40度環境対応モデル拡充! NEC、省電力サーバーの新製品を発表

アキバ総研 | 2012年05月20日 00:15

NECがIAサーバー「Express5800シリーズ」の新モデルを発表。東京・秋葉原にある同社のショールーム「クラサバ市場 秋葉原店」にて内覧会を実施した。



新たに加わったのは、外気温40度環境での安定稼動を実現した“40度環境対応モデル”(一部モデルを除く)。

現在市場に流通するサーバーの多くは、動作保証環境が外気温35度までとなっているが、低消費電力PCパーツの採用や、エアフローを最適化することで、外気温40度下での安定動作を実現。これにより、オフィスの空調節電時にも安定した稼働が期待できる。

20120520001500.jpg

会場では40度近い外気温でのデモンストレーションを実施。安定稼働をアピールした


さらに、独自の管理ツールによる遠隔操作や、指定した消費電力を上回ったときにCPUやメモリの処理能力を一時的に落として消費電力を制御する機能も搭載しており、維持費のコストダウンが期待できる。

akiba20120516__0210.jpg akiba20120516__0212.jpg

サーバー自動電源のスケジュール設定とパワーキャッピング機能の設定

サーバー管理ツール


ラインアップは、ラックマウント型、タワー型、モジュール型、ブレード型の計9モデル(この内7モデルが40度環境対応品)。SOHO向けモデルからデーターセンター向けモデルまで幅広くカバーする。

とくに、データセンター向けのモジュール型とブレード型の“40度環境対応モデル”は同社初となっており、節電に対する意識が高まるこれからの季節にかけて注目が集まりそうな製品と言えそうだ。

akiba20120516__0207.jpg akiba20120516__0204.jpg

2Uラックマウント型サーバー「Express5800/R120d-2E」
内部に熱だまりができないよう、エアフローの最適化が行われている

akiba20120516__0218.jpg akiba20120516__0226.jpg

ブレード型サーバー。左から「Express5800/B120d-h」、2Wayの「Express5800/B120d」、1Wayの「Express5800/B110d」

モジュラー型サーバー「Express5800/E120d-M」


サーバーのラインアップは以下のとおり。


製品名、価格(税別)、出荷開始日の順

・モジュラー型
「Express5800/E120d-M」、312,000円~、2012年7月26日
・2Uラックマウント型
「Express5800/R120d-2E」、324,000円~、2012年5月25日
・1Uラックマウント型
「Express5800/R120d-1E」、294,000円~、2012年5月25日
・1Uラックマウント型
「Express5800/R110d-1M」、265,000円~、2012年5月25日
・2Wayタワー型
「Express5800/T120d」、289,000円~、2012年5月25日
・1Wayタワー型
「Express5800/T110d」、128,000円~、2012年5月25日
・高性能ブレード型
「Express5800/B120d-h」、451,000円~、2012年6月29日
・2Wayブレード型
「Express5800/B120d」、271,000円~、2012年6月29日
・1Wayブレード型
「Express5800/B110d」。255,000円~、2012年6月29日


  • 40度環境対応モデル拡充! NEC、省電力サーバーの新製品を発表

  • 40度環境対応モデル拡充! NEC、省電力サーバーの新製品を発表

  • 40度環境対応モデル拡充! NEC、省電力サーバーの新製品を発表

  • 40度環境対応モデル拡充! NEC、省電力サーバーの新製品を発表

  • 40度環境対応モデル拡充! NEC、省電力サーバーの新製品を発表

  • 40度環境対応モデル拡充! NEC、省電力サーバーの新製品を発表

  • 40度環境対応モデル拡充! NEC、省電力サーバーの新製品を発表