「Windows Home Server 2011」が発売! 深夜販売も実施

アキバ総研 | 2011年05月21日 22:00

マイクロソフトの家庭向けサーバーOSとなるWindows Home Serverの最新版「Windows Home Server 2011」が21日、発売された。クレバリー1号店では、21日0時に深夜販売を実施。関係者含めて約100人が集まった。



「Windows Home Server 2011」は、2007年に発売されたWindows Home Serverの後継となるサーバーOS。従来製品との大きな違いは、ベースとなるOSがWindows Server 2003から、Windows Server 2008 R2に進化した点。標準で64bit環境になり、4GB以上のメモリも扱えるようになった。

また、ベースOSの変更だけでなく、ファイル共有機能も強化。ホームグループやシャドウコピーの有効化、最新のファイル共有プロトコル「SMB 2.1」のサポートなど、Windows 7との親和性も高められている。

このほか、ネットワーク対応家電とも連携できるDLNA(2.0互換)やサーバー全体のフルバックアップ機能にも対応する。ただし、従来搭載されていた、複数のHDDを1つのドライブとして見せる「Drive Extender(DE)」は廃止されている。

20110521220000.jpg akiba20110520__320.jpg akiba20110520__493.jpg


小冊子の配布も始まった

なお、クレバリー1号店は深夜販売を実施。来店者は約60人にのぼり、関係者あわせて100人程度が集まった。同店のスタッフは、「ここまで来て頂けるとは思ってもいませんでした。本当にうれしいです」とコメント。10人程度しか集まらなかった前回(日本語版深夜販売時)に比べて、多くのユーザーが来店し賑わいをみせた。

akiba20110521__whs560.jpg akiba20110521__whs553.jpg akiba20110521__whs558.jpg akiba20110521__whs565.jpg
クレバリー1号店

ちなみに、21日の通常営業では、同店のほか、PC DIY SHOP FreeT、ソフマップ 秋葉原リユース総合館、ツクモeX.で品切れになっており、好調な滑り出しとなっている。

価格は、パソコンハウス東映で12,600円(USB2.0カード)、クレバリー1号店とクレバリー インターネット館で12,798円(USB2.0カード)、PC DIY SHOP FreeTで12,800円(USB2.0カード)、ソフマップ 秋葉原リユース総合館で13,000円(USB3.0カード)、TWOTOP秋葉原本店で13,770円(USB 2.0カード)、ツクモeX.で13,800円(USB2.0カード)。※いずれもバンドル品とのセット価格。()内がバンドル品。


【関連記事】
「Windows Home Server 2011」予約受付開始! 発売日にはイベントも(2011年04月26日)
「Windows Home Server PP3」イベントレポート! 「窓辺ななみ」のTwitter対談など(2009年12月24日)
「Windows Home Server PP2」記念イベントレポート! 解説・活用法・痛サーバ化キットなど(2009年04月28日)

【価格.com関連リンク】
パソコンパーツ
□クチコミ掲示板:アキバ-PCパーツ

【関連リンク】
日本マイクロソフト
Windows Home Server


【取材協力ショップ】:ツクモeX.&クレバリー1号店&パソコンハウス東映&TWOTOP秋葉原本店&ドクレバリー インターネット館&ソフマップ 秋葉原リユース総合館&PC DIY SHOP FreeT(フリート)

  • 「Windows Home Server 2011」が発売! 深夜販売も実施

  • 「Windows Home Server 2011」が発売! 深夜販売も実施

  • 「Windows Home Server 2011」が発売! 深夜販売も実施

  • 「Windows Home Server 2011」が発売! 深夜販売も実施

  • 「Windows Home Server 2011」が発売! 深夜販売も実施

  • 「Windows Home Server 2011」が発売! 深夜販売も実施

  • 「Windows Home Server 2011」が発売! 深夜販売も実施