開始時期:
2006年
上映開始日:
2006年7月1日
制作会社:
ピクサー・アニメーション・スタジオ
ジャンル:
ファンタジー
声優:
ラリー・ザ・ケーブル・ガイ、ボニー・ハント、トニー・シャルーブ、パンツェッタ・ジローラモ、ボブ・コスタス、ダレル・ウォルトリップ、オーウェン・ウィルソン、チーチ・マリン、グイド・カローニ、デニーロ・デ・ジローラモ、ポール・ニューマン、山口智充、戸田恵子、赤坂泰彦、福澤朗、土田大、樋浦勉、浦山迅
スタッフ:
監督:ジョン・ラセター、共同監督:ジョー・ランフト、脚本:ジョン・ラセター、製作:ダーラ・K・アンダーソン、製作補:トム・ポーター、アニメーション監督:ジム・マーフィー/ボビー・ポデスタ、音楽:ランディ・ニューマン

レーシング・スポーツの最高峰、ピストン・カップに出場する若きレーサー、ライトニング・マックィーン。ルーキーながら、その天才的素質によって、彼は既に多くのファンを獲得していた。狙うはピストン・カップ史上初となる新人チャンピオン。しかし、決勝レースが開催されるカリフォルニアに向かう途中、思わぬトラブルに巻き込まれ、ルート66沿いにある"地図から消えた古い町、ラジエーター・スプリングス"に迷い込んでしまう。早くレース場に到着しなければならないマックィーンだが、自らが滅茶苦茶にした道路の補修工事を命ぜられ、しばらくその町に留まることになってしまうのだった。しかし、ラジエーター・スプリングスで過ごすうちに、マックィーンは徐々に住民たちに親しみを感じ始めていた。それは、自分だけが勝つことしか考えなかった独りぼっちの彼が知らなかった、《家族のような温かい関係》だった。だが、遂にレースの日がやって来た。彼は決勝レースに間に合うのか!?仲間たちとの運命は!?

満足度3.75
ストーリー
-
オリジナリティ
-
作画
-
演出
-
キャラクター
-
声優
-
音楽
-
-

ヒトコト (0)

この作品のヒトコトはまだ投稿されていません。
皆さまの投稿をお待ちしています。

評価レビュー(2)

  • りーる

    3.5人間が全てクルマ

    人間が一切登場せず、人の生活の全てがクルマに置き換わられています。窓ガラスが目に、そしてタイヤが手足になっており、表情豊かに可愛らしく動いています。トップレーサーが片田舎で、ダメなクルマ(と思っている)と一悶着を起こす。...>>続きを見る

    りーる 2014-08-09 07:53:45 コメント(0) いいね(0)
  • nemuiyone

    4.0表情豊か

    動物ではなく、車が主人公で表情豊かなので一味違った作品として楽しめました。アメリカらしいスケールの大きな景色も美しく描かれています。仲間との絆や、他のライバルとの戦いがポイントだと思います。あまりいろいろ考えずに鑑賞でき...>>続きを見る

    nemuiyone 2014-08-05 15:44:01 コメント(0) いいね(0)

作品詳細

原作/原案 - 制作国 アメリカ