憂国のモリアーティ

テレビアニメ

「憂国のモリアーティ」は、竹内良輔さん(構成)と三好輝さん(漫画)が「ジャンプSQ.」(集英社)にて連載している同名漫画を原作としたTVアニメ。 舞台は19世紀末のイギリス。主人公は、かのシャーロック・ホームズすら翻弄した“犯罪卿”モリアーティだ。古くから根付く階級制度を打ち砕き、理想の国をつくり上げる姿が描かれている。監督を野村和也さん(「ジョーカー・ゲーム」監督)が、キャラクターデザインを大久保徹さん(「戦国BASARAシリーズ」キャラクターデザイン)が務め、アニメーション制作を「PSYCHO-PASS サイコパス」「ハイキュー!!」などを手がけたProduction I.Gが担当する。

開始時期:
2020年秋
放送日:
2020年10月11日~
制作会社:
プロダクションI.G
ジャンル:
ドラマ
声優:
斉藤壮馬佐藤拓也小林千晃日野聡上村祐翔古川慎小野友樹
スタッフ:
監督:野村和也、シリーズ構成:雑破業/岸本卓、キャラクターデザイン・総作画監督:大久保徹、色彩設計:野田採芳子、美術監督:谷岡善王、撮影監督:田中宏侍/髙橋文花、3D監督:熊倉ちあき、編集:植松淳一、音響監督:はたしょう二、音楽:橘麻美

19世紀末。産業革命が進む中、着実に勢力を拡大し栄華を極めたイギリス。 しかし技術の進歩と発展とは裏腹に、古くから根付く階級制度によって、 人口の3%にも満たない貴族たちが国を支配していた。 当たり前のように特権を享受する貴族。明日の暮らしもままならないアンダークラス。 人々は生まれながらに決められた階級に縛られて生きている。 ウィリアム・ジェームズ・モリアーティは、そんな腐敗した階級制度を打ち砕き、 理想の国を作り上げるために動き出す。 シャーロック・ホームズすら翻弄した“犯罪卿”モリアーティ。 犯罪による革命が、世界を変える――

満足度-
ストーリー
-
オリジナリティ
-
作画
-
演出
-
キャラクター
-
声優
-
音楽
-
-
  • タグ編集

ヒトコト (2)

  • ピョン吉@福島県

    犯罪の天才のモリアーティにしては、毎回運で勝っているような気がする。30分で話を終えないといけないため仕方ないのかな。でも楽しく観ております。

    ピョン吉@福島県 2020-11-11 18:17:14
  • ---

    男しか出てこないじゃないか...

    --- 2020-11-04 19:01:24

評価レビュー(0)

この作品の評価レビューはまだ投稿されていません。
皆さまの投稿をお待ちしています。

作品詳細

原作/原案 原作・構成:竹内良輔、漫画:三好輝(集英社「ジャンプSQ.」連載) 制作国 日本
主題歌 【OP】畠中祐「DYING WISH」
【ED】STEREO DIVE FOUNDATION「ALPHA」
公式サイト https://moriarty-anime.com/