LGA1156専用のCPUクーラー「Silent 1156」がThermaltakeから! 実売3千円台

アキバ総研 | 2009年09月04日 21:30

Thermaltake製CPUクーラー「Silent 1156」(型番:CLP0552)が発売となった。


Thermaltake「Silent 1156」は、Intelの新ソケット「LGA1156」のみに対応するサイドフロー型CPUクーラー。同社初となる直径8mmの銅製ヒートパイプを2本使って39枚のアルミニウムフィンに熱を伝え、サイドの90mmのPWM対応ファンで冷却する仕組みとなっている。また、Thermaltake製品としては低めの価格設定(実売3千円台前半~半ば)もポイント。

搭載ファンは、トランペット形状というユニークなフレームデザインを採用。同社は「ファンの気流を収束できる」としており、効率的な冷却を図っているのも特徴となっている。ファンの主な仕様は、回転数が800~1,700rpm、最大風量が36.2CFM、ノイズレベル22dBA。

本体サイズは72(幅)×110(奥行き)×140(高さ)mmで、重量は382g。

価格は、ツクモeX.で3,380円。

20090904213000.jpg akiba20090904__941.jpg akiba20090904__947.jpg

  • LGA1156専用のCPUクーラー「Silent 1156」がThermaltakeから! 実売3千円台

  • LGA1156専用のCPUクーラー「Silent 1156」がThermaltakeから! 実売3千円台

  • LGA1156専用のCPUクーラー「Silent 1156」がThermaltakeから! 実売3千円台