【インタビュー】SawanoHiroyuki[nZk]の4thアルバム「iv」が完成! 今回も多彩なボーカリストが参加した豪華な内容に

2021年03月02日 18:000
【インタビュー】SawanoHiroyuki[nZk]の4thアルバム「iv」が完成! 今回も多彩なボーカリストが参加した豪華な内容に

作曲家・澤野弘之のボーカルプロジェクト、SawanoHiroyuki[nZk]の4枚目のアルバム「iv」(イヴ)が、2021年3月3日にリリースされた。岡崎体育や優里、ReoNa、そして“楽器を持たないパンクバンド”BiSHのアイナ・ジ・エンドなど、今回も多彩なボーカリストが参加。澤野弘之が作り上げるサウンドと見事なコラボレーションを果たした。
初回盤のBlu-rayには、昨年8月7日に無観客配信で行われたライブ「澤野弘之 LIVE “BEST OF VOCAL WORKS [nZk]” Side SawanoHiroyuki[nZk]」の模様を収録。前作「R∃/MEMBER」とリンクしているジャケットデザインなど、今回もこだわりが詰まった作品となった!

2020年は、自分の新しい可能性に気づけた年でした


── コロナ禍の中、2020年の澤野さんは精力的に活動されていましたね。

澤野 そうですね。ああいう状況だったので、自分から積極的に発信できればいいなと思って、いろいろと動いていました。

── その成果が4thアルバム「iv」に出ていると思いました。ボーナストラックとして、演奏者がそれぞれの自宅で撮った映像と音源を合わせた「宅REC-nZk」やスタジオライブの「[-30k]re:tuneS」から3曲が、初回盤のBlu-rayには8月に開催された無観客ライブの模様が収録されています。2020年は澤野さんにとって、どんな年でしたか?

澤野 去年は僕が劇伴の作家活動を始めて15周年ということで、ベストアルバムの「BEST OF VOCAL WORKS [nZk] 2」を出してライブを企画していたんです。それがコロナ禍という状況にあって動けなくなった部分があり、その代わりにできることを探していきました。そもそも劇伴作家の仕事は自宅にこもって曲を作ることなので、僕自身の業務にはあまり支障がなかったんですけど、いつも助けてくれるミュージシャンたちが現場の仕事がなくなって、彼らと一緒に何かできないかというのがきっかけで、じゃあ宅録の形で過去の曲をリアレンジして演奏してみようと。そうして始まったのが「宅REC-nZk」で、僕自身もすごく楽しいことができたという気持ちになりました。劇伴を作ってレコーディングして終わりではなく、自分たちから作品に対してもっと積極的に関わっていくことができることに気づいたのが2020年でした。


── 制限されることは多かったんですけど、その中でもやれることはいろいろあったと。

澤野 マイナスな環境を、どれだけ自分にプラスに持っていけるかが重要なのかなと。悪いことばかりに目を向けていても意味はなくて、新しい可能性に気づけた年になったと思います。

── Blu-rayに収録されている無観客配信ライブ「澤野弘之 LIVE “BEST OF VOCAL WORKS [nZk]”」は、澤野さんにとって、どんなライブになりましたか?

澤野 15周年を目の前のお客さんと一緒に祝うライブを春にやる予定だったんですけど、夏に開催日をずらして無観客でやることになりました。無観客は残念でしたが、ミュージシャンたちと同じ空間で演奏する楽しさがありました。「宅REC-nZk」も楽しかったんですけど、やっぱり音楽はみんなと一緒にやることが重要だなと。初回盤を手にされた方は、ぜひ映像で楽しんでいただきたいですね。


── では、アルバム本編の話に移っていきますが、オリジナルアルバムとしては、2019年3月リリースの3rdアルバム「R∃/MEMBER」以来、2年ぶりの作品となります。「R∃/MEMBER」以降のシングル曲とアルバムの新曲という内容で、プロローグとエピローグ的なインストゥルメンタル2曲に挟まれて、11曲のボーカル曲が収録されています。アルバムの新曲では、魅力的なアーティストとの初顔合わせがたくさんありました。

澤野 僕が以前から組んでみたかった方や、スタッフから薦められた方がいます。たとえば優里さんは、素晴らしい男性ボーカリストがいるとスタッフから聞き、音源を聴いてお願いしましたし、岡崎体育さんやアイナ・ジ・エンドさんは、僕が以前から歌声に心惹かれていた方です。

