Skylake搭載の小型ベアボーン「BRIX」の新モデルがGIGABYTEから! 上位モデルにはThunderbolt 3も搭載

アキバ総研 | 2016年05月18日 17:41
Skylake搭載の小型ベアボーン「BRIX」の新モデルがGIGABYTEから! 上位モデルにはThunderbolt 3も搭載

Skylakeを搭載した小型ベアボーン「BRIX」の新モデルが、GIGABYTEから販売中だ。

ラインアップは、Core i7-6500U搭載モデル「GB-BSi7HT-6500」と、Core i5-6200U搭載モデル「GB-BSi5HA-6200」の2モデル。




「GB-BSi7HT-6500」と「GB-BSi5HA-6200」は、CPUにSkylake-UことIntelのモバイル向け第6世代Core iシリーズを採用した小型ベアボーンキット。今年1月に登場したDDR3メモリ対応モデル「BRIX s」シリーズのDDR4メモリ対応版で、新たにUSB 3.1 Type-Cポートや、Thunderbolt 3(上位モデルの「GB-BSi7HT-6500」のみ)が搭載されている。


なお、「GB-BSi7HT-6500」と「GB-BSi5HA-6200」の違いは、搭載CPUとThunderbolt 3の有無(「GB-BSi7HT-6500」のみ搭載)、USB 3.0ポート数(「GB-BSi7HT-6500」が4ポート、「GB-BSi5HA-6200」は2ポート)となっている。

そのほかの主な仕様は、対応メモリがDDR4 SO-DIMM×2(最大32GB)。対応ストレージは7mm/9.5mm厚の2.5インチHDD/SSD(6Gbps SATA接続)×1。そのほか、ギガビットLAN、Wi-Fi(802.11b/g/n/ac)/Bluetooth 4.2、mSATA×1、M.2×1(Type 2280)、USB 3.1、USB 3.0、AUDIO IN/OUT。モニタ出力端子は、Mini DisplayPort、HDMI。付属品として、ACアダプタ、VESAマウントブラケット(75×75mm、100×100mm)などが同梱される。対応OSはWindows 10(64bit)/8.1(64bit)/7(64bit/32bit)。
本体サイズは、112.6(幅)×119.4(奥行き)×46.8(高さ)mm。

価格は、下記のとおり。

GIGABYTE「GB-BSi7HT-6500」
86,184円(税込):ドスパラ パーツ館
86,184円(税込):BUY MORE秋葉原本店
86,184円(税込):パソコンショップ アーク

GIGABYTE「GB-BSi5HA-6200」
64,584円(税込):ドスパラ パーツ館
64,584円(税込):BUY MORE秋葉原本店
64,584円(税込):パソコンショップ アーク

画像一覧

  • Skylake搭載の小型ベアボーン「BRIX」の新モデルがGIGABYTEから! 上位モデルにはThunderbolt 3も搭載

  • Skylake搭載の小型ベアボーン「BRIX」の新モデルがGIGABYTEから! 上位モデルにはThunderbolt 3も搭載

  • Skylake搭載の小型ベアボーン「BRIX」の新モデルがGIGABYTEから! 上位モデルにはThunderbolt 3も搭載

  • Skylake搭載の小型ベアボーン「BRIX」の新モデルがGIGABYTEから! 上位モデルにはThunderbolt 3も搭載

  • Skylake搭載の小型ベアボーン「BRIX」の新モデルがGIGABYTEから! 上位モデルにはThunderbolt 3も搭載

  • Skylake搭載の小型ベアボーン「BRIX」の新モデルがGIGABYTEから! 上位モデルにはThunderbolt 3も搭載