ひぐらしのなく頃に(第1期)

テレビアニメ
開始時期:
2006年春
放送日:
2006年4月4日~2006年9月26日
制作会社:
スタジオディーン
ジャンル:
ミステリー
声優:
保志総一朗中原麻衣ゆきのさつきかないみか田村ゆかり茶風林大川透伊藤美紀折笠富美子小林ゆう関俊彦、かわむら拓央、鶴岡聡、松元惠、瀧本富士子、尾小平志津香、井上喜久子、廣田行生、こぶしのぶゆき、立木文彦、塚田正昭、樫井笙人、小野大輔、水野理紗、金田アキ、宝亀克寿、くじら、渡辺美佐、松本保典松井菜桜子、中野元、須加みき
スタッフ:
監督:今千秋、シリーズ構成:川瀬敏文、キャラクターデザイン・総作画監督:坂井久太、美術監督:柴田千佳子、色彩設計:松本真司、撮影監督:伏見真一、編集:松村正宏、
音楽:川井憲次、音楽制作:フロンティアワークス、音楽プロデューサー:吉川明、プロデューサー:野村美加/大森啓幸/日向泰隆、アニメーションプロデューサー:浦崎宣光

昭和58年夏。昼にはセミの、夕暮れにはひぐらしの合唱が暑さの訪れの早い今年の6月を歓迎するかのように、雛見沢に木霊していた。都会から遠く離れた山奥にある寒村、雛見沢。人口2千に満たないこの村に、最近都会から引っ越してきた前原圭一。明るくて話上手な圭一は、学校でもすぐに周りのクラスメートと仲良くなった。一番の仲良しで世話好きなレナ、リーダー格で委員長の魅音、トラップの達人で下級生の沙都子、古手神社の娘であり、不思議な雰囲気の持ち主の梨花・・・仲間との他愛のない日常を過ごしていた。それは、永遠に続くかに思えた。毎年6月に行われる祭、「綿流し」。そう、その日も楽しい一日になるはずだった。雛見沢にまつわる、ひとつの謎を知るまでは・・・。祭りの日に、繰り返される惨劇。毎年、一人が死に、一人が行方不明になるという、数年前から始まる連続怪死事件。事件の真相は? 犯人は? 圭一は、好奇心から村の闇へと足を踏み入れてしまう。その日を境に、圭一の周りが少しづつ、だが、確実に変わりはじめる。そう、すべてが・・・。ひぐらしのなく声だけが変わらず、雛見沢に、少し、早めの夏を告げていた。

満足度3.00
ストーリー
-
オリジナリティ
-
作画
-
演出
-
キャラクター
-
声優
-
音楽
-
-

ヒトコト (0)

この作品のヒトコトはまだ投稿されていません。
皆さまの投稿をお待ちしています。

評価レビュー(1)

  • きぐん

    3.0面白い作品

    キャラクターが可愛く日常に関しては面白いと思いますが、何せこの作品のメインはそこではないのでご注意下さい。個人的には苦手な分野なので見続けるのは、厳しかったです。今までにないので面白い作品だとは思います。

    きぐん 2014-08-04 20:21:45 コメント(0) いいね(0)

関連ニュース

「山アニメ人気投票」結果発表! 1位は「ヤマノススメ」、2位は同票で「ひぐらしのなく頃に」と「ふらいんぐうぃっち」

「山アニメ人気投票」結果発表! 1位は「ヤマノススメ」、2位は同票で「ひぐらしのなく頃に」と「ふらいんぐうぃっち」 2016-08-23

アキバ総研のアニメポータル「あにぽた」にて開催されていた「夏に観たい! 山アニメ人気投票」が2016年8月17日に締め切られた。その結果をお伝えしよう。本投票企画は、「あにぽた」にて2016年8月... >>続きを見る

作品詳細

原作/原案 原作:竜騎士07/07th Expansion「ひぐらしのなく頃に」「ひぐらしのなく頃に解」 制作国 日本
主題歌 【OP】島みやえい子「ひぐらしのなく頃に」
【ED】大嶋啓之 feat.片霧烈火「why,or why not」
公式サイト http://www.oyashirosama.com/web/top/