けんけんRXさんの評価レビュー

»一覧へ

モリサマ応援演説

観賞手段:テレビ
ネタバレ
第1シーズンは六花、勇太に集中できた。全体的にみて戀では、各キャラの掘り下げ、説明に複数回の傍流エピソードが用意されたようにみえる。水着回やお風呂回などサービスはやや過剰な印象を持った。OPについてV.S七宮アクションでの六花の180度開脚と構図はすばらしかった。京アニの"禁則事項"かプロセス上の制限か、妄想バトルは、ほとんど1対1。グループでも(RPGでいうところの)ターン制が採用されている。楽曲のフェードアウトに併せた演出なのかもしれないが、OPの終わり(部室のこたつでだらだらくつろぐ)のカットには違和感があった。ギャグパートの演出では4コマのリズムが多用されているせいでマンネリ感が漂った。伝統的な6頭身キャラの腰周りが若干デブに描かれていてグラマラス。第1シーズンと変わらずサービスカットや露出でそれが強調されている。

妄想バトルと現実との接点:
海水浴でバトルお終わりで砂浜のモブがぱちぱちと拍手する。おそらく反応からヒーローショーでも観ているようなシチュエーションを想像した。以前から興味深いのは現実世界側ではどう見えているのか?OVAかDVDのコメンタリーやメイキングで場面の接点・表裏を説明してくれると面白い。今は十花のお玉ぐらいの説明しかない。

勇太
モノローグや六花との掛け合いの芝居もイマイチだった。二人の間が固定化されている印象を受けた。水族館や修学旅行でのデートも、勇太の世話焼きは六花の"介護"※1のように見える。時々、おつきあいでダークフレームマスターを演じるというのであれば、むしろ、突き放すというのもドラマ的には面白い。丹生谷に六花の件で頼り切っているのは"誠的"※2で感心しない。

六花
第1シーズンに比べて怠けた(自分で努力しない)姿勢に少しイライラした。家事当番もおろそかにし、ほとんど勇太はじめ樟葉(小姑)の世話や介護に頼りきっていた。日常について省力化しているくせに、妄想バトルではパワーが切れていた。『暗炎竜の召還?が上級契約に必要』といいながら、そのモチベーションと契機がはっきりしなかった。この件では半分七宮の世話になっていた。せっかくの『暗炎竜』は高いハードルだったくせにデザインがチープだった。お約束の勇太との掛け合いもキラッとしたところ(動き・小芝居)がなかった。いつも忘れられる誠を含め"独りゴロゴロ"をするのは勇太と森夏の(おそらく)三人だと記憶している。『恥ずかしい!』で物持ちな六花が簀巻き用の筵(むしろ)をタイミング良く敷くというギャグが追加されても良かったかもしれない。六花の芝居にはあまり感動はなかった。

七宮
最初からおじゃま虫(ライバル)であることが明確で良かった。七宮側の背景(例えば家族)の説明が無かったので、より孤独に感じた。『ニャーハッハッ』の演技は空威張りやセンチな気持ちも表現しなければならないのにどれも同様に感じた。ただ総じて、あまりひねるキャラでもないのでストレートで良かった。

森夏
丹生谷とモリサマーの間をくどいほど何回も揺れ動いた。『生徒会長選挙支持率32%』は微妙で良かった。何回もイメチェンする。丹生谷の説明に『新学期の最初はいつもはりきる。』という登校時のモブの台詞があったが、そもそも中二病から抜けたいのか抜けたくないのか?いまいち判らない。何故、丹生谷は勇太にいかないのか?個人的にはいって欲しかった。そもそもどういった経緯でパーティに加わったのか忘れてしまった。後で第1シーズンを見直したら駅で出会っていた。一歩間違えて"School Days"の世界"にならないかとても心配だった。(゚-゚;)ヾ(-_-;) 京アニの品格がそこまで許さなかったのか?七宮がいい感じでその辺の止栓になっていたようにも感じる。または、過剰とも思える対凸守エピソードで忙しかったのか?中二病を克服したいのに努力が報われない。無償で、お節介焼きでパーティ(慈母属性)を裏切れない。戀には『断ち切れずに心が引かれる。』という意味がある。ただ、現状の維持/打破に限らず、丹生谷はすごく活躍していたので、何らかの報酬(ご褒美)が在ってもよさそうだ。彼女が勇太を対象としていないというのは、本人にも無理があったような気がする。凸守との関係がその代替のようで不憫。勇太は『俺が頼んだことはない。』といいながら六花との発展には森夏に頼りきっている。

凸守
第1シーズンでの"泣きの芝居"が良かったせいか、今回は見劣りした。見せ場は生徒会長応援演説だが、ギャグパート以外の印象は薄い。

くみん
部の存続を賭けたお昼寝対決の回で活躍したが、三年生なのにいつまで遊んでられるのか疑問。勇太にそこまでいけば立派な中二病だと言われていたが、後発性の中二病罹患を希望している節がある。(おそらくするであろう)大学受験は浪人するかもしれない。Take On Meですでに結果が出ているかも?

関連アニメ
※1 さくら荘のペットな彼女
https://akiba-souken.com/anime/7091/

※2 School Days
https://akiba-souken.com/anime/898/
けんけんRX
けんけんRX
ストーリー
4.0
作画
5.0
キャラクター
4.0
音楽
5.0
オリジナリティ
5.0
演出
3.5
声優
4.0
4.0
満足度 4.0
いいね(0) 2018-05-31 03:28:57

ログイン/会員登録をしてコメントしよう!