ゾンビアニメまとめ

何らかの理由により死体のまま蘇った特異な存在「ゾンビ」。 ゾンビと言えばパニックホラーのイメージが強いですが、深く切ないストーリーに引き込まれる「屍者の帝国」、ラブコメディの「これはゾンビですか?」「さんかれあ」など、実はいろいろなアプローチのゾンビアニメがあるんです。 背筋も凍る王道から趣向を凝らした変化球まで、”生ける屍”が鍵を握る作品をまとめてみました!

甲鉄城のカバネリテレビ

放送開始:2016年4月~

フジテレビ「ノイタミナ」枠で放送されるオリジナルアニメ。蒸気機関が発達した島国・日ノ本を舞台に、少年少女らが装甲蒸気機関車「甲鉄城」に乗り込み、鋼鉄の心臓を持つ生ける屍=「カバネ」に立ち向かう様子を描いたスチームパンクアクションだ。監督は、「進撃の巨人」の荒木哲郎さん、シリーズ構成は「コードギアス」の大河内一楼さん、そして、キャラクター原案に「超時空要塞マクロス」の美樹本晴彦さんが参加している。アニメーション制作は、「進撃の巨人」のWIT STUDIOが手がける。

甲鉄城のカバネリ

世界中に産業革命の波が押し寄せ、近世から近代に移り変わろうとした頃、突如として不死の化物が現れた。鋼鉄の皮膜で覆われた心臓を破壊されない限り滅びず、それに噛まれた者も一度死んだ後に蘇り人を襲うという。後にカバネと呼ばれる事になるそれらは爆発的に増殖し、全世界を覆い尽くしていった。極東の島国である日ノ本の人々は、カバネの脅威に対抗すべく各地に「駅」と呼ばれる砦を築き、その中に閉じ籠もることでなんとか生き延びていた。駅を行き来ができるのは装甲蒸気機関車(通称、駿城)のみであり、互いの駅はそれぞれの生産物を融通しあうことでなんとか生活を保っていた。製鉄と蒸気機関の生産をなりわいとする顕金駅に暮らす蒸気鍛冶の少年、生駒。彼はカバネを倒すために独自の武器「ツラヌキ筒」を開発しながら、いつか自分の力を発揮できる日が来るのを待ち望んでいた...

キャスト:生駒(畠中祐)、無名(千本木彩花)、四方川菖蒲(内田真礼)、来栖(増田俊樹)、逞生(梶裕貴)、鰍(沖佳苗)、侑那(伊瀬茉莉也)、巣刈(逢坂良太)、吉備土(佐藤健輔)、美馬(宮野真守)

レビュー★ピックアップ
  • 高レベルの映像美、まだ時代に埋もれない美樹本デザインの魅力、派手なアクションで走り切った作品ではあるが、ビジュアル面が高レベルだからこそ、あと一歩の物足りなさも残る。単にアクションを描きたかったのだからこれで良し、と言う見方もあるかもしれないが、ここまでの映像が出来るのであれば更に踏み込んで欲しかった。(非公開)
  • 話の推進力が半端なく次が気になってしょうがない。作画も安定しているし、何より女の子がどのカットもかわいい。いろんな要素をぎゅっと詰め込んだ良質なオリジナルアニメだと思う。ただ、圧倒的に時間が足りない。せめてあと1話で全13話だったらよかったかな。(30代後半)
  • 美樹本晴彦さんのキャラクターデザインがこのレベルでTVアニメに落としこまれているのは圧巻でしたし、CGもアクション作画も背景美術もハイレベル・・・しかし、中盤以降のエピソードは心の底からわくわくさせられるようなものではなかった印象です。第1話で非常に高い期待を持たせてくれますが、その期待に答えられるほどのストーリーは持ちあわせておらず、「イマイチ」という評価になってしまうアニメです。(非公開)

きょーふ!ゾンビ猫テレビ

放送開始:2015年10月~
きょーふ!ゾンビ猫

墓から突然よみがえったゾンビ猫が町を徘徊する…。「カナヘイ」から生まれたほっこりする癒しキャラクター「きょーふ!ゾンビ猫」

キャスト:ゾンビ猫(平山笑美)

