機動戦士Zガンダム II A New Translation -恋人たち-

アニメ映画
開始時期:
2005年秋
上映開始日:
2005年10月29日
制作会社:
サンライズ
ジャンル:
ロボット
声優:
飛田展男池田秀一古谷徹鈴置洋孝ゆかな、池脇千鶴、川村万梨阿、岡本麻弥、勝生真沙子浪川大輔新井里美井上和彦島田敏榊原良子
スタッフ:
総監督:富野由悠季、脚本・絵コンテ:富野由悠季、製作:吉井孝幸、企画:内田健二、キャラクターデザイン:安彦良和、メカニカルデザイン:大河原邦男/藤田一己、作画監督:恩田尚之/重田敦司/中島利洋/仲盛文/中谷誠一、美術監督:甲斐政俊、デジタル色彩設計:すずきたかこ、撮影監督:木部さおり、編集:坂本久美子、スタジオ演出:松尾衡、音楽:三枝成彰、音響監督:藤野貞義

宇宙世紀 0087年、地球連邦軍のエリート組織「ティターンズ」と、反地球連邦組織「エゥーゴ」の内戦は続いていた。エゥーゴに身を投じたカミーユは地球降下作戦後、エゥーゴの支援組織「カラバ」のハヤト・コバヤシらと接触。ティターンズの追撃をかわしつつ、再び宇宙へと還る機会をうかがっていた。そんな折り補給のために立ち寄ったニューホンコンで、カミーユは、神秘的な少女フォウと運命的な出会いをする。だが、フォウはティターンズの強化人間。禁じられた二人の出会いは、カミーユの心を愛と苦悩に引き裂く。哀しみに満ちた戦いの果て、フォウは決死の覚悟で、カミーユを宇宙へと送り出す。宇宙へと戻ったカミーユを待ち受ける激しさを増した戦場と、新型モビルスーツ"Z(ゼータ)ガンダム"だった。非道なコロニー落とし作戦や月面都市への爆弾テロなど、激しさを増すティターンズの戦法。そして大きく変転を始める政治状況。エゥーゴは指導者ブレックス准将を暗殺で失い、一方ティターンズ内部では木星帰りの男シロッコが勢力を拡大しつつあった……。そして、ついに動きを見せ始める第三勢力――それは旧ジオン軍の残党、アクシズだった。カミーユの新たな力、Zガンダムが、混迷の戦場を切り裂いて飛ぶ!

満足度-
ストーリー
-
オリジナリティ
-
作画
-
演出
-
キャラクター
-
声優
-
音楽
-
-

ヒトコト (0)

この作品のヒトコトはまだ投稿されていません。
皆さまの投稿をお待ちしています。

評価レビュー(0)

この作品の評価レビューはまだ投稿されていません。
皆さまの投稿をお待ちしています。

関連ニュース

東京国際映画祭、ガンダム特集の上映作品が明らかに! 全26本で「Ring of Gundam」は初の劇場上映

東京国際映画祭、ガンダム特集の上映作品が明らかに! 全26本で「Ring of Gundam」は初の劇場上映 2015-09-11

東京国際映画祭より、「機動戦士ガンダム」関連の上映作品が発表された。東京国際映画祭、2015年は「機動戦士ガンダム」の特集上映を実施! 貴重な短編を含む数十本をスクリーン上映10月22日~31日に... >>続きを見る

作品詳細

原作/原案 原案:矢立肇、原作:富野由悠季 制作国 日本
主題歌 【ED】Gackt「mind forest」
公式サイト http://www.z-gundam.net/z2/