天元突破グレンラガン

テレビアニメ
開始時期:
2007年春
放送日:
2007年4月1日~2007年9月30日
制作会社:
GAINAX
ジャンル:
ロボット
声優:
柿原徹也小西克幸井上麻里奈小野坂昌也檜山修之伊藤静、中村大樹、谷山紀章佐藤利奈植田佳奈阿澄佳奈斎賀みつき本田貴子福井裕佳梨梁田清之根谷美智子、陶山章央、川久保潔、池田成志
スタッフ:
監督:今石洋之、シリーズ構成:中島かずき、キャラクターデザイン:錦織敦史、メカニックデザイン:吉成曜、美術監督:平間由香、音響監督:なかのとおる、音楽:岩崎琢、撮影監督:山田豊徳、色彩設計:高星晴美

遥かな未来。 人々は地中に穴を掘って家を造り家畜を飼い、 時折起きる地震と落盤に怯えながら何百年も息を潜めるように暮らしてきた。 そんな村の一つ・ジーハ。 村を広げるための穴掘りをしていた少年・シモンは、 ある日、掘り進んだ先で偶然、不思議に光る小さなドリルを見つける。 そして、シモンの兄貴分である青年・カミナ。 彼は、村の上には「地上」があることを信じ、 グレン団というチンピラグループを率いて天井を突き破って外へ出ようと目論んでいた。 そんなある日、地震と共に村の天井が崩れ巨大なロボットが落ちてくる! カミナは確信する「やっぱり地上はあった!」 そして、無謀にも村で暴れるロボットに立ち向かおうとする。 その時、更に地上から何かがやって来た。 それは、巨大なライフルを持った少女・ヨーコだった。 彼女は、ロボットを地上から追って来たのだ。 しかし、ライフルの威力では、倒すどころか足止めをするのが精一杯。 そんなピンチの中、シモンは、以前、地中から掘り出したモノをカミナとヨーコに見せる。 それは、顔だけの謎のロボットだった…。

満足度4.00
ストーリー
-
オリジナリティ
-
作画
-
演出
-
キャラクター
-
声優
-
音楽
-
-

ヒトコト (1)

  • あにめい太

    今さら再放送見てます。ガイナックスらしくていいアニメっぽい気もするけど、ちょっと古い感じもアリ。第4話「顔が多けりゃ偉いのか」は作画がひどくて泣けた・・。 天元突破グレンラガン #anime http://akiba-souken.com/u/N0WAE/

    あにめい太 2013-01-31 01:23:46

評価レビュー(1)

  • きぐん

    4.0面白い作品

    映画ではまってから、確か再放送やってたので面白かったです。作画は時代を感じますが、内容は映画で描かれなかった分を補足できて良かった。そして最後の熱さは特に変わらず感じられた。

    きぐん 2014-08-04 19:54:15 コメント(0) いいね(0)

関連ニュース

アニメ業界ウォッチング第26回:アニメーションの作品イメージを、ロゴやパッケージで印象づける デザイナー、内古閑智之インタビュー!

アニメ業界ウォッチング第26回:アニメーションの作品イメージを、ロゴやパッケージで印象づける デザイナー、内古閑智之インタビュー! 2016-10-29

ファンにとっても、もっとも身近で大事なアニメグッズ。それはサントラCDやDVD、Blu-rayといったソフト類ではないだろうか。株式会社チャンネル・プロダクションの代表である内古閑智之(うちこがと... >>続きを見る

作品詳細

原作/原案 原作:GAINAX 制作国 日本
主題歌 【OP】中川翔子「空色デイズ」
【ED】アフロマニア「みんなのピース」、HIGH VOLTAGE「UNDERGROUND」
公式サイト http://www.gurren-lagann.net/tv/