EX MACHINA

アニメ映画
開始時期:
2007年
上映開始日:
2007年10月20日
制作会社:
デジタル・フロンティア
ジャンル:
SF
声優:
小林愛、山寺宏一、岸祐二、沢城みゆき、五十嵐麗、高島雅羅辻親八加瀬康之、コング桑田、土師孝也、深見梨加、黒田崇矢、幸田直子
スタッフ:
監督:荒牧伸志、音響監督:鶴岡陽太、オリジナル・スコア:高橋哲也、音楽監修:細野晴臣、音楽:HASYMO/細野晴臣/テイ・トウワ/コーネリアス/reiharakami/m-flo/WAGDUGFUTURISTICUNITY/AOKItakamasa/TECHNOBOYSPULCRAFTGREEN-FUND/LINAOHTA、プロデューサー:ジョン・ウー、テレンス・チャン、キャラクターデザイン:山田正樹、メカニックデザイン:高倉武史、デュナン私服・ドレスデザイン:ミウッチャ・プラダ

西暦2138年。非核大戦によって、人類の半数は死滅したが、中立都市《オリュンポス》によって世界は、人間とサイボーグ、そして、人間の遺伝子でつくられたバイオロイド<クローン>が共存していた。その《オリュンポス》の特殊部隊ES.W.A.T.に所属するデュナンとブリアレオスは、天才的な戦士で、ブリアレオスの肉体がマシンの体になっても、二人は固い絆で結ばれていた。ある日、作戦行動中にブリアレオスが、デュナンを庇い瀕死の重傷を負う。一命を取り留めたものの、依然昏睡状態が続くなか、デュナンのもとに新たなパートナーが配属される。その男--テレウスは、ブリアレオスの遺伝子を基に創られたバイオロイドであり、生身の姿だった頃のブリアレオスと同じ顔と肉体、そして同じ優しさを持っていた。時を同じくして、世界ではサイボーグが意思なく暴走するテロ事件が多発。危機を感じながらも、各国首脳陣と思惑を集めた世界レベルの安全保障会議はそのまま実施される。すると突如、人間までもが暴徒と化して会議場を襲いだした。

満足度-
ストーリー
-
オリジナリティ
-
作画
-
演出
-
キャラクター
-
声優
-
音楽
-
-

ヒトコト (0)

この作品のヒトコトはまだ投稿されていません。
皆さまの投稿をお待ちしています。

評価レビュー(0)

この作品の評価レビューはまだ投稿されていません。
皆さまの投稿をお待ちしています。

関連ニュース

2015~2016の秋冬アニメで縦横無尽! テクノボーイズの今期のお仕事、総ざらい!!!!!!

2015~2016の秋冬アニメで縦横無尽! テクノボーイズの今期のお仕事、総ざらい!!!!!! 2015-12-28

イヤミと6つ子が歌うTVアニメ「おそ松さん」ED「SIX SAME FACES ~今夜は最高!!!!!!~」が大ヒットし、作詞・作曲のテクノボーイズへの世間の注目度もうなぎ登り。でも、彼らの今期ア... >>続きを見る

作品詳細

原作/原案 原作:士郎正宗「アップルシード」(青心社刊) 制作国 日本
主題歌 【OP】HASYMO「RESCUE」