東芝A19nm MLC/独自コントローラー搭載のOCZ新型SSD「Arc 100」が発売に!

アキバ総研 | 2014年08月30日 20:03
東芝A19nm MLC/独自コントローラー搭載のOCZ新型SSD「Arc 100」が発売に!

OCZ Storage SolutionsのSSD「Arc 100」シリーズが登場、120GBモデル「ARC100-25SAT3-120G」と240GBモデル「ARC100-25SAT3-240G」が発売された。



「Arc 100」シリーズは、クライアント向けの7mm厚/2.5インチSATA SSD。NANDフラッシュに東芝製のA19nm MLCを、コントローラーに独自の「Barefoot 3 M10」を採用。従来モデルより耐久性を高めており、1日20GB書き換えても、約3年間使用できるという。

シーケンシャル転送速度は、120GBモデルがリード475MB/sec・ライト395MB/sec、240GBモデルがリード480MB/sec・ライト430MB/sec。4kランダム性能は2モデル共通で、リード75,000IOPS、ライト80,000IOPS。

価格は、下記のとおり。

「ARC100-25SAT3-120G」
8,980円(税込):パソコンショップアーク
「ARC100-25SAT3-240G」
14,500円(税込):パソコンショップアーク


画像一覧

  • 東芝A19nm MLC/独自コントローラー搭載のOCZ新型SSD「Arc 100」が発売に!

  • 東芝A19nm MLC/独自コントローラー搭載のOCZ新型SSD「Arc 100」が発売に!

  • 東芝A19nm MLC/独自コントローラー搭載のOCZ新型SSD「Arc 100」が発売に!