PCゲーム「永遠のアセリア」「久遠の絆」制作のゲームメーカー・ザウスが破産!

2021年06月02日 11:300
PCゲーム「永遠のアセリア」「久遠の絆」制作のゲームメーカー・ザウスが破産!

「永遠のアセリア -The Spirit of Eternity Sword-」「久遠の絆 THE ORIGINなどのPC用美少女ゲームメーカー・ザウスが、2021年5月26日、東京地裁から破産開始決定を受けたことがわかった。


株式会社ザウスは、もともとはファミコン用ゲームソフト「ホッターマンの地底探検」などを発売する一般向けゲームメーカーだったが、1990年代後半より18歳以上推奨ソフトの開発をスタート。2000年より成人向けゲームメーカー「ザウス」としての活動を開始した。

「永遠のアセリア」は、PC用ゲーム以外にもPlayStation2に移植されたり、OVA化されたりとヒットを記録。
「久遠の絆 THE ORIGIN」は、コンシューマー用タイトルとして発売されたものを成人向けにアレンジして発売するなど、多くの話題作がリリースされた。


なお、公式ツイッターによるとザウス代表の吉田ユースケさんは今後もゲーム創作活動は継続するとのこと。
近況は引き続きザウス公式ツイッターアカウントにて公開されていくそうだ。

※破産開始決定に関する表記を追加させていただきました。

画像一覧

  • PCゲーム「永遠のアセリア」「久遠の絆」制作のゲームメーカー・ザウスが破産!

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。