うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。

テレビアニメ

WEB小説投稿サイト「小説家になろう」にて公開された、CHIROLUによるライトノベルが原作。「HJノベルス」(ホビージャパン)より書籍化され、「ComicWalker」(KADOKAWA)ではコミカライズ版が連載中。小説・コミックスの累計発行部数は50万部を突破した。監督は柳瀬雄之、シリーズ構成・脚本を吉岡たかを、キャラクター原案を景・トリュフ、音響監督を土屋雅紀、アニメーション制作はMAHO FILMが担当する。

開始時期:
2019年夏
放送日:
2019年7月4日~
制作会社:
MAHO FILM
ジャンル:
ファンタジー
声優:
高尾奏音岡本信彦小山剛志沼倉愛美桑原由気高野麻里佳田村睦心広瀬ゆうき福原かつみ
スタッフ:
監督:柳瀬雄之、シリーズ構成・脚本:吉岡たかを、デザイン協力:ほた。、キャラクターデザイン・総作画監督:西田美弥子/舛舘俊秀/出口花穂、プロップデザイン:大久保富彦/児玉萌/大場優子/小池瞳子、色彩設計:渡辺亜紀、美術監督・美術設計:柴田聡、撮影監督:山根裕二郎、編集:小峰博美、音楽:横関公太、音響監督:土屋雅紀

若くして頭角を現し、その名を知られる凄腕冒険者の青年「デイル」。 とある依頼で深い森へと足を踏み入れた彼は、ガリガリにやせ細った幼い魔人族の少女「ラティナ」と出会う。片角を折られ罪人の烙印を押されたラティナをそのまま放置できず、保護者になることを決意したデイルだったが―― 「ラティナが可愛すぎて、仕事に行きたくない」――気づけばすっかり親バカ全開に!?

満足度-
ストーリー
-
オリジナリティ
-
作画
-
演出
-
キャラクター
-
声優
-
音楽
-
-

ヒトコト (0)

この作品のヒトコトはまだ投稿されていません。
皆さまの投稿をお待ちしています。

評価レビュー(0)

この作品の評価レビューはまだ投稿されていません。
皆さまの投稿をお待ちしています。

作品詳細

原作/原案 原作:CHIROLU 「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」(HJノベルス/ホビージャパン)、キャラクター原案:景・トリュフ 制作国 日本
主題歌 【OP】ラティナ(CV.高尾奏音)「I'm with you」
【ED】デイル(CV.岡本信彦)「This is 勇者, but 残念!?」
公式サイト http://uchinoko-anime.com/
最近チェックされたアニメ