寄生獣 セイの格率

テレビアニメ
開始時期:
2014年秋
放送日:
2014年10月8日~2015年3月25日
制作会社:
マッドハウス
ジャンル:
SF
声優:
平野綾島﨑信長花澤香菜沢城みゆき安野希世乃前田玲奈田中敦子吉野裕行KENN芹澤優、鈴木琢磨、村瀬歩石田彰水島裕二又一成井上和彦、青柳尊哉、浪川大輔
スタッフ:
監督:清水健一、シリーズ構成:米村正二、キャラクターデザイン:平松禎史、総作画監督:小丸敏之、美術監督:赤井文尚、色彩設計:橋本賢、撮影監督:伏原あかね、CG監督:福士直也、編集:木村佳史子、音楽:Ken Arai、音響監督:山田知明

平凡な高校生である泉新一は、ある日突然地球に飛来してきた「パラサイト」の襲撃を受ける。間一髪で脳への寄生は免れるが、パラサイトは新一の右腕に寄生、同化してしまう。右手にちなんで「ミギー」と自ら名乗るパラサイトと人間の奇妙な共生生活が始まること―。周囲に真実を話すことができず悩んでいた新一だが、やがて新一とミギーは友情に近いものを感じるようになっていく。 しかし、新一とミギーの前には他のパラサイトが現れ始め、次々に人を殺し、また人がパラサイトを殺す事態に発展。新一の幼馴染の同級生・里美にも危険が迫る。 その中で、高校教師として目の前に現れたパラサイトの田宮良子らパラサイトたちにもそれぞれの価値観が生まれ始める。 「われわれはなぜ生まれてきたのか?」 地球を壊し続ける人間たちを淘汰するために生まれてきたというパラサイトたち。そのパラサイトを殺し、生き延びようとする人間たち。 「果たして生き残るべきはどちらなのか?」 それでも、地球を、そして愛する人を守らなければいけない。 ゆらぐ価値観の中で、新一とミギーはパラサイトとの戦いに身を投じていく。

満足度4.00
ストーリー
4.36
オリジナリティ
4.42
作画
3.79
演出
3.93
キャラクター
4.00
声優
4.21
音楽
3.57
3.57

ヒトコト (11)

  • あにめい太

    ものすごく深い回。ここまで来て新一が取った選択に感激する。次週はいよいよ最終回! #23

    あにめい太 2015-03-19 23:00:05
  • あにめい太

    アニメの枠を超えて、非常にヒューマンなドラマになってきた気がします。いい脚本です。 #22

    あにめい太 2015-03-13 01:39:56
  • あにめい太

    どさくさに紛れて、新一ったら! ここへ来て、「性」の意味が徐々に。 #21

    あにめい太 2015-03-05 21:47:59
  • あにめい太

    ついに人間側が反抗に! 結構エグい感じになってきましたが、ストーリーは目が離せません! このまま一気に終盤になだれ込む感じでしょうか。期待が高まります。 #20

    あにめい太 2015-02-27 12:08:43
  • あにめい太

    ちょっ! 途中でED流れてきたりして最終回かと思ったじゃん~! でも、それくらい重要な意味をなす回でした。 #18

    あにめい太 2015-02-12 14:40:11
  • ゆぅ

    面白い!平野ミギーは意外にも違和感なく受け入れられました。

    ゆぅ 2014-12-22 18:51:08
  • あにめい太

    めちゃめちゃいい回でした。慎一の表情がまったく変わった。重要な回です。 #6

    あにめい太 2014-11-16 01:15:01
  • あにめい太

    うわっ、大変なことにー!! #5

    あにめい太 2014-11-07 00:19:22
  • あにわん

    星新一の短編に「泉」という話がありまして... まぁストーリー的には全く絡まないのですが。原作はとても良い話だったので本筋だけは外さないようにお願いしたい。

    あにわん 2014-10-14 17:29:20
  • あにめい太

    気持ち悪いけど、グールよりは救いがあるかな。作画はいいと思います。 #1

    あにめい太 2014-10-10 11:02:01
  • 殿様

    見たいような見たくないような...

    殿様 2014-09-30 09:43:51

評価レビュー(7)

  • 兄マックス

    3.0寄生虫を知らないと面白さ半分

    寄生虫とは、腹の中にいる虫である。縄文時代から大正まで共存していた。そういう私も見たことが無く、知識だけである。しかし、若い人は寄生虫を知らないようだ。それでは、このアニメは理解できない。やはり、古い漫画はダメだな。

    兄マックス 2015-07-01 20:31:56 コメント(0) いいね(0)
  • かなえ。

    4.5生まれ変わった名作

    原作が大好きなのでアニメ化は凄く不安でした。しかし『セイの確率』として視聴してみると、新一くんのビジュアルにも違和感なく楽しめました。平野さんの声も、怪しく可愛いミギーにぴったりでした。現代版といえどストーリーも大筋をな...>>続きを見る

    かなえ。 2015-04-11 17:52:02 コメント(0) いいね(0)
  • tan

    4.0内容は深い。

    原作漫画に比べてデザインが現代風に変わっても、内容は次第に人間とそれ以外の生物に対する見方に影響を与えるような感じは同じで、見ていればあまり違和感がなくなります。アニメだと時々若干の中だるみを感じる所もあったけど良い締め...>>続きを見る

    tan 2015-04-01 09:03:35 コメント(0) いいね(0)
  • あにわん

    4.0まさかのアニメ化はとても良かった

    この作品は月刊アフタヌーンでリアルタイムに読んでいた。地球環境や生物ピラミッドなどへの考察が深く入っていて、漫画として絵よりもストーリー、バックグラウンドに力が込められた作品だと感じていた。アニメ化した本作は、その原作の...>>続きを見る

    あにわん 2015-03-28 09:45:10 コメント(0) いいね(0)
  • あにめい太

    4.0意外に、というか、結構な良作です

    大ヒットした原作コミックに対して、アニメ版ではどれくらいあの雰囲気を出せるのか、というところが、どうしても評価のポイントになってしまうのが、この手の作品の辛いところ。でも、本作に関しては、原作コミックをただ真似するのでは...>>続きを見る

    あにめい太 2015-03-26 17:27:00 コメント(0) いいね(0)

作品詳細

原作/原案 原作:岩明均(講談社「アフタヌーン」) 制作国 日本
主題歌 【OP】Fear, and Loathing in Las Vegas「Let Me Hear」
【ED】三浦大知「IT'S THE RIGHT TIME」