ドラえもん のび太の創世日記

アニメ映画
開始時期:
1995年春
上映開始日:
1995年3月4日
制作会社:
シンエイ動画
ジャンル:
キッズ
声優:
大山のぶ代、小原乃梨子、野村道子、肝付兼太たてかべ和也、千々松幸子、中庸助、白川澄子、松原雅子、林原めぐみ、辻村真人、井上和彦こおろぎさとみ速水奨玉川砂記子、村松康雄、大塚明夫、巴菁子、加藤治、稲葉実、山田ふしぎ
スタッフ:
監督:芝山努、脚本・製作総指揮:藤子・F・不二雄、監修:楠部大吉郎、作画監督:富永貞義、美術設定:沼井信朗、美術監督:森元茂、撮影監督:高橋秀子、特殊撮影:渡辺由利夫、録音監督:浦上靖夫、効果:柏原満、音楽:菊池俊輔、プロデューサー:別紙壮一/山田俊秀/小泉美明/木村純一

夏休みの自由研究のためにのび太は、ドラえもんの「創世セット」でもうひとつの宇宙を作ることに。地球そっくりの星に生命が誕生する様子を観察するのだ。スネ夫、ジャイアン、しずかも参加して共同研究が始まった。やがてのび太の作った新しい地球に人類が誕生する。そこには、のび太そっくりの人間がいたので、のび太はその子孫のことが気になってしょうがない。神様になったのび太は、原始時代、神話の時代、おとぎ話の時代と、いろいろな子孫の世話をやいていく。そして、不思議なことにどの時代にも、地底世界の伝説が残っているのだった。現代

満足度-
ストーリー
-
オリジナリティ
-
作画
-
演出
-
キャラクター
-
声優
-
音楽
-
-

ヒトコト (0)

この作品のヒトコトはまだ投稿されていません。
皆さまの投稿をお待ちしています。

評価レビュー(0)

この作品の評価レビューはまだ投稿されていません。
皆さまの投稿をお待ちしています。

作品詳細

原作/原案 原作:藤子・F・不二雄 制作国 日本
主題歌 【OP】山野さと子「ドラえもんのうた」
【ED】海援隊「さよならにさよなら」
公式サイト http://www.dora-movie.com/film_history/history_16.html