マクロスF 超時空スーパーライブ「デビュー! ランカ・リー with シェリル・ノーム」レポート! Zepp Tokyoから全銀河へ

アキバ総研 | 2008年08月01日 20:00

マクロスF 超時空スーパーライブ「デビュー! ランカ・リー with シェリル・ノーム」レポート! Zepp Tokyoから全銀河へ2008年7月27日(日)、マクロスF 超時空スーパーライブ「デビュー! ランカ・リー with シェリル・ノーム」が、Zepp Tokyoで開催された。



「デビュー! ランカ・リー with シェリル・ノーム」は、今最も熱いTVアニメ「マクロスF(フロンティア)」が誇る二人の歌姫「シェリル・ノーム」(May'nさん)と「ランカ・リー」(中島愛さん)によるライブイベント。OP/EDテーマとサントラがオリコン週間チャート初登場3位、挿入歌シングルも同5位と、大ヒット街道爆走中の勢いが止まらないなか、ライブはもちろん大盛況で、二人の歌声も東京の空から全宇宙へ響き渡った。


マクロスF 超時空スーパーライブ「デビュー! ランカ・リー with シェリル・ノーム」



 期待に胸を膨らませたオーディエンスでフロアがどんどん埋まっていく中、ランカとシェリルのデュエットで話題の新OP「ライオン」が、TVオンエアに先駆けてステージのスクリーンに流される。そして、ランカ・リー中島愛によるユーモアたっぷりの前説。「うまく歌えたら拍手をお願いします!」


 7月27日、Zepp Tokyoで行われた「マクロスF 超時空スーパーライブ『デビュー! ランカ・リー with シェリル・ノーム』」は、最初から何かスペシャルなことが起こる予感に包まれていた。


akiba20080801macrossFlive01.jpg 1曲目のイントロが始まり、ランカがステージ中央のせり出しから颯爽と登場。「私の彼はパイロット」をワンコーラス歌ってオーディエンスの心を掴んだ次は、なんといきなりの「星間飛行」。サビでは「キラッキラッ」のポーズを会場が一体となってキメた。


 
応援にかけつけたアルト役・中村悠一、ミシェル役・神谷浩史と、3人で「娘々CMソング」でネコダンスしたり、「小白竜(シャオパイロン)」「天使の絵の具」と初代『マクロス』の名曲をカバーして会場を盛り上げた後、「アレ歌っちゃおうかな〜」といたずらっぽく呟くランカ。そして、ライブに遅刻中(be late:笑)のシェリルを待たずに、「射手座☆午後九時 Don't be late」へ突入する。

akiba20080801macrossFlive03.jpg
akiba20080801macrossFlive05.jpg
左から、アルト役・中村悠一さん、ランカ役・中島愛さん、ミシェル役・神谷浩史さんシェリル・ノーム役(歌)May'nさん

 すると曲の途中から、ランカの声にかぶってステージにいないシェリルの歌声が…。オーディエンスの期待感が高まる中、シェリル・ノームことMay'nが電撃的に登場。二人の今日初めての共演、そして「私の歌を聴けー!」の絶叫に、会場のボルテージは一気に上昇した。

 ライブはやがてMay'nのソロパートへ。新ED「ノーザンクロス」や名バラード「ダイアモンド クレバス」を熱く歌い上げる。そして最後は再び登場したランカとともに「What 'bout my star?」をデュエット。



akiba20080801macrossFlive02.jpg 二人が舞台から去ると『マクロスF』の夕日のシーンを集めた映像とともにピアノの旋律が流れ始める。「娘フロ。」に収録されている「キラキラ」 のピアノバージョンだ。そして曲はいつの間にか「トライアングラー」のイントロへ移行。透けて見えるステージのスクリーンの向こう側にピアノを弾く菅野よ う子が浮かび上がり、やがて舞台右側から坂本真綾が登場する。

 シークレットゲスト二人の姿にオーディエンスは沸騰。ピアノのみでしっとりと歌われた「トライアングラー」が全員を魅了した。

 そこから後は、今日の主役ランカとシェリルが再びステージを独占。交互に歌われた「愛・おぼえていますか」(ランカ)と「What 'bout my star?」(シェリル)、二人の息が合った「インフィニティ」と続き、ラストは新OP「ライオン」。魂の叫びにも似た熱唱が衝撃波となって場内を襲うの だった。

