宇宙戦艦ヤマト2199、「国連宇宙軍 第810飛行隊 フライトジャケット」を商品化!? 100着の受注で生産決定

アキバ総研 | 2013年01月17日 19:53
宇宙戦艦ヤマト2199、「国連宇宙軍 第810飛行隊 フライトジャケット」を商品化!? 100着の受注で生産決定

アニメ「宇宙戦艦ヤマト2199」より、フライトジャケットが登場。アパレルブランド「plot」から発売となる…かもしれない。

 

 


これは、ヤマト航空隊のトップエースである加藤三郎たちがヤマト作戦発動前までに着用していたレザージャケットを「国連宇宙軍 第810飛行隊 フライトジャケット」として再現したもの。製作は、「攻殻機動隊S.A.C. SSS 3Dモトコート」を手がけたアパレルブランド「plot」が担当している。


製品は、1934年に採用されたアメリカ陸軍航空隊(現アメリカ空軍)の寒冷地気候用フライトジャケットである名作"B-3"がベース。革ならではの適度な重さと動きやすいやわらかさをあわせもつネイキッドのカウレザーを使用し、後見頃にプリントを、左袖にワッペンを、右胸にはワッペンと取り外し可能な金属製エンブレムを備えている。

サイズはM~XL、価格は52,500円。


なお、価格を5万円台に抑えるため、最低受注数100着という生産決定ラインを設定。100着分のオーダーが入った時点で商品化が成立する。受注は、ドリパス(https://www.dreampass.jp/e48)で2月11日まで。記事執筆時点では「あと58個で成立」。

画像一覧

  • 宇宙戦艦ヤマト2199、「国連宇宙軍 第810飛行隊 フライトジャケット」を商品化!? 100着の受注で生産決定

  • 宇宙戦艦ヤマト2199、「国連宇宙軍 第810飛行隊 フライトジャケット」を商品化!? 100着の受注で生産決定

  • 宇宙戦艦ヤマト2199、「国連宇宙軍 第810飛行隊 フライトジャケット」を商品化!? 100着の受注で生産決定

  • 宇宙戦艦ヤマト2199、「国連宇宙軍 第810飛行隊 フライトジャケット」を商品化!? 100着の受注で生産決定

  • 宇宙戦艦ヤマト2199、「国連宇宙軍 第810飛行隊 フライトジャケット」を商品化!? 100着の受注で生産決定

  • 宇宙戦艦ヤマト2199、「国連宇宙軍 第810飛行隊 フライトジャケット」を商品化!? 100着の受注で生産決定

関連作品

宇宙戦艦ヤマト2199

宇宙戦艦ヤマト2199

放送日: 2013年4月7日~2013年9月29日   制作会社: AIC/ジーベック
キャスト: 菅生隆之、小野大輔、桑島法子、鈴村健一、大塚芳忠、麦人、千葉繁、細谷佳正、赤羽根健治、國分和人、千葉優輝、チョー、田中理恵、佐藤利奈、平川大輔、藤原啓治、土田大、伊勢文秀、高城元気、山寺宏一、秋元羊介、島香裕、宮本充、江原正士、玄田哲章、石塚運昇、小川真司、井上喜久子
(C) 2012 宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会

関連シリーズ

関連リンク

ホビーの新着ニュース

特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • 秋アニメレビューキャンペーン
  • 2017 冬アニメ
  • 2017 春アニメ
  • 2016 夏アニメ
  • 2016 秋アニメ
  • 神アニメ(2015)