薬屋のひとりごと

テレビアニメ

中世東洋を舞台にした「薬屋のひとりごと」(原作:日向夏/ヒーロー文庫)は、‟毒見役”の少女が宮中で起こる様々な難事件を解決する、謎解きエンタテインメント。シリーズ累計2,100万部を突破しており、コミカライズ版でも人気を広げている。 キャラクター原案はしのとうこさん、監督・シリーズ構成は長沼 範裕さん、アニメーション制作はTOHO animation STUDIO×OLMが担当する。

開始時期:
2023年秋
放送日:
2023年10月21日~2024年3月23日
制作会社:
TOHO animation STUDIO / OLM
ジャンル:
サスペンス・ミステリー
スタッフ:
監督:長沼範裕、副監督:筆坂明規、シリーズ構成:長沼範裕、キャラクターデザイン:中谷友紀子、色彩設計:相田美里、美術監督:高尾克己、CGIディレクター:永井有、撮影監督:石黒留美、編集:今井大介、音響監督:はたしょう二、音楽:神前暁/Kevin Penkin/桶狭間ありさ

大陸の中央に位置するとある大国。その国の帝の妃たちが住む後宮に一人の娘がいた。名前は、猫猫(マオマオ)。花街で薬師をやっていたが、現在は後宮で下働き中である。ある日、帝の御子たちが皆短命であることを知る。今現在いる二人の御子もともに病で次第に弱っている話を聞いた猫猫は、興味本位でその原因を調べ始める。呪いなどあるわけないと言わんばかりに。美形の宦官・壬氏(ジンシ)は、猫猫を帝の寵妃の毒見役にする。人間には興味がないが、毒と薬の執着は異常、そんな花街育ちの薬師が巻き込まれる噂や事件。きれいな薔薇にはとげがある、女の園は毒だらけ、噂と陰謀事欠かず。壬氏からどんどん面倒事を押し付けられながらも、仕事をこなしていく猫猫。稀代の毒好き娘が今日も後宮内を駆け回る。

満足度4.50
ストーリー
-
オリジナリティ
-
作画
-
演出
-
キャラクター
-
声優
-
音楽
-
-
キャスト

※本コンテンツはアキバ総研が制作した独自コンテンツです。また本コンテンツでは掲載するECサイト等から購入実績などに基づいて手数料をいただくことがあります。

ヒトコト (4)

  • Acanthe

    お灸をすえるところがいつもスカッとする。 #6

    Acanthe 2023-11-16 15:01:30
  • Acanthe

    ひとりごとがきかれてしまったw #1

    Acanthe 2023-10-25 17:48:17
  • ezo

    テンポ良くて面白い。#2

    ezo 2023-10-22 02:04:51
  • ezo

    猫猫良いキャラしてる。#1

    ezo 2023-10-22 01:39:26

評価レビュー(2)

作品詳細

原作/原案 原作:日向夏、キャラクター原案:しのとうこ 制作国 日本
主題歌 【OP1】緑黄色社会「花になって」
【OP2】Uru「アンビバレント」
【ED1】アイナ・ジ・エンド「アイコトバ」
【ED2】wacci「愛は薬」
挿入歌 大原ゆい子「想風」、XAI「明日を訪ねて」、きしかな子「雪中花」、竹中だいち「蒼空の炎」
公式サイト http://kusuriyanohitorigoto.jp
放送日時
2024年3月1日(金)
2024年3月2日(土)
2024年3月4日(月)
2024年3月6日(水)
2024年3月7日(木)
最近チェックされたアニメ