オーバン・スターレーサーズ

テレビアニメ
  • タグ編集
開始時期:
2006年秋
放送日:
2006年9月23日~2007年9月28日
制作会社:
サブ!ザ・ワールド プロダクション
ジャンル:
SF
声優:
野田順子石塚運昇、里見圭一郎、三浦祥朗、諏訪部順一、織田圭祐、藤井啓輔
スタッフ:
監督:トマ・ロマン/サバン・イェットマン-エッフェル、クリエイター/ライター/プロデューサー:サヴァン・イェットマン・エッフェル、アート・ディレクター/キャラクター・チーフデザイナー:トマ・ロマン、メカ・背景チーフデザイナー:スタニスラス・ブリュネ、ディレクター:トマ・ロマン&サヴァン・イェットマン・エッフェル、キャラクターデザイナー:佐々加奈子、絵コンテ:佐山聖子/増井壮一/大橋誉志光、メカニック&プロップデザイン:杉本功、美術スーパーバイザー:窪田忠男、色彩設計:谷本千恵、サウンドデザイン:ジェローム・ウィシアク、音楽:岩崎琢、2D作画スタジオ:ハルフィルムメーカー、3D作画スタジオ:Pumpkin-3d

2082年、地球。クロッグ星の侵攻を防いでから25年が経ち、平和な時間が流れているように見えた。有名なレースマネージャーを父に持つエバは、15歳の誕生日を迎え、ある決意をする。それは、寄宿学校に預けられてから10年間、一度も顔を合わせることのなかった父に会いに行くことだった。自分を娘だと気づかない父ドン・ウェイに「モリー」と名を偽り、エバはメカニックとして彼の下に潜り込むことに成功。しかしその直後、ドン・ウェイは大統領の命令で、地球最強のチームを率いて、あるレースに挑むことになってしまった。そのレースの名は、「オーバン・スターレース」。1万年に1度だけ開催される、銀河を巻き込んだこの謎のレースでは、結果次第では銀河系の権力構造が大きく変わってしまうとさえ言われていた。負けることは許されない闘いに挑む地球チーム。そしてさまざまな偶然を経て、そのパイロットとしてレースに出場することになったエバ。地球の未来がかかったレースが今、始まろうとしていた・・・。

オーバン・スターレーサーズ
満足度-
ストーリー
-
オリジナリティ
-
作画
-
演出
-
キャラクター
-
声優
-
音楽
-
-

ヒトコト (0)

この作品のヒトコトはまだ投稿されていません。
皆さまの投稿をお待ちしています。

評価レビュー(0)

この作品の評価レビューはまだ投稿されていません。
皆さまの投稿をお待ちしています。

作品詳細

原作/原案 原作/脚本/プロデューサー:サバン・イェットマン-エッフェル 制作国 日本/フランス
主題歌 【OP】Akino「A Chance to Shine」
公式サイト http://www.obanstarracers.com/