屍者の帝国映画

上映開始:2015年10月~
屍者の帝国

"死者蘇生技術"が発達し、屍を労働力とて活用いる19世紀末。ロンドンの医学生ジョン・H・ワトソンは、親友フライデーとの生前の約束どおり、自ら手で違法に屍者化を試みる。その行為は、諜報機関「ウォルシンガム機関」の知るところとなるが、ワトソンはその技術と魂の再生への野心を見込まれて任務を命じられる。それは、一世紀前にヴィクター・フランケンシュタイン博士が遺し、まるで生者のように意思を持つ言葉を話す最初の屍者ザ・ワンを生み出す究極の技術が記されているという「ヴィクターの手記」の捜索。ワトソンはフライデーを伴いロンドンを発つ。それはフライデーの魂を取り戻す為の壮大な旅の始まりだった。

キャスト:ジョン・H・ワトソン(細谷佳正)、フライデー(村瀬歩)、フレデリック・バーナビー (楠大典)、アレクセイ・カラマーゾフ(三木眞一郎)、ニコライ・クラソートキン(山下大輝)、ハダリー・リリス(花澤香菜)、M(大塚明夫)、ザ・ワン(菅生隆之)

レビュー★ピックアップ
  • 制作が進撃の巨人を手がけているWIT STUDIOさんで、その影響からか絵柄(特に瞳)がやや似ています。世界背景が違うので、そのままというわけではないですが。いいところが活かされているという感じを受けました。死者のあふれる退廃的な世界と、いろいろな形の絆。引き込まれます。物語の山場は圧巻なので、多くの人に観ていただきたいです。ひさしぶりに「映画を観たー!」という高揚感や感慨に気持ちよく耽ることのできた作品でした。(非公開)
  • ネタバレレビューを読む…

がっこうぐらし!テレビ

放送開始:2015年7月~

「まんがタイムきららフォワード」(芳文社)にて連載中の同名コミック(作:海法紀光/千葉サドル)をアニメ化。ゾンビに囲まれた町を舞台に、学校に寝泊りして籠城する「学園生活部」の少女たちを描いたサバイバルホラー。ほのぼのした学校生活と生き残りをかけた戦いがかわいらしいタッチで描かれるという異色の作品だ。アニメーション制作はラルケ。

がっこうぐらし!

丈槍由紀(ゆき)は学校から帰らない!大好きなみんなと学校で寝泊まりして、そのまま暮らしちゃう!……それが《学園生活部》!!

キャスト:丈槍由紀(水瀬いのり)、恵飛須沢胡桃(小澤亜李)、若狭悠里(M・A・O)、直樹美紀(高橋李依)、佐倉慈(茅野愛衣)

レビュー★ピックアップ

フランチェスカテレビ

放送開始:2014年7月~
フランチェスカ

ひょんなことからゾンビとして蘇った石川啄木だったが、とんでもないヘマをやらかして新撰組を復活させてしまった! 新撰組は「EZO共和国」復活を果たすべく、北海道の侵略を開始する! その危機を察知したクラーク博士は弟子の新渡戸稲造とともに、最終兵器?『フランチェスカ』を蘇らせた! 新撰組の野望を阻止すべく立ち上がるフランチェスカ。北海道を舞台にした戦いの幕が切って落とされたのでした・・・!

キャスト:フランチェスカ(牧野由依)、エクソシスト(田野アサミ)、フラン犬(池添朋文)、クラーク博士(浦山迅)、新渡戸稲造(浜田賢二)、石川啄木(杉山紀彰)、小奴(工藤沙貴)、橘智恵子(井澤佳の実)、土方歳三(高橋広樹)、相馬主計(新垣樽助)、市村鉄之助(内藤有海)、中島登(南雲大輔)、島田魁(宮本克哉)

レビュー★ピックアップ
  • ローカルアニメですがキャラクターはかわいいです。北海道の歴史的人物たちがふんだんに登場するので北海道在住者がたのしむ分にはすごく楽しめると感じました。(非公開)
  • 元々期待してなかったので思ったよりは面白かったみたいな印象です。アニメというよりFlashアニメっぽいです。主題歌が無駄に良いのでそれ目当てで見るのもありかもしれません。(20代前半 男性)

