紅 kure-nai

テレビアニメ
開始時期:
2008年
放送日:
2008年4月3日~2008年6月19日
制作会社:
ブレインズ・ベース
ジャンル:
アクション
声優:
沢城みゆき悠木碧新谷良子、升望、真田アサミ、木村はるか、石毛佐和、大久保藍子、黒田崇矢植田佳奈岡本信彦
スタッフ:
監督:松尾衛、助監督:山崎みつえ、シリーズ構成:松尾衛、キャラクターデザイン・総作画監督:石井久美、美術監督:荒井和浩、3Dワークス:佐々木研太郎、コスチュームデザイン:藤純、色彩設計:古市裕一、撮影監督:大熊義明、編集:田村ゆり、音楽:村松健、音響効果・選曲:山田稔、音響プロデューサー:中野徹、音響制作:HALFH・PSTUDIO

少年は高校生で揉め事処理屋。暗い生い立ち故に、愛想笑いで身を守り、普通に憧れている。が同時に、そんな自身と葛藤している。信じて埋め込んだ強さの象徴…それは本当に力なのか。少女は特異な大財閥の娘。運命を呪うことも、外の世界も知らない少女の瞳は実に真っ直ぐでおそれを知らない。素直さ故に表出する彼女なりの正義…それは運命への反抗なのか。そして少年と少女は出会った。少女は云う「子供だからといってバカにするな!」。少年は想う「バカは俺のほうだ…」。子供と大人、女と男、二人はどうお互いを鏡見るのだろう。

満足度-
ストーリー
-
オリジナリティ
-
作画
-
演出
-
キャラクター
-
声優
-
音楽
-
-

ヒトコト (0)

この作品のヒトコトはまだ投稿されていません。
皆さまの投稿をお待ちしています。

評価レビュー(0)

この作品の評価レビューはまだ投稿されていません。
皆さまの投稿をお待ちしています。

関連ニュース

【懐かしアニメ回顧録第15回】プレスコ方式によって生じる音楽性 パターンにとらわれない「紅」の演技の振れ幅

【懐かしアニメ回顧録第15回】プレスコ方式によって生じる音楽性 パターンにとらわれない「紅」の演技の振れ幅 2016-02-14

さて、中年ライター・廣田恵介は「機動戦士ガンダム サンダーボルト」を、ネットで視聴して楽しんでいる。すでに第2話の配信が始まっているが、監督は松尾衡監督だ。松尾監督の作品は、どれも手堅い。「サンダ... >>続きを見る

作品詳細

原作/原案 原作:片山憲太郎(スーパーダッシュ文庫)イラスト:山本ヤマト 制作国 日本
主題歌 【OP】栗林みな実「Love Jump」
【ED】新谷良子「crossing days」
公式サイト http://www.samidareso.com/