、パッケージのラベル部分にはHGST製HDDと同じ型番「HDS721010DLE630」が確認できる。また、スペックについてもほぼ共通していおり、インターフェイスがSerial ATA 3.0(6Gbps)、回転数が7200rpm、キャッシュが32MB。プラッタ構成はどちらも1枚とされている。

ちなみに、HGSTは現在、Western Digitalの完全子会社。東芝は、そのWestern Digitalから、HGSTの3.5インチHDDの製造設備を一部譲り受けている。

秋葉原での初回店頭価格は、1TBモデルが約8,000円、500GBモデルが約7,000円。詳しくはアキバ総研PCパーツデータベースにて!
→「DT01ACA100」「DT01ACA050

20120601220000.jpg akiba20120601__1212.jpg akiba20120601__1390.jpg

【関連記事】
4TBの3.5インチHDDがついに登場! 日立「0S03361」発売(2011年12月10日)
WesternDigitalの新たな3TB HDD! 「WD30EZRX」発売(2011年04月07日)
Seagate初の3TB HDD! 「ST33000651AS」発売(2011年03月26日)

【価格.com関連リンク】
パソコンパーツ‐3.5インチHDD
□クチコミ掲示板:アキバ-PCパーツ

【関連リンク】
東芝


【取材協力ショップ】:パソコンハウス東映&TWOTOP秋葉原本店&PC DIY SHOP FreeT(フリート)

  • 東芝ブランドの3.5インチHDDが初登場! 中身はHGST製?

  • 東芝ブランドの3.5インチHDDが初登場! 中身はHGST製?

  • 東芝ブランドの3.5インチHDDが初登場! 中身はHGST製?