HDMI入力対応のライブ配信ユニットがエスケイネットから近日発売!

アキバ総研 | 2011年10月25日 14:15

高画質なライブ映像を手軽に配信可能な、エスケイネット製の映像配信ユニット「MonsterX Live」のサンプル品がツクモeX.に登場した。



「MonsterX Live」は、HDMI入力対応の映像配信ユニット。フルHD(1080p)で入力された映像を720pにリアルタイム変換してライブ配信できるというもの。当然のことながら、従来のウェブカメラを使った方法より、高画質な映像配信ができる。

また、動画配信ソフト「USTREAM PRODUCER」や「Adobe Flash Media Live Encoder」に対応。USTREAMやニコニコ生放送で簡単にライブストリーミングできる。

対応入力解像度は1080p/60fps、1080p/24fps、720p/60fps、480p/60fps。配信解像度は720pと480pをサポート。コーデックはMotion JPEG AVI形式。映像入力はHDMI、音声入力はHDMIとステレオミニピンマイク(自動切換え)。本体サイズは155×120×30mm、重量200g。インターフェイスはUSB 2.0。電源はバスパワー。

20111025141500.jpg akiba20111021__2471.jpg akiba20111021__2473.jpg

動作環境はCPUがPentium 4 1GHz以上、メモリが1GB以上。対応OSはWindows 7(32/64ビット)/XP(SP2以降32ビット)。

予価は19,800円で発売日は10月末頃。


  • HDMI入力対応のライブ配信ユニットがエスケイネットから近日発売!

  • HDMI入力対応のライブ配信ユニットがエスケイネットから近日発売!

  • HDMI入力対応のライブ配信ユニットがエスケイネットから近日発売!