ハチミツとクローバーII

テレビアニメ
開始時期:
2006年夏
放送日:
2006年6月29日~2006年9月14日
制作会社:
J.C.STAFF
ジャンル:
恋愛
声優:
神谷浩史野島健児工藤晴香うえだゆうじ高橋美佳子杉田智和藤原啓治大原さやか、竹若拓磨、堀内賢雄根谷美智子浜田賢二、土田大
スタッフ:
監督:長龍雪井、シリーズ構成・脚本:黒田洋介、監修:カサヰケンイチ、キャラクターデザイン:島村秀一、キャラクター監修:羽海野チカ、総作画監督:兵渡勝、撮影監督:大河内喜夫、編集:西山茂、美術監督:柴田千佳子、色彩設定:石田美由紀、音響監督:明田川仁、音響制作:マジックカプセル、音楽:DEPAPEPE、林有三&サロン’68、オープニング演出:平野文子、プロデュース:GENCO

ボロアパートで貧乏ながらも楽しい生活を送る美大生・竹本、真山、森田。ある日3人は、花本先生の紹介で、編入してきた花本はぐみと出会う。竹本と森田ははぐみを見て一瞬で恋に落ちるが、それぞれの不器用さから、自分の気持ちを上手く表現できない。一方、真山は自分に好意を寄せる山田の気持ちを知りながらも、バイト先の建築デザイナー・理花への想いが強まるばかり。2つの微妙な三角関係を軸に物語は始まった…。恋心どころか、進むべき未来すら分からなくなって「自分探しの旅」に出てしまった竹本。周囲の想いに気づかず、一心不乱に絵を描くはぐみ。はぐみへの突然のキスの後、自身も混乱し海外へ逃亡、いつの間にか日本画科への編入生として浜美に戻っていた森田。無事就職したデザイン会社を辞め、再び理花のもとで働きはじめる真山。その真山のことをあきらめきれない山田。お互いの、そして自分自身の気持ちにゆっくりと気づきはじめていく一方で、容赦なく日々は流れていく。それぞれの華奢な未来と向き合い、憂い、もがき、まわり続ける5人の片想いのゆくえは…?

満足度-
ストーリー
-
オリジナリティ
-
作画
-
演出
-
キャラクター
-
声優
-
音楽
-
-

ヒトコト (0)

この作品のヒトコトはまだ投稿されていません。
皆さまの投稿をお待ちしています。

評価レビュー(0)

この作品の評価レビューはまだ投稿されていません。
皆さまの投稿をお待ちしています。

関連ニュース

【懐かしアニメ回顧録第23回】“漫符”で聞かせる、「ハチミツとクローバー」のバラエティ的音響効果

【懐かしアニメ回顧録第23回】“漫符”で聞かせる、「ハチミツとクローバー」のバラエティ的音響効果 2016-10-08

数々の賞に輝いた将棋漫画「3月のライオン」がアニメ化され、2016年10月8日より放送される。原作の羽海野チカさんのアニメ化作品といえば、「ハチミツとクローバー」(以下「ハチクロ」)がまっさきに思... >>続きを見る

作品詳細

原作/原案 原作:羽海野チカ 制作国 日本
主題歌 【OP】YUKI「ふがいないや」
【ED】スネオヘアー「スプリット」
公式サイト http://www.hachikuro.net/