火狩りの王

テレビアニメ

原作は、「雨ふる本屋」などで知られる日向理恵子さんによる長編ファンタジー小説。 “火”をテーマに、人類最終戦争後の世界で生きる子供たちが、多くの困難に直面しながら懸命に生きる姿を描く。 TVアニメでは、監督を「今日からマ王!」等の西村純二さん、構成・脚本を「GHOST IN THE SHELL /攻殻機動隊」等の押井守さん、アニメーション制作を「劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット- 前編Wandering; Agateram」等のシグナル・エムディが担当する。

開始時期:
2023年冬
放送日:
2023年1月14日~
制作会社:
Signal-MD
ジャンル:
ファンタジー
声優:
久野美咲石毛翔弥坂本真綾細谷佳正早見沙織山口愛
スタッフ:
監督:西村純二、構成・脚本:押井守、キャラクターデザイン:齋藤卓也、総作画監督:齋藤卓也/黄瀬和哉/海谷敏久、音楽:川井憲次、音響監督:若林和弘

人類最終戦争後の世界。大地は炎魔が闊歩する黒い森におおわれ、人々は結界に守られた土地で細々と暮らしていた。最終戦争前に開発・使用された人体発火病原体によって、この時代の人間は、傍で天然の火が燃焼すると、内側から発火して燃え上がってしまう。この世界で人が安全に使用できる唯一の〈火〉は、森に棲む炎魔から採れる。火を狩ることを生業とする火狩りたちの間で、あるうわさがささやかれていた。「最終戦争前に打ち上げられ、永らく虚空を彷徨っていた人工の星、〈揺るる火〉が、帰ってくる――」と。“千年彗星〈揺るる火〉を狩った火狩りは、〈火狩りの王〉と呼ばれるだろう”紙漉きの村に生まれ、禁じられた森に入って炎魔に襲われたところを、火狩りに助けられた灯子。首都に生まれ、母を工場毒で失い、幼い妹を抱えた煌四は“燠火の家”に身を寄せることを決意する。灯子と煌四、二人の生き様が交差するとき、あらたな運命が動きだす――

満足度-
ストーリー
-
オリジナリティ
-
作画
-
演出
-
キャラクター
-
声優
-
音楽
-
-
  • タグ編集

関連ニュース

2023年1月14日(土)放送・配信開始! 西村純二×押井守 WOWOWオリジナルアニメ「火狩りの王」、第1弾PV公開!!

2023年1月14日(土)放送・配信開始! 西村純二×押井守 WOWOWオリジナルアニメ「火狩りの王」、第1弾PV公開!! 2022-11-23

WOWOWオリジナルアニメ「火狩りの王」より、本編映像が多数追加された第1弾PVが公開された。「火狩りの王」は、「雨ふる本屋」などで知られる日向理恵子さんによる長編ファンタジー小説。 火をテーマに... >>続きを見る

ヒトコト (0)

この作品のヒトコトはまだ投稿されていません。
皆さまの投稿をお待ちしています。

評価レビュー(0)

この作品の評価レビューはまだ投稿されていません。
皆さまの投稿をお待ちしています。

作品詳細

原作/原案 原作:日向理恵子、キャラクター原案:山田章博 制作国 日本
主題歌 【ED】坂本真綾「まだ遠くにいる」
公式サイト http://hikarinoou-anime.com/