神さまのいない日曜日テレビ

放送開始:2013年7月~
神さまのいない日曜日

15年前、神様に見捨てられて以来、人は生まれず死者は死ななくなった。“死ぬことができない死者”に唯一安らぎが与えられる「墓守」の仕事を、亡き母から受け継いだ12歳のアイ。優しい養父母や村人たちに囲まれて平穏に暮らしていたが、ある日、村に「人食い玩具(ハンプニーハンバート)」と名乗る、銃を携えた少年が現れ、予想もしなかった残酷な現実を突きつけられることに…。

キャスト:アイ・アスティン(豊崎愛生)、ハンプニー・ハンバート(浪川大輔)、アルファ/ハナ・アスティン(佐藤利奈)、傷持ち(能登麻美子)、ユリー・サクマ・ドミートリエビッチ(藤原啓治)、キリコ・ズブレスカ(柿原徹也)、ウッラ・エウレウス・ヘクマティ(小松未可子)、アリス・カラー(内山昂輝)、ディー・エンジー・ストラトミットス(喜多村英梨)、ヨーキ(野島裕史)、アンナ(渡辺明乃)、ユート(丸山詠二)、ヒコーツ(吉野裕行)、ターニャ・スウェッジウッド(今井麻美)、セリカ・ヘクマティカ(原紗友里)、ミミータ/メメポ(加隈亜衣)、ルン・サジタリウス(高橋未奈美)

レビュー★ピックアップ
  • 死者の国、墓守の娘、すごくファンタジーな世界で、キャラデザは抵抗あったものの、序盤結構引き込まれる部分もあって、期待しました。でも、学校生活入ったあたりからおかしくなり、最後はほとんど投げっぱなしで完結しないストーリー。ワンクールでまとめるのなら、もっとやりようがあっただろうに、としか思えない最後の酷い展開でした。コンセプトは悪くなかったと思うだけに、非常に残念。(40代前半 男性)
  • ネタバレレビューを読む…

フランケンウィニー映画

上映開始:2012年12月~
フランケンウィニー

小さな街に暮らす、科学が大好きな少年ヴィクター。彼の隣にはいつも、最高の相棒──愛犬のスパーキーがいました。ある日、不幸な事故がスパーキーの命を奪ってしまいます。その死を受け入れられないヴィクターは、科学の授業で習った"電気の実験"を応用して、家族にも内緒でスパーキーを生きかえらせることに…。つぎはぎだらけの"フラン犬(ケン)"としてよみがえったスパーキー。しかし、彼は自分が"死んでいること"に気づかぬまま家の外へと出てしまい、その"ありえない姿"をヴィクターのクラスメイトに目撃されてしまいます。そして、ヴィクターのアイデアを知った子供たちは次々にペットや動物をよみがえらせ、やがて街は大混乱に…。

キャスト:スーザン・フランケンシュタイン(キャサリン・オハラ)、エドワード・フランケンシュタイン(マーティン・ショート)、ジクルスキ先生(マーティン・ランドー)、ヴィクター・フランケンシュタイン(チャーリー・ターハン)、エドガー・"E"・ゴア(アッティカス・シェイファー)、エルザ・ヴァン・ヘルシング(ウィノナ・ライダー)

レビュー★ピックアップ
  • 白黒映画です。目がギョロリとしています。ゾンビ映画です。怖いです。ティム・バートンの代表作『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』が好きな方なら、難なく入り込めると思います。むしろスパーキーは可愛く見えると思います。(非公開)

さんかれあテレビ

放送開始:2012年4月~
さんかれあ

夢は「ゾンビっ娘とチュッチュする」こと! ゾンビをこよなく愛する高校1年生・降谷千紘(ふるやちひろ)は、 ひょんなことから清楚可憐なお嬢様・散華礼弥(さんかれあ)と知り合い、 一緒に愛猫「ばーぶ」の“蘇生”に取り組むことに。 でも、礼弥が発したひと言 「私が‥ゾンビになったら、 責任取ってくれるってことですね‥‥?」 が、まさか実現するなんて!?

