けんけんRXさんの評価レビュー

»一覧へ

むずい ( ^ー^)ゞ びみょ~( ゚д゚) ぽかーん

観賞手段:劇場
ネタバレ
初動の動員がめちゃめちゃいいのと、ネタばれブログなどがぽつぽつと出始めてきましたので、ダッシュで観てきちゃいました。平日の地方シネコンでガラガラっした。

いわゆる新劇場版シリーズをリビルドといいますが、このQは若干はずれていて大きな島回のような感じで、旧劇のAirの方が最終章へのもってきかたとしては正解な気もします。2極の対立軸「ミサト軍V.Sおとん&冬月」にしたこと、平成仮面ライダーを真似たような「エヴァ同士の対決」。最終章のシンに続く前振りなのでしょうが、お話の流れでそれが正解だったか?(未来作の)シンを観てみないとなんともいえません。ただ、このQに限っていえば、(それらは)どうも失敗のような気もします。

登場キャラの台詞から、彼らはほとんど物語の秘密を理解しているようです。し...しかしですよ。観客(とくにけんけんRXのような)には何がなんだか?
(・_・;?はてな ( ゚д゚)ぽかーんな世界っした。

~ミサト軍とネルフ残骸(ゲンドウ&冬月先生)~
ミサト軍はものすごく装備が豊富で、テクノロジも進化しているカンジです。どこかにパトロンかスポンサーがいるのかもです。対しておとんの方はおもいっきり貧相です。ジオフロント・ネルフ本部をまるで魔法を使っているのか?と思わせるように実質二人で運用しています。先に述べたエヴァ同士のバトルも、閉鎖空間的なセントラルドグマでおこなわれるため、なんとなく窮屈な印象をうけます。

~カオル君~
カオル君の登場シーンがやはり多く、彼の作画が巷で話題になっていたせいか、どうしても眼がいきます。のっぺり白粉顔なので、アップになる時の違和感をたしかにけんけんRXも感じました。他のキャラはあまり気になりませんでした。

難解なお話を追うのをあきらめ、「アクションや戦闘」それでなければ「お気に入りの感傷シーン」を探してみようかと劇中いろいろと考えさせる作品でした。「劇場版 Air/まごころを、君に」はDVD視聴でしたが、こちらの方が説明としては理解しやすく正解だったような気もします。Qは、まずは劇場でダイジェストを観るカンジ。円盤が出たらじっくり観賞。こんなスタイルでいいかもですよ。

けんけんRX
けんけんRX
ストーリー
-
作画
4.5
キャラクター
5.0
音楽
4.5
オリジナリティ
5.0
演出
3.0
声優
5.0
-
満足度 3.5
いいね(0) 2012-12-02 11:34:18

ログイン/会員登録をしてコメントしよう!