【中間発表】ダントツの「Core i7-4770K」、トップ3は上位モデルに人気が集中? 省電力版「i7-4770S/T」も踏ん張りを見せる

アキバ総研 | 2013年06月11日 18:40
【中間発表】ダントツの「Core i7-4770K」、トップ3は上位モデルに人気が集中? 省電力版「i7-4770S/T」も踏ん張りを見せる

先週、怒涛のごとくリリースされたHaswellことIntelの新型CPU。「Core i7」「Core i5」「Xeon E3」シリーズから約30製品が登場した。


そこでアキバ総研では、ユーザーが「欲しい」「使ってみたい」と思ったモデルをピックアップする人気投票「Haswell買うならどれがいい? あなたが使ってみたいIntelの新CPUはどれだ!」を実施。その途中経過をご紹介しよう。



5位までの途中経過

Intel「Core i7-4770K」 Intel「Core i7-4770K」(暫定1位)

Haswell版Core iシリーズの最上位モデル。オーバークロックが可能な倍率ロックフリータイプである、末尾“K”型番の製品となっている。

スペックは、4コア/8スレッド、標準3.5GHz/ターボブースト時3.9GHz、キャッシュ容量 8MB、内蔵GPUHD Graphics 4600(クロック最大1250MHz)、TDP 84W


Intel「Core i7-4770」 Intel「Core i7-4770」(暫定2位)

Core i7-4770Kの下位モデルとなるCPU。倍率ロックタイプでない点を除けば、基本スペックは同じ。

スペックは、4コア/8スレッド、標準3.4GHz/ターボブースト時3.9GHz、キャッシュ容量 8MB、内蔵GPU「Intel HD Graphics 4600(クロック最大1200MHz)」、TDP 84W


Intel「Core i5-4670K」 Intel「Core i5-4670K」(暫定3位)

Haswell版Core i5シリーズの最上位モデル。

スペックは、4コア/4スレッド、標準3.4GHz/ターボブースト時3.8GHz、キャッシュ容量 6MB、内蔵GPU「Intel HD Graphics 4600(クロック最大1200MHz)」、TDP 84W


Intel「Core i7-4770T」 Intel「Core i7-4770T」(暫定4位)

TDP 45Wの省電力タイプとなるCPU。記事執筆時、秋葉原ではバルク版のみ販売されている。

スペックは、4コア/8スレッド、標準2.5GHz/ターボブースト時3.7GHz、キャッシュ容量 8MB、内蔵GPU「Intel HD Graphics 4600(クロック最大1200MHz)」、TDP 45W


■Intel「Core i7-4770S」 Intel「Core i7-4770S」(暫定5位)

TDP 65Wの省電力版CPU。ターボブースト時のクロックは「i7-4770/4770K」と同じ3.9GHzとなっている。

スペックは、4コア/8スレッド、標準3.1GHz/ターボブースト時3.9GHz、キャッシュ容量 8MB、内蔵GPU「Intel HD Graphics 4600(クロック最大1200MHz)」、TDP 65W

画像一覧

  • 【中間発表】ダントツの「Core i7-4770K」、トップ3は上位モデルに人気が集中? 省電力版「i7-4770S/T」も踏ん張りを見せる

  • 【中間発表】ダントツの「Core i7-4770K」、トップ3は上位モデルに人気が集中? 省電力版「i7-4770S/T」も踏ん張りを見せる

  • 【中間発表】ダントツの「Core i7-4770K」、トップ3は上位モデルに人気が集中? 省電力版「i7-4770S/T」も踏ん張りを見せる

  • 【中間発表】ダントツの「Core i7-4770K」、トップ3は上位モデルに人気が集中? 省電力版「i7-4770S/T」も踏ん張りを見せる

  • 【中間発表】ダントツの「Core i7-4770K」、トップ3は上位モデルに人気が集中? 省電力版「i7-4770S/T」も踏ん張りを見せる

  • 【中間発表】ダントツの「Core i7-4770K」、トップ3は上位モデルに人気が集中? 省電力版「i7-4770S/T」も踏ん張りを見せる