キャスト:降谷千紘(木村良平)、散華礼弥(内田真礼)、左王子蘭子(矢作紗友里)、降谷萌路(井口裕香)、降谷呶恩(荻野晴朗)、降谷茹五郎(斎藤志郎)、散華団一郎(石塚運昇)、散華亜里亜(浅野まゆみ)

レビュー★ピックアップ
  • ゾンビかー。綺麗な作画だったり話も嫌いではない、しかしゾンビだったりグロイ部分はどうしてもマイナス面で、二期は期待できない気がする。一期の再放送があればもう一度見るのをチャレンジしてみたいとは思う。(非公開)
  • ゾンビの恋愛物、主人公が寺の息子、そもそも名前が題名だし、とてもレアな作品だが面白い。しかし、いずれ体が腐敗するので切ない。OVAは、0・13・14話がある。(男性)

これはゾンビですか?テレビ

放送開始:2011年1月~
これはゾンビですか?

なぜかゾンビとなった主人公の少年・相川歩の元に、アホ毛がトレードマークの元気な《魔装少女》 ハルナ、常にプレートアーマーとガントレットを身に着けている銀髪の無口少女《ネクロマンサー》 ユー、ナイスバディのポニーテール少女《吸血忍者》 セラといった、個性的(すぎる)美少女たちが集まってきて繰り広げられる、出オチとパターン破りの連続。次々と襲い来る謎のモンスター≪メガロ≫。そして、歩が追いかける、謎の連続殺人犯とは。平穏を好むゾンビ(?) の日常は、バラバラに崩壊してしまうのか?

キャスト:相川歩(間島淳司)、ハルナ(野水伊織)、ユークリウッド・ヘルサイズ(月宮みどり)、セラフィム(日笠陽子)、メイル・シュトローム(金元寿子)、織戸闘莉王(吉野裕行)、アリエル(清水愛)、京子(下屋則子)、平松妙子(山口理恵)、三原かなみ(美名)

レビュー★ピックアップ
  • 銀髪の不思議な少女と出会ったことで殺人事件に巻き込まれ、ゾンビとして蘇った主人公が異能バトルやトラブルを通して周りとの成長や絆を描く作品。ゾンビとなった主人公設定に奇妙なキャラたちが自然と物語に入り込んでくるという序盤の掴みはよかったです。(20代後半 男性)
  • 主人公はゾンビであり、男だが魔法少女にもなってしまったという相川歩。この主人公を中心としたバトル系あり、コメディあり、ラブあり。という色々と詰め込んでみましたっていう感じのハーレムアニメ。カオスかと思いきやうまい事まとまっており、コメディアニメとしてきちんと成立している。出てくる女の子も多種多様でとてもかわいくて良かった。(30代後半 男性)

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEADテレビ

放送開始:2010年7月~
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD

立藤美学園は、たった一人の侵入者-<奴ら>によって地獄の坩堝と化した! <奴ら>は人を襲い、喰らい、新たなる<奴ら>を生みだし学園を席巻。悪魔の世界と化した学園内で、小室孝と幼馴染の宮本麗、親友の井豪永は、一時避難する。しかし、麗をかばい<奴ら>に噛まれた永は<奴ら>と化してしまう・・・。残された二人は、他の生き残り、級友の高城沙耶、平野コータ、剣道部主将・毒島冴子、校医の鞠川静香と合流、学園を脱出する決意を固める! 彼らに生きのびる術はあるのか!?

キャスト:小室孝(諏訪部順一)、宮本麗(井上麻里奈)、毒島冴子(沢城みゆき)、高城沙耶(喜多村英梨)、平野コータ(檜山修之)、鞠川静香(福井裕佳梨)、井豪永(宮野真守)、希里ありす(竹達彩奈)、紫藤浩一(谷山紀章)、南リカ(竹内順子)

屍姫 赫テレビ

放送開始:2008年10月~
屍姫 赫

強い未練、妄執のために、死してなお動く死体――屍(しかばね)。彼らは生きた人間を襲い、殺していく。「屍姫」とは、そんな屍を狩るため、光言宗の秘儀により作られた屍の少女たちのこと。幼い頃に光言宗の僧侶・田神景世に拾われ、児童福祉施設・大麟館で育てられた少年・花神旺里(オーリ)。彼はある夜、景世が住職を務める世空寺で、美しい少女に出会う。少女の身体は冷たく、生きている人のそれとは違う。少女の名は星村眞姫那(マキナ)。彼女は、景世の下で屍狩りをしている屍姫だった……。

