みんなで投票する!アニメ人気投票

Key作品ランキング

Key作品ランキング

投票受付期間:2017年12月27日~2017年12月31日

候補数:8

投票可能回数:7

候補追加・編集:作成者のみ可能

作成者:黎明の風

投票は終了しました 485

Keyが作ったアニメのランキングです。

  • 1

    Charlotte(シャーロット)

    Charlotte(シャーロット)

    <あらすじ>思春期の少年少女のごく一部に発症する特殊能力。 人知れず能力を駆使し、順風満帆な学園生活を送る乙坂有宇(おとさか ゆう)。 そんな彼の前に突如現れる少女、友利奈緒(ともり なお)。 彼女との出会いにより、暴かれる特殊能力者の宿命。

    142
  • 2

    Angel Beats!

    Angel Beats!

    <あらすじ>舞台は死後の世界。運命に立ち向かう少年少女たちの物語。なんらかの理由で最後を遂げた少年・音無は、死後の世界の学校で、ゆりと名乗る少女と出会う。彼女は神に反逆する「死んだ世界戦線」のリーダーで、天使と日夜激戦を繰り広げていた。そして、立ちはだかるは神の使い・天使。それは、可憐なひとりの少女だった。生前の記憶が無く、この死後の世界で何が起きているのかも分からず戸惑う音無。彼は、ゆりたちと共に戦う道を選ぶことにしたのだが…。

    110
  • 3

    CLANNAD

    CLANNAD

    <あらすじ>進学校に通う高校3年生の岡崎朋也は、無気力な毎日を送っている。毎日同じことの繰り返し。周りのみんなのように学校生活を楽しむこともできず、毎日遅刻ばかり。そのためか、校内では浮いた存在になっている。ある日、朋也は学校まで続く坂道の下で、一人の少女と出会う。

    72
  • 4

    リトルバスターズ!

    リトルバスターズ!

    <あらすじ>両親を失い、絶望の淵にいた少年・直枝理樹。そんな彼に救いの手を差し伸べたのは 「正義の味方・リトルバスターズ」を名乗る少年達のリーダー「棗恭介」だった。 彼ら4人と過ごすお祭り騒ぎのような日々。理樹はいつの間にか心の痛みも寂しさも忘れていた。 ――それから数年後。 理樹達の友情は変わらず続いていたが、進学や就職…将来のことを考えなければいけない歳 になっていた。 理樹は再びみんなで“今でしか出来ない何かをしたい”と願い始める。 そんな彼の願いに応えるかのように、ある日突然、恭介は宣言する。 「野球チームを作る。チーム名は…リトルバスターズだ」 かけがえの無い青春の真っ只中、理樹とリトルバスターズの物語が幕を開ける!

    56
  • 5

    AIR

    AIR

    <あらすじ>国崎往人は人形使い。「法術」と呼ばれる不思議な力で人々に芸を見せながら旅を続けてきた。 ある夏の日、いつものように芸を見せる往人。だが子供たちにバカにされ全く稼げない。空腹のあまり堤防で行き倒れていた往人の前に、観鈴という少女が現れる。

    39
  • 6

    Kanon(京都アニメーション版)

    Kanon(京都アニメーション版)

    <あらすじ>高校2年生の相沢祐一は、両親の仕事の事情により、雪の降り積もる北の街で暮らす事になった。7年ぶりに訪れたこの街だが、祐一にはその頃の記憶がほとんど無かった。この街で5人の少女たちとの出会いを通じて、徐々に明らかになってゆく7年前の出来事。祐一はなぜ記憶を無くし、なぜこの少女たちと出会ったのか?

    33
  • 7

    Rewrite(リライト)

    Rewrite(リライト)

    <あらすじ>緑化都市、風祭。文明と緑の共存という理想を掲げたこの都市に住む天王寺瑚太朗は神戸小鳥、吉野晴彦らの友人たちと平凡な日々を送っていた。そんな平和な風祭市に、年一回の騒がしい時期が訪れようとしていた。都市を上げての収穫祭。巨大な文化祭のようなその催しに、瑚太朗は記事のネタ集めをすることに。風祭では未確認生物の情報や、オカルトチックな噂がまことしやかに囁かれていたからだ。同時期、瑚太朗の身に不可解な出来事が降りかかり始める。瑚太朗はオカルト研究会の部長、千里朱音に助けを請い、知り合いの生徒たちをも巻き込んでの調査を開始するのだった。それは瑚太朗にとって、ちょっとした冒険心のつもりだった。騒がしく仲間たちと過ごしていけるなら、それで良かった。瑚太朗はまだ気付かない。それが誰も知らない『真実』の探求へ繋がっていくことを。―――書き換えることが出来るだろうか。彼女の、その運命を。

    23
  • 8

    planetarian~ちいさなほしのゆめ~

    planetarian~ちいさなほしのゆめ~

    <あらすじ>世界大戦後の降りやまない雨の世界。細菌兵器の影響で、人々に見捨てられた最も危険な街【封印都市】。その、デパートのプラネタリウムに、ロボットの少女がいた。彼女の名前は“ほしのゆめみ”。彼女はプラネタリウムの解説員で、1年間にたった7日間しか稼働することができない壊れかけのロボットだった。そこで彼女は、30年間いつか誰かが訪れることを信じて、1人誰もいないこの世界で待ち続けた。そして、30年目の目覚めたその日に、彼女の前に1人の男が現れた。 「おめでとうございますっ! あなたはちょうど、250万人目のお客様です!」 突如現れたロボットに警戒する男・“屑屋”。貴重物資を回収することを生業とする彼は、【封印都市】に潜入中、都市を徘徊する戦闘機械(メンシェン・イェーガー)の襲撃にあい、このプラネタリウムに迷い込んだのだった。 「プラネタリウムはいかがでしょう。 どんな時も決して消えることのない、美しい無窮のきらめき……。 満天の星々がみなさまをお待ちしています」 星すら見えなくなった滅びゆくこの世界で、彼はそこで何を見るのか。1年で7日間しか稼働できないロボットの少女が、目覚めたまさにその日に訪れた偶然。そこで起こった奇跡とは――。

    10

ログイン/会員登録をしてコメントしよう!

関連シリーズ