マルチウインドウ表示対応のAndroid互換OS搭載タブレット「oBook10 SE」がONDAから!

アキバ総研 | 2016年07月07日 20:44
マルチウインドウ表示対応のAndroid互換OS搭載タブレット「oBook10 SE」がONDAから!

Androidアプリをマルチウインドウインターフェイスで操作できる、Remix OS搭載タブレットONDA「oBook10 SE」が、東映無線ラジオデパート店にて販売中だ。




「oBook10 SE」は、Intel「Atom Z3735F」(動作クロック:1.33GHz(最大1.83GHz)/クアッドコア)や、10.1インチディスプレイ(1,280×800ドット)、DDR3L 2GBメモリなどを搭載したタブレット。

PC風のインターフェイスを備えたAndoird 5.1ベースの「Remix OS 2.0」を搭載しており、Androidアプリのマルチウインドウ表示やファイル管理など、デスクトップPCのような感覚で操作できるのが特徴だ。なお、「Remix OS 2.0」を搭載した製品としては、デスクトップ型の「Remix Mini」が発売されている。

なお、ウインドウ/フルスクリーン表示の切り替えは設定画面のアプリ情報に追加されている「Open in fullscreen mode」の項目でアプリごとに設定可能だが、ウインドウ表示モードに対応しないアプリもあるとのこと。

主な仕様は、搭載OSがAndroid 5.1ベースのRemix OS 2.0。CPUはIntel「Atom Z3735F」(動作クロック:1.33GHz(最大1.83GHz)/クアッドコア)。ディスプレイが10.1インチIPS液晶(1,280×800)。メモリはDDR3L 2GBで、内部ストレージが32GB。そのほか、無線LAN(IEEE802.11b/g/n)、フロントカメラ(200万画素)、Bluetooth 4.0、microSDカードスロッ、microHDMIなどを搭載する。

本体サイズは250(幅)×164(奥行き)×8(高さ)mmで、重量が575g。

価格は、下記のとおり。

ONDA「oBook10 SE」
15,980円(税込):東映無線ラジオデパート店

ONDA「oBook10 SE」用マグネットキーボード
4,980円(税込):東映無線ラジオデパート店

ONDA「oBook10 SE」+マグネットキーボードセット
19,980円(税込):東映無線ラジオデパート店

画像一覧

  • マルチウインドウ表示対応のAndroid互換OS搭載タブレット「oBook10 SE」がONDAから!

  • マルチウインドウ表示対応のAndroid互換OS搭載タブレット「oBook10 SE」がONDAから!

  • マルチウインドウ表示対応のAndroid互換OS搭載タブレット「oBook10 SE」がONDAから!

  • マルチウインドウ表示対応のAndroid互換OS搭載タブレット「oBook10 SE」がONDAから!

  • マルチウインドウ表示対応のAndroid互換OS搭載タブレット「oBook10 SE」がONDAから!

  • マルチウインドウ表示対応のAndroid互換OS搭載タブレット「oBook10 SE」がONDAから!

  • マルチウインドウ表示対応のAndroid互換OS搭載タブレット「oBook10 SE」がONDAから!

  • マルチウインドウ表示対応のAndroid互換OS搭載タブレット「oBook10 SE」がONDAから!

  • マルチウインドウ表示対応のAndroid互換OS搭載タブレット「oBook10 SE」がONDAから!

関連リンク