キャスト:星村眞姫那(秋山奈々)、花神旺里(羽染達也)、田神景世(藤原啓治)、荒神莉花(千葉紗子)、天瀬早季(菊地美香)、送儀嵩柾(川島得愛)、山神異月(中村知世)、高峰宗現(中村秀利)、轟旗神佳(堀江由衣)、伊佐木修二(杉田智和)、瑠翁水薙生(平田裕香)、壬生貞比呂(諏訪部順一)、遠岡アキラ(悠木碧)、梅原鉦近(てらそままさき)、フレッシュ=バックボーン(遠藤綾)、鹿堂赤紗(宮本充)、北斗(藤村知可)、狭間(大川透)、忌逆(土師孝也)、歪質(鈴木達央)、頭屋(諸星すみれ)、重無(新野美知)、湖惑(早志勇紀)、春日望(丸山美紀)

バイオハザード:ディジェネレーション映画

上映開始:2008年10月~
バイオハザード:ディジェネレーション

ラクーンシティで起きた『アンブレラ事件』。最大手製薬会社アンブレラ社が生み出したt-ウィルスには生物を凶暴化させる効果があった。 しかし、このウィルスが感染拡大したことにより住民らがゾンビ化したため、米国政府はミサイル攻撃による <滅菌作戦>を実行し、ラクーンシティは消滅することになった。 忌まわしい事件から7年。惨劇は再びアメリカ中西部工場都市の空港で起ころうとしていた。 バイオテロや薬害被害者救済を行うべく、NGOに所属していたクレア・レッドフィールドは空港利用客の中にゾンビを発見。警備員が噛まれたことを発端に続々と一般客や空港職員が感染していき空港内は大パニックとなる。 時同じくして、空でも旅客機内でウィルス感染者が出たことで緊急着陸するべく空港へ向かったが、パニックになっているロビーへ激突してしまう。 さらに機内から降りてきた乗組員や乗客らは皆ゾンビ化していた。 一方、合衆国大統領は直轄のエージェント、レオン・S・ケネディに任務を受け、事態鎮圧の特別指揮官として空港へ向かわせるが・・・

キャスト:レオン・S・ケネディ(山野井仁)、クレア・レッドフィールド(甲斐田裕子)、アンジェラ・ミラー(安藤麻吹)、グレッグ・グレン(竹田雅則)、ラーニー・チャウラー(矢島晶子)、ロン・デイビス(広瀬正志)、フレデリック・ダウニング(江原正士)、カーティス・ミラー(小山力也)

レビュー★ピックアップ
  • ゲームソフトの4作目と5作目の間にあたり、その後のシリーズが発売されている現在としては、バイオハザードシリーズが好きでどうしようもない、レオンやクレアといったキャラクターが大好きでもっと知りたいという方向けに限定されてしまっていると思います。(非公開)

ZOMBIE-LOANテレビ

放送開始:2007年7月~
ZOMBIE-LOAN

気弱で友達にも言いたいことが言えない少女、紀多みちるは、ある日同級生、赤月知佳・橘思徒と偶然知り合いになる。奇跡的に大事故から生還したという2人の少年は、学校でも有名だ。ところがみちるは偶然にも2人の首に死者のリングがあるのを見てしまう。みちるが今まで必死に隠してきた「死神の目」の力に気が付いた知佳と思徒は、みちるに自分たちの正体を教える。自分たちは本当は死んでいる―。命のローンを組んで生き返るためにゾンビ退治をしているのだと―。仲間になるのを拒むみちる。だが、運命は容赦なく回りだす―。生と死が交錯する狭間で、少年と少女が織り成す魂のドラマが今ここに始まる。

キャスト:紀多みちる(桑島法子)、赤月知佳(鈴村健一)、橘思徒(櫻井孝宏)、鼈甲(森川智之)、芝怜一朗(諏訪部順一)、由詩(斎藤千和)、宵町暦(植田佳奈)、久世霜月(後藤沙緒里)、麻生蘇鉄(伊藤健太郎)、薄荷(津久井教生)