BLACK LAGOON Roberta's Blood Trail 001

OVA
開始時期:
2010年夏
発売日:
2010年7月17日
制作会社:
マッドハウス
ジャンル:
アクション
声優:
豊口めぐみ浪川大輔磯部勉平田広明小山茉美、富沢美智恵、伊倉一恵ゆきのさつき森川智之、斎藤志郎、小川真司
スタッフ:
監督:片渕須直、シリーズ構成・脚本:片渕須直、キャラクターデザイン・総作画監督:筱雅律、プロップ&メカデザイン:木村雅広、色彩設定:角本百合子、美術監督:金子英俊、CG監督:井野元英二、撮影監督:藤田賢治、編集:木村佳史子、音響監督:本田保則、音楽:EDISON、音楽プロデューサー:岡田こずえ/尾上政幸、制作プロデューサー:豊田智紀

日本の商社マン岡島緑郎は、出張先の東南アジアで事件に巻き込まれ、そのまま悪党まがいの運び屋「ラグーン商会」の一員となってしまう。名も立場も捨て、“ロック”として悪徳の都「ロアナプラ」で生きる彼は、二挺拳銃(トゥーハンド)の異名を持つ女ガンマン・レヴィ、ボスのダッチ、メカニックのベニーと共に、改造魚雷挺ブラックラグーン号で紺碧の海を駆け抜ける。そんな中、かつてさらわれた主人の息子「ガルシア」を救うべく、圧倒的火力で立ちはだかるものを粉砕し、ロアナプラを震撼せしめたメイド「ロベルタ」が再びこの街に現れたとの噂が流れていた。ロベルタの行方も目的分からず、街がにわかに緊張感を帯びていく中、ロベルタを追ってガルシア少年と彼のもう一人のメイド「ファビオラ」がロックの元をたずねてくる。ファビオラから事情を探ろうと、彼女を取り囲むコロンビア・カルテルたち。しかし、一見おとなしそうで、礼儀正しいファビオラもまた、ロベルタ同様、重武装のメイドだった……ファビオラの銃撃が新たなる戦いの火蓋を切る。

満足度4.50
ストーリー
-
オリジナリティ
-
作画
-
演出
-
キャラクター
-
声優
-
音楽
-
-

ヒトコト (0)

この作品のヒトコトはまだ投稿されていません。
皆さまの投稿をお待ちしています。

評価レビュー(1)

  • きぐん

    4.5面白かった

    TV版と遜色無い作画やキャラクター達で、とてもBLACK LAGOONらしい良い作品でした。繰り返しみても、また楽しめる作品です。また、新たな作品で作られた時も期待したいと思います。

    きぐん 2014-08-03 10:24:59 コメント(0) いいね(0)

作品詳細

原作/原案 原作:広江礼威(小学館「月刊サンデーGX」連載中) 制作国 日本
主題歌 【OP】MELL「Red fraction IO drive mix」
公式サイト http://www.blacklagoon.jp/