2013年8月26日から9月1日までに秋葉原で発見した主なPCパーツ

アキバ総研 | 2013年09月03日 11:26
2013年8月26日から9月1日までに秋葉原で発見した主なPCパーツ

2013年8月26日から9月1日までに秋葉原で見つけた主なPCパーツをまとめてご紹介!


9月1日に発売となったHaswellのローエンドモデル、Ivy Bridge世代のCore i5とCeleronの新モデルは、以下の記事を参照のこと。
Haswellのローエンドモデルが一斉発売! 11製品が一挙に登場、最安6千円台のPentiumも



ASUS「MAXIMUS VI IMPACT」
29,980円:BUY MORE秋葉原本店、ドスパラパーツ館、パソコンショップアーク、オリオスペック、ツクモeX.パソコン館


ASUSのゲーミングブランドこと“R.O.G.”シリーズから初のMini-ITXマザー「MAXIMUS VI IMPACT」が登場した。Z87搭載LGA1150対応Mini-ITXマザーボードで、小型ながらオーバークロック用に設計した電源回路を搭載する製品。

この電源回路「Impact Power」は、メモリモジュールのような縦配置の基板で実装された独特なもの。ATXマザーボードのVRMに匹敵する8+2フェーズ構成のデジタルVRMとなっており、コンポーネントには一般的なコンデンサと比べて5倍の寿命を持つ高耐久コンデンサや、60Aの大電流に対応するチョークコイルを搭載。さらに、それらを冷却するためのヒートシンクも装備しており、Mini-ITXマザーにしては本格的なOCも行える豪華な構成となっている。

また、サウンドにはS/N比115dBのオーディオカード「SupremeFX IMPACT」を採用。加えて、NGFFスロットとMini PCI Expressスロットをコンボで搭載する拡張カードも付属している(Mini PCI Expressスロットに無線LAN/Bluetoothカードがプリインストール)。

このほか、ネットワークゲームとの相性が比較的よいとされるIntel製ギガビットLANや、ネットワークゲームのトラフィックを優先するASUS独自の通信最適化技術「Game First II」など、ゲーム向けの機能も搭載している。

拡張スロットは、PCI Express 3.0 x16×1、Mini PCI Express 2.0×1。主なインターフェイスは、ギガビットLAN、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.0、8chサウンド、SATA 6Gbps×4、eSATA×1、USB 3.0、USB 2.0など。モニタ出力端子は、DisplayPort、HDMI。メモリはDDR3 DIMM×2(最大搭載容量は16GB)。

画像一覧

  • 2013年8月26日から9月1日までに秋葉原で発見した主なPCパーツ

  • 2013年8月26日から9月1日までに秋葉原で発見した主なPCパーツ

  • 2013年8月26日から9月1日までに秋葉原で発見した主なPCパーツ

  • 2013年8月26日から9月1日までに秋葉原で発見した主なPCパーツ

  • 2013年8月26日から9月1日までに秋葉原で発見した主なPCパーツ

  • 2013年8月26日から9月1日までに秋葉原で発見した主なPCパーツ