借りぐらしのアリエッティ

アニメ映画
開始時期:
2010年
上映開始日:
2010年7月17日
制作会社:
スタジオジブリ
ジャンル:
ファンタジー
声優:
志田未来、神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、藤原竜也、三浦友和、樹木希林
スタッフ:
監督:米林宏昌、企画:宮崎駿、脚本:宮崎駿/丹羽圭子、音楽:セシル・コルベル、プロデューサー:鈴木敏夫、制作:星野康二、作画監督:賀川愛/山下明彦、美術監督:武重洋二/吉田昇、色指定:森奈緒美、映像演出:奥井敦、音響演出・整音:笠松広司、アフレコ演出:木村絵理子、製作担当:奥田誠治/福山亮一/藤巻直哉

とある郊外に荒れた庭のある広大な古い屋敷があった。その床下で、もうすぐ14歳になる小人の少女・アリエッティは、父ポッドと母ホミリーと3人でひっそりと静かに暮らしていた。アリエッティの一家は、屋敷の床上に住むふたりの老婦人、女主人の貞子とお手伝いのハルに気づかれないように、少しずつ、石けんやクッキーやお砂糖、電気やガスなど、自分たちの暮らしに必要なモノを、必要な分だけ借りて来て暮らしていた。借りぐらしの小人たち。そんなある夏の日、その屋敷に、病気療養のために12歳の少年・翔がやって来た。人間に見られてはいけない。見られたからには、引っ越さないといけない。それが床下の小人たちの掟だったが、アリエッティは翔に姿を見られてしまう。「おまえは、家族を危険にさらしているんだぞ」アリエッティは、父に反発する。「人間がみんなそんなに危険だとは思わないわ」アリエッティは、生来の好奇心と向こう見ずな性格も手伝って、次第に翔に近づいて行く。アリエッティの家族に大きな事件が迫っていた。ーーー人間と小人、どちらが滅びゆく種族なのか!?

満足度3.41
ストーリー
3.57
オリジナリティ
4.25
作画
4.64
演出
4.58
キャラクター
3.79
声優
3.67
音楽
3.79
3.71

ヒトコト (31)

評価レビュー(11)

関連ニュース

アニメ業界ウォッチング第19回:ガンダムからジブリ作品まで、声優の演技を裏で支える音響監督、木村絵理子インタビュー!

アニメ業界ウォッチング第19回:ガンダムからジブリ作品まで、声優の演技を裏で支える音響監督、木村絵理子インタビュー! 2016-03-26

「崖の上のポニョ」「風立ちぬ」などの宮崎駿監督作品から、「機動戦士ガンダムUC」、現在配信中の「機動戦士ガンダム サンダーボルト」、はたまた「TIGER&BUNNY」や「ピンポン」などの個性的なテ... >>続きを見る

作品詳細

原作/原案 原作:メアリー・ノートン「床下の小人たち」(林容吉訳・岩波少年文庫刊) 制作国 日本
主題歌 【OP】セシル・コルベル「Arrietty's Song」
公式サイト http://www.karigurashi.jp/