映画 ドラえもん のび太のワンニャン時空伝

アニメ映画
開始時期:
2004年
上映開始日:
2004年
制作会社:
シンエイ動画
ジャンル:
ファミリー
声優:
大山のぶ代、小原乃梨子、野村道子、たてかべ和也肝付兼太、千々松幸子、青木和代、林原めぐみ関智一江川央生飯塚昭三、山口奈々、かないみか古川登志夫、青森伸、大滝進矢、緒方賢一島田敏、菅原淳一、大平透、阪脩、島谷ひとみ、渡辺宣嗣、泉谷しげる
スタッフ:
監督:芝山努、総作画監督:渡辺歩、原作作画:藤子プロ、脚本:岸間信明、美術設定:沼井信朗、美術監督:清水としゆき、撮影監督:熊谷正弘、編集:岡安肇、音楽:堀井勝美、録音監督:浦上靖夫、プロデューサー:小倉久美/大澤正享/濱田千佳/太田賢司、チーフプロデューサー:山田俊秀/木村純一

のび太は、川でおぼれかけていた子犬を偶然助け、イチという名前をつけてママに内緒でこっそり部屋の中で飼うことにした。そんなある日、裏山に遊びに行くと、裏山は人間に捨てられた犬や猫たちでいっぱいになっていた。「人間って自分勝手すぎるよ!」イチの今後のことや捨てられた犬や猫たちのために、のび太は名案を思いつく。「人間のまだ存在しない大昔に連れていってあげればいいんだよ!」のび太たちは、さっそくスモールライトでイチを含む犬猫たちを小さくしてタイムマシンにのせ、3億年前の人間が誕生する以前の世界へ向かった。人間の住んでいない世界にたどりついたのび太は、イチに“進化退化放射線源(しんかたいかほうしゃせんげん)”を当てて人間の言葉を理解できるようした。そしてこの地で犬猫たちが自分たちの力で暮らしていける方法を教えこんだ。日が暮れて帰ろうとするのび太を前に、イチは涙をにじませるのだった。「イチ、約束するよ。明日、必ずくるからね」そう言って、のび太たちはタイムマシンに乗りこんだ。翌日、タイムマシンで、再びイチのいる世界へ向かうドラえもんたち。しかし突然時空のねじれに巻き込まれてしまい…。

満足度-
ストーリー
-
オリジナリティ
-
作画
-
演出
-
キャラクター
-
声優
-
音楽
-
-

ヒトコト (0)

この作品のヒトコトはまだ投稿されていません。
皆さまの投稿をお待ちしています。

評価レビュー(0)

この作品の評価レビューはまだ投稿されていません。
皆さまの投稿をお待ちしています。

作品詳細

原作/原案 原作:藤子・F・不二雄 制作国 日本
主題歌 【OP】山野さと子「ドラえもんのうた」
【ED】島谷ひとみ「YUME日和」、
公式サイト http://www.dora-movie.com/film_history/history_25.html