20080801200000.jpg

 そして二人の最後の挨拶。だが、途中から鳴り始めた緊急警報によって、それは遮られることに。警報が示したのは、なんと横浜パシフィコで行われる次回ライブの告知だった。


 最初から最後までサプライズの連続。熱気に満ちた「超時空ライブ」はこうして幕を閉じた。



※ライブ直後の出演者公式コメント

<中島愛>
①まずはお疲れ様でした! ほっとしたところで一言。
感動しました!とにかく熱気が凄かったですね。熱いっ!!
②本日のコンサートに出演しての感想を簡単に…
緊張する暇がない位、濃いライブでした。
もう、止まりませーんっ!止まれませーんっ!!って感じで(笑)、はじけましたね。
③何が一番大変でしたか?
とにかく、こんなに大きい会場で
たくさんの曲を歌うのは初めてだったので…全部かな…
④今日はどのようなところを意識してパフォーマンスをしましたか?
可愛く楽しく!衣装も楽曲もとてもキュートなので、ランカの、女の子らしい部分を特に意識しました。あとは楽しむことです!
⑤菅野さんからは今日にあたって何か具体的なオーダーはありましたか?
「お客さまの鼻血をしぼり取る勢いで」と…
⑥最後に一言!
ライブって本当に楽しい!とても素敵なライブになって良かったです。
皆さんのおかげです。絶対にまた会いましょう!!

<May’n>
①まずはお疲れ様でした! ほっとしたところで一言。
本当に楽しかったです!!
お客さんのパワーが想像以上にスゴくて、負けないようにがんばりました(^ω^)
②本日のコンサートに出演しての感想を簡単に…
みんなが口ずさんでくれたり、想いを感じてくれているのを私も体で感じ、たくさんの希望をもらいました!!やっぱりLiveは楽しすぎる♡
③何が一番大変でしたか?
登場のときのポップアップ。
予想以上に速く上がるし、衝撃もすごくて、最初のリハではガニ股&中腰&顔が(・∀・;)…。本番ではシェリルっぽくできたと思います!!
④今日はどのようなところを意識してパフォーマンスをしましたか?
銀河の歌姫です!!もちろん!!あたしの歌を聴けぇえええ!!です✌
⑤菅野さんからは今日にあたって何か具体的なオーダーはありましたか?
やはり、「シェリルっぽく」と。少し角度を変えたり、声のトーンだけで、シェリルのような歌姫オーラが出るョ♥♥って。すっごくすっごくいい勉強になりました!!
⑥最後に一言!
Zeppがすっごく一体感があるなって思えたスバラシイ1日でした。
大阪、そして10月のパシフィコも、…あたしの歌を聴けぇええええ!!!



JOYSOUND presents マクロスF 超時空スーパーライブ
「デビュー! ランカ・リー with シェリル・ノーム」

7.27 at Zepp Tokyo
応援:アルトくん、ミシェルくん
主催:キョードー東京
共催:ビックウエスト、flying DOG/JVCエンタテインメント
協賛:JOYSOUND、バンダイ、バンダイナムコ ゲームス、マクロス・クロニクル
協力:バンダイビジュアル、MBS、サテライト

(C)2007 ビックウエスト/マクロスF製作委員会・MBS



【関連記事】
マクロスF×JOYSOUND「超時空スーパーアイドルキャンペーン」開催決定!(2008年7月25日)
「マクロスF(フロンティア)」第1巻、ブルーレイ・DVD同時発売! 「超時空品質」ヤックデカルチャー!!(2008年7月24日)
「マクロスF」ランカ・リー(=中島愛)のデビューシングル「星間飛行」発売!(2008年6月24日)

【価格.com関連リンク】
本・CD・DVD
□クチコミ掲示板:アキバ-ホビー

【関連リンク】
TVアニメ「マクロスF(フロンティア)」公式サイト

  • マクロスF 超時空スーパーライブ「デビュー! ランカ・リー with シェリル・ノーム」レポート! Zepp Tokyoから全銀河へ

  • マクロスF 超時空スーパーライブ「デビュー! ランカ・リー with シェリル・ノーム」レポート! Zepp Tokyoから全銀河へ

  • マクロスF 超時空スーパーライブ「デビュー! ランカ・リー with シェリル・ノーム」レポート! Zepp Tokyoから全銀河へ

  • マクロスF 超時空スーパーライブ「デビュー! ランカ・リー with シェリル・ノーム」レポート! Zepp Tokyoから全銀河へ

  • マクロスF 超時空スーパーライブ「デビュー! ランカ・リー with シェリル・ノーム」レポート! Zepp Tokyoから全銀河へ

  • マクロスF 超時空スーパーライブ「デビュー! ランカ・リー with シェリル・ノーム」レポート! Zepp Tokyoから全銀河へ

ホビーの新着ニュース

特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • 秋アニメレビューキャンペーン
  • 2017 冬アニメ
  • 2017 春アニメ
  • 2016 夏アニメ
  • 2016 秋アニメ
  • 神アニメ(2015)