Tegra 4搭載Androidタブレットが初登場! 東芝「AT703/58J」が発売に

アキバ総研 | 2013年06月21日 22:00
Tegra 4搭載Androidタブレットが初登場! 東芝「AT703/58J」が発売に

NVIDIAのモバイル向けプロセッサの最新モデルとなる「Tegra 4」を搭載したAndroidタブレット「AT703/58J」が、東芝から発売となった。




「AT703/58J」は、東芝のタブレット端末「REGZA Tablet」シリーズのハイエンドモデルにあたる製品で、前述のとおりCPUにNVIDIA「Tegra 4」を搭載するほか、OSにAndroid 4.2、解像度2,560×1,600ドットの10.1インチ液晶ディスプレイなどを搭載する。また、保護カバー兼タブレットスタンドとして利用できるBluetoothキーボードが付属するほか、ディスプレイには電磁誘導式デジタイザーが搭載されており、付属の専用ペンによる入力にも対応する。

なお、CPUに採用されている「Tegra 4」は、NVIDIAのモバイル向けプロセッサの最新モデル。CPUアーキテクチャが「Tegra 3」のCortex-A9からCortex-A15となったことで、最大動作クロックが1.9GHz、最大解像度の向上(3,200×2,000ドット)、省電力性能の改善などが施されているのが特徴だ。

主な仕様は、搭載OSがAndroid 4.2。搭載CPUは NVIDIA「Tegra 4」(動作クロック:1.8GHz/クアッドコア)。ディスプレイが10.1インチIPS液晶(2,560×1,600ドット)。メモリは2GBで、内部ストレージが32GB。そのほか、無線LANIEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.0、micro SDカードスロット、Micro HDMI、GPS、フロント(120万画素)/リア(800万画素)カメラなどを搭載する。

本体サイズは、約260.7×178.9×10.5mmで、重量が約671g。カバー装着時は264.7×184.3×19.8mmで、重量が約1.2kgとなっている。

価格は、ソフマップ 秋葉原 リユース総合館で89,800円。

また、「Tegra 3」や10.1インチ液晶ディスプレイ(1,280×800ドット)を搭載した、ペン入力/キーボード非搭載のスタンダードモデル「AT503/38J」も同時発売となっている。価格は、ソフマップ 秋葉原 リユース総合館で49,800円。

画像一覧

  • Tegra 4搭載Androidタブレットが初登場! 東芝「AT703/58J」が発売に

  • Tegra 4搭載Androidタブレットが初登場! 東芝「AT703/58J」が発売に

  • Tegra 4搭載Androidタブレットが初登場! 東芝「AT703/58J」が発売に

  • Tegra 4搭載Androidタブレットが初登場! 東芝「AT703/58J」が発売に

  • Tegra 4搭載Androidタブレットが初登場! 東芝「AT703/58J」が発売に

関連リンク