マルドゥック・スクランブル 圧縮

アニメ映画
開始時期:
2010年秋
上映開始日:
2010年11月6日
制作会社:
GoHands
ジャンル:
SF
声優:
林原めぐみ、八嶋智人、東地宏樹中井和哉磯部勉田中正彦若本規夫かないみか三宅健太、脇知弘
スタッフ:
監督:工藤進、コンセプトデザイン:菊田幸一、キャラクターデザイン・総作画監督:鈴木信吾、中井準、メカ・銃器デザイン:大久保宏、CGIディレクター:児玉徹郎、色彩設計:海鉾重信、美術設定:塩澤良憲、美術監督:野村正信、撮影監督:福士享、音響監督:三間雅文、音響制作:テクノサウンド、音楽:Conisch、音楽制作:スターチャイルドレコード

主人公・ルーン=バロットは、マルドゥック市で生きる未成年娼婦(ティーン・ハロット)。バロットは、“今”を自分の心の殻に閉じこもることでやりすごす術を身につけ、いつしかその卵の殻に閉じこもる日常を送るようになっていた。ある日、行き場を失くしていた彼女は、一人の野心家でありカジノ経営者であるシェルに拾われる。シェルはバロットに全てを与えた。偽りの生、偽りの過去、そして偽りの今、まさに人一人の人格をも書き換える全てを。バロットは、今を与えてくれたシェルに感謝したかった。何故シェルが「私」に全てを与えたのかを知りたかった。確かめたかった。そのために、バロットは与えられた経歴をコンピュータで照会した。その1回の過ちが、大きく人生を変えることとなる。シェルはバロットの行為を知った後、彼女の乗った車を爆破したのだ。死の淵を漂う間、バロットは意識の奥深くで問われていた。「生きたいのか。死にたいのか。」シェルの裏の顔を追っていたマルドゥック市(シティ)の事件担当官であるドクターとウフコックによって、バロットは全身の皮膚を強化繊維で再構成させることによって一命を留めていた。意識を取り戻したバロットに改めて二人は選択を迫る。マルドゥック市が定める、人命保護を目的とした緊急法令、マルドゥック・スクランブル‐09(オー・ナイン)により、法的に使用が禁止されている科学技術の使用を特別に許可された特別な力を、生きるために受け入れるか否か。「何故、殺されたのか」「何故、私なのか」相次ぐ疑問の渦の中、バロットの選ぶ道は――。

満足度-
ストーリー
-
オリジナリティ
-
作画
-
演出
-
キャラクター
-
声優
-
音楽
-
-

ヒトコト (0)

この作品のヒトコトはまだ投稿されていません。
皆さまの投稿をお待ちしています。

評価レビュー(0)

この作品の評価レビューはまだ投稿されていません。
皆さまの投稿をお待ちしています。

関連ニュース

林原めぐみ、冲方丁の印象は「信用できない人(笑)」!  イベント「冲方サミット大忘年会SP」でのガチ対談にて

林原めぐみ、冲方丁の印象は「信用できない人(笑)」! イベント「冲方サミット大忘年会SP」でのガチ対談にて 2013-12-09

「冲方サミット大忘年会SP presented by WOWOW」が12月7日にBENOA銀座で開催された。林原めぐみ、「マルドゥック・スクランブル」について原作者・冲方丁とガチトーク! 12月7... >>続きを見る

作品詳細

原作/原案 原作・脚本:冲方丁(早川書房 ハヤカワ文庫JA) 制作国 日本
主題歌 【OP】本田美奈子.「アメイジング・グレイス for Balot」
公式サイト http://m-scramble.jp/