── どの方も新鮮で、どんどん新しい可能性に挑戦されているなと思いました。

澤野 岡崎さんはTV出演されている姿を見るとトークが面白いですし、音楽にも面白い要素を入れながら活動されていますけど、僕は彼の楽曲の構築の仕方やボーカリストとしてのアプローチの仕方に惹かれて、ご一緒したらすごくいい化学反応が起こるんじゃないかなと思いました。アイナ・ジ・エンドさんは数年前、ちょうど「R∃/MEMBER」を作っているころに、hideさんのトリビュートアルバム「hide TRIBUTE IMPULSE」が出て、そこに参加されていたんです。今までの日本人の女性アーティストには感じられなかったハスキーな声の具合がよくて、どこかでご一緒できないかなと。

── アイナ・ジ・エンドさんに関しては、2年以上前から興味を惹かれていたんですね。

澤野 そうですね。それで去年、SUGIZOさんが監修された「ガンダム」の40周年アルバム「機動戦士ガンダム 40th Anniversary Album ~BEYOND~」に参加したときに、同じく参加されていたアイナ・ジ・エンドさんと、SUGIZOさんのYouTubeチャンネルでお会いすることができてご縁が重なり、今回のアルバムに至ったという流れです。

画像一覧

  • 【インタビュー】SawanoHiroyuki[nZk]の4thアルバム「iv」が完成! 今回も多彩なボーカリストが参加した豪華な内容に

関連作品

ノー・ガンズ・ライフ(第2期)

ノー・ガンズ・ライフ(第2期)

放送日: 2020年7月9日~2020年9月24日   制作会社: マッドハウス
キャスト: 諏訪部順一、山下大輝、沼倉愛美、日笠陽子、内田夕夜、興津和幸、櫻井孝宏、堀内賢雄、水瀬いのり、三瓶由布子、上田燿司、江原正士、高野麻里佳
(C) カラスマタスク/集英社・NGL PROJECT (C)MADBOX 渡辺祥生 Yoshiki Watanabe

銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱 第一章

銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱 第一章

上映開始日: 2019年9月27日   制作会社: プロダクションI.G
キャスト: 宮野真守、鈴村健一、梅原裕一郎、梶裕貴、諏訪部順一、小野大輔、中村悠一、川島得愛、遠藤綾、三木眞一郎、鈴木達央、石川界人、下山吉光
(C) 田中芳樹/松竹・Production I.G

七つの大罪 憤怒の審判

七つの大罪 憤怒の審判

放送日: 2021年1月13日~   制作会社: スタジオディーン
キャスト: 梶裕貴、雨宮天、久野美咲、悠木碧、鈴木達央、福山潤、髙木裕平、坂本真綾、杉田智和、西凜太朗、水樹奈々、宮野真守、木村良平、櫻井孝宏、小西克幸、内田夕夜、東地宏樹、高垣彩陽、藤真秀、中田譲治、石田彰、堀江瞬、鶴岡聡、小岩井ことり、國立幸
(C) 鈴木央・講談社/「七つの大罪 憤怒の審判」製作委員会・テレビ東京

銀河英雄伝説 Die Neue These(NHK版)

銀河英雄伝説 Die Neue These(NHK版)

放送日: 2020年4月6日~   制作会社: プロダクションI.G
キャスト: 宮野真守、鈴村健一、梅原裕一郎、梶裕貴、諏訪部順一、小野大輔、中村悠一、川島得愛、遠藤綾、三木眞一郎、鈴木達央、石川界人、花澤香菜、古谷徹、二又一成、下山吉光、坂本真綾
(C) 田中芳樹/松竹・Production I.G

進撃の巨人

進撃の巨人

放送日: 2013年4月7日~2013年9月29日   制作会社: WIT STUDIO
キャスト: 梶裕貴、石川由依、井上麻里奈、谷山紀章、嶋村侑、小林ゆう、三上枝織、下野紘、逢坂良太、細谷佳正、橋詰知久、藤田咲、藤原啓治、神谷浩史、小野大輔、朴璐美
(C) 諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

アルドノア・ゼロ

アルドノア・ゼロ

放送日: 2014年7月5日~2014年9月20日   制作会社: TROYCA/A-1 Pictures
キャスト: 花江夏樹、小野賢章、雨宮天、三澤紗千香、小松未可子、村田太志、加隈亜衣、山谷祥生、大原さやか、中井和哉、鳥海浩輔、茅野愛衣、嶋村侑、水瀬いのり、速水奨、大川透、櫻井孝宏、安元洋貴、河西健吾、斉藤壮馬、古川慎
(C) Olympus Knights / Aniplex・Project AZ

プロメア

プロメア

上映開始日: 2019年5月24日   制作会社: トリガー
キャスト: 松山ケンイチ、早乙女太一、堺雅人、佐倉綾音、吉野裕行、稲田徹、新谷真弓、小山力也、小清水亜美、楠大典、檜山修之、小西克幸
(C) TRIGGER・中島かずき/XFLAG

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。