劇場版 X-エックス-

アニメ映画
  • タグ編集
開始時期:
1996年夏
上映開始日:
1996年8月3日
制作会社:
-
ジャンル:
ファンタジー
声優:
関智一、岩男潤子、成田剣山寺宏一篠原恵美田中秀幸小山茉美ゆかな、宮崎一成、井上和彦三石琴乃松本梨香中田譲治、古澤徹、関俊彦、高畑淳子、皆口裕子、池田昌子
スタッフ:
監督:りんたろう、キャラクターデザイン・作画監督:結城信輝、音楽:清水靖晃、テーマ音楽監督:YOSHIKI、製作:角川歴彦、企画:田宮武/大川七瀬、脚本:渡辺麻実/大川七瀬/りんたろう、美術監督:平田秀一、テクニカルスーパーバイザー:八巻磐、撮影監督:山口仁、音響監督:本田保則

1999年《約束の日》、地球が壊れる…。ひとりの少年を巡って、地球と人類の《未来》をかけて死闘が始まろうとしていた。少年の名前は"神威"。地球の運命を握るもの。人類を滅ぼし、地球の自然を再生させようとする「地の龍」と、その破壊を結界によって阻止しようとする「天の龍」。この2つの勢力にとって、神威の存在は互いの勝利を得るために欠くべからざるものであった。そして、「地の龍」の"七人の御使い"と「天の龍」の"七つの封印"、それぞれの能力者たちも東京に集結していた。母の死をきっかけに、6年ぶりに東京に舞い戻った16歳の少年・司狼神威は、幼なじみの桃生小鳥とその兄・封真と再会した。それが"運命の物語"の始まりだった。皇居を中心に東京を守るべく仏手の形に路線を敷いた山手線、新宿高層ビルの巨大な結界石、不安定な地盤を支えるサンシャイン60。そして東京タワー。地球に穿たれた巨大な結界の楔である大都会・東京を舞台に、3人は壮大なる《運命》の戦いに巻き込まれて行くのだった。

満足度3.00
ストーリー
-
オリジナリティ
-
作画
-
演出
-
キャラクター
-
声優
-
音楽
-
-

ヒトコト (0)

この作品のヒトコトはまだ投稿されていません。
皆さまの投稿をお待ちしています。

評価レビュー(1)

  • きぐん

    3.0懐かしい

    個人的には、CLAMP作品と言えば「X」だと思うので本当に代表作と思える作品です。とても原作の表現・世界感を作画と音楽で楽しめる作品でした。また機会があれば見たい作品です。

    きぐん 2014-08-05 23:55:03 コメント(0) いいね(0)

作品詳細

原作/原案 原作:CLAMP(月刊ASUKA連載・角川書店あすかコミックス刊) 制作国 日本
主題歌 【ED】X JAPAN「Forever Love」
公式サイト http://www.madhouse.co.jp/works/1997-1994/works_movie_x.html