1600Wの80PLUS GOLD電源が発売! LEPA「G1600-MA」

アキバ総研 | 2012年05月31日 11:45

容量1600WのATX電源「G1600-MA」がLEPAから発売された。



「G1600-MA」は、大容量電源では珍しい高効率/低発熱の「80PLUS GOLD」認証を取得したハイエンドモデル。最大出力は1700Wで、1500W以上の出力時は240Vコンセントが必要となっている(国内の一般家庭用100Vコンセントの最大出力が1500Wとなるため)。

6系統の12V出力を搭載し、10基のPCI Express補助電源、14基のSATA電源、10基の4ピンペリフェラル電源を装備。4-Way SLI/CrossfireXや、デュアルCPU環境にも対応している。

さらに十分な冷却性能も備えており、筺体にはアルミ製の大型ヒートシンクを装備するほか、135mmの大型ファンを採用。またファンは電源内部の温度や負荷に連動して回転数が自動制御される仕組みとなっている。

20120531114500.jpg akiba20120530__1167b.jpg


主なコネクタ数だが、ATXメイン 24ピン×1、CPU補助 8ピン×2、CPU補助 4ピン×1、PCI-E 6+2ピン×10、SATA×14、ペリフェラル×10、FDD×2など。ケーブルは取り外し可能なフルモジュラー式となっている。

秋葉原での初回店頭価格は約32,000円。
http://akiba-souken.com/pc-parts/power-supply/7849/

akiba20120530__1168.jpg akiba20120530__1167.jpg

  • 1600Wの80PLUS GOLD電源が発売! LEPA「G1600-MA」

  • 1600Wの80PLUS GOLD電源が発売! LEPA「G1600-MA」

  • 1600Wの80PLUS GOLD電源が発売! LEPA「G1600-MA」

  • 1600Wの80PLUS GOLD電源が発売! LEPA「G1600-MA」