寄生獣 セイの格率

»作品トップ

評価レビュー(7)

ストーリー
4.36
作画
3.79
キャラクター
4.00
音楽
3.57
オリジナリティ
4.42
演出
3.93
声優
4.21
3.57
満足度 4.00
表示件数:
  • 1
  • 1/1ページ
並び順 :
投稿順  | 
評価順
評価レビューを投稿/編集
寄生虫とは、腹の中にいる虫である。縄文時代から大正まで共存していた。そういう私も見たことが無く、知識だけである。しかし、若い人は寄生虫を知らないようだ。それでは、このアニメは理解できない。やはり、古い漫画はダメだな。
いいね(0) コメント(0) 2015-07-01 20:31:56
かなえ。

4.5生まれ変わった名作

かなえ。
原作が大好きなのでアニメ化は凄く不安でした。しかし『セイの確率』として視聴してみると、新一くんのビジュアルにも違和感なく楽しめました。平野さんの声も、怪しく可愛いミギーにぴったりでした。現代版といえどストーリーも大筋をなぞっていて原作を大切にしてくれているようでした。アニメはちょっと…と思っている人も試しに見て欲しいです。最後まで見た時にきっと好きになれる作品だと思います。
いいね(0) コメント(0) 2015-04-11 17:52:02
原作漫画に比べてデザインが現代風に変わっても、内容は次第に人間とそれ以外の生物に対する見方に影響を与えるような感じは同じで、見ていればあまり違和感がなくなります。アニメだと時々若干の中だるみを感じる所もあったけど良い締め方でした。
いいね(0) コメント(0) 2015-04-01 09:03:35
この作品は月刊アフタヌーンでリアルタイムに読んでいた。地球環境や生物ピラミッドなどへの考察が深く入っていて、漫画として絵よりもストーリー、バックグラウンドに力が込められた作品だと感じていた。アニメ化した本作は、その原作のエッセンスを丁寧に抽出して2クールにまとめ上げた。原作の月刊のタイムスケールから、週刊のタイムスケールに変わって、物語がとても早回しになった気もするけれど、正直なところストーリーのほとんどを忘れていて、実に楽しく鑑賞することが出来た。
いいね(0) コメント(0) 2015-03-28 09:45:10
大ヒットした原作コミックに対して、アニメ版ではどれくらいあの雰囲気を出せるのか、というところが、どうしても評価のポイントになってしまうのが、この手の作品の辛いところ。でも、本作に関しては、原作コミックをただ真似するのではなくて、新たなアニメシリーズとしてきちんと作っている感じがして、好感が持てる。話が話なので、全体的にはかなり陰惨なシーンが多く、キャラクターデザインも、何となく冴えない感じなのだが、観ているうちに違和感がなくなっていることに気付く。平野綾のミギーもどうかと思ったが、これはこれです... >>続きを見る
いいね(0) コメント(0) 2015-03-26 17:27:00
きゃむ

4.5現代風

きゃむ
原作と違ってスマホ使ったり、現代風になってるが、とくに影響はない。今更アニメ化だけど、懐かしさを感じてそれがいい。
いいね(0) コメント(0) 2014-12-25 20:38:18
時代背景もあって、制服が学ランからブレザーに変わったり、スマホが登場したり、オリジナルキャラがいたりと、原作ファンとしては、そういう変更点を見つけるのが楽しい。新一にメガネをかけさせたのも、正解だったと思う。ミギーの声は、「男のほうが良かった」って声もあるけど、最後まで見れば、あの声で良かったって思うはず。
いいね(0) コメント(0) 2014-12-24 18:52:09
評価レビューを投稿/編集
表示件数:
  • 1
  • 1/1ページ
最近チェックされたアニメ