【訃報】サラリーマン漫画の元祖「フジ三太郎」のサトウサンペイさん、誤嚥性肺炎のため91歳で死去

2021年08月06日 16:420
【訃報】サラリーマン漫画の元祖「フジ三太郎」のサトウサンペイさん、誤嚥性肺炎のため91歳で死去

漫画家のサトウサンペイさんが、7月31日、誤嚥性肺炎のため91歳で死去した。葬儀は近親者の間で執り行われた。

サトウさんは、1929年9月11日、愛知県名古屋市生まれ。2歳から大阪府大阪市天王寺区で育った。
幼いころより漫画に親しみ、自身も図画コンクールに入賞するなどその才能を発揮していた。

戦後は画家を目指すも、大丸に就職。新聞広告のレイアウトやコピーライティングを手がけたのち、1953年に新大阪新聞掲載の四コマ漫画「大阪の息子」で漫画家デビュー。1957年まで兼業で創作活動を行った後、専業漫画家として独立。

東京に活動場所を移した後、1965年より朝日新聞夕刊(のちに朝刊に移籍)で連載を開始した4コマ漫画「フジ三太郎」が、1991年まで26年にわたる長期連載となる。本作は平凡なサラリーマンの日常を描く漫画として人気を博し、庶民の暮らしがユーモアを交えて描かれた。

そのほか、エッセイも多数執筆するなど、精力的な執筆活動を行った。

ご冥福をお祈り申し上げます。

画像一覧

  • 【訃報】サラリーマン漫画の元祖「フジ三太郎」のサトウサンペイさん、誤嚥性肺炎のため91歳で死去

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。