ショートアニメまとめ

各話約3~15分程度で描かれるショートアニメは、アニメの土壌拡大に大きく貢献し、近年注目を集めているジャンル。人気シリーズ「てーきゅう」をはじめ演出や表現方法が個性的な作品が多く、新鮮な感覚で楽しめるのが特徴です。ほどよい長さで気軽に視聴できるので、忙しい合間の息抜きにもぴったり! 思わず一気見したくなる、人気のショートアニメをまとめてみました。

とんかつDJアゲ太郎

放送開始:2016年4月~

「少年ジャンプ+」で連載しているマンガ(原案:イーピャオ/漫画:小山ゆうじろう)が原作。とんかつ屋の三代目・勝又揚太郎がとんかつ屋とクラブDJに共通点を見出し、一人前のとんかつ屋とDJを目指して奮闘する姿を描くコメディだ。監督は「セクシーコマンドー外伝 すごいよ!! マサルさん」「ギャグマンガ日和」など数々のギャグマンガのアニメ化を手がけた大地丙太郎さん。アニメーション制作はスタジオディーン。

とんかつDJアゲ太郎

東京・渋谷の片隅にある一軒のとんかつ屋「しぶかつ」の3代目・勝又揚太郎は、家業のとんかつ屋を手伝っているものの、本腰を入れることもなく、日々をダラダラ過ごしていた。そんなある日の閉店間もない頃、出前を任された揚太郎が届けた場所は、1軒のクラブだった! 町内会の盆踊り大会よりも自由度が高く、ストレスフリーな空間の虜になった揚太郎は、クラブカルチャーにどっぷりとつかり始める中、とんかつ屋とDJの共通点を発見し…!?

キャスト:勝又揚太郎(山下大輝)、勝又揚作(石井康嗣)、忍堀修吾(津田健次郎)、尾入伊織(藤原啓治)、服部苑子(M・A・O)、溝黒悟朗(松山鷹志)、DJビッグマスターフライ (茶風林)

レビュー★ピックアップ
  • とんかつとDJ2つには共通点はないと思われたが....。意外にも人生や働き方,学んだことはいろいろなことにつながっていると考えさせる良作。(非公開)

魔法少女なんてもういいですから。

放送開始:2016年1月~

デジタル版「コミック アース・スター」に連載中の同名マンガ(作:双見酔)をアニメ化。ゴミ捨て場で生ゴミを漁っていた謎の生物に「君には魔法少女の素質がある」と言われた少女が、魔法少女として過ごす日常を描くコメディ。監督は「暁のヨナ」の米田和弘さん、シリーズ構成は「ご注文はうさぎですか?」のふでやすかずゆきさん、キャラクターデザインは「アイドルマスターシンデレラガールズ」の嶋田和晃さん。

魔法少女なんてもういいですから。

『"こんなの"拾うんじゃなかった……。』スーパーからの買い物帰り、生ゴミを漁る奇妙な生物に話しかけられた【葉波ゆずか】。普通の人間には見えないその生物【ミトン】に魔法少女にならないかと誘われ、「こんなおいしい話は他にないよ?」「ぶっちゃけお得だよ?」という強引な説明があまりに怪しすぎてイマイチ現実味が感じられない……。『でも、今を逃したらきっと……、ずっと、気になってしまうと思う。』引っ込み思案なゆずかは魔法少女となって、世界を……そして自分を変えることができるのか……!?

キャスト:葉波ゆずか(藤田茜)、ミトン(若井友希)、坂上ちや(大森日雅)、だいや(田中美海)、篠木真冬(伊藤美来)、ポチ(西明日香)

レビュー★ピックアップ
  • 動画の時間が短すぎて、物足りないまま終わった感じ。結局、イベントらしいイベントが何も発生しないまま終わってしまった。キュウベエ(じゃない)仕事しろ!(非公開)

影鰐 -KAGEWANI-

放送開始:2015年10月~

突如として現代に姿を現し、襲いかかる謎の怪獣たち。極限状態の中、ただただ翻弄される人々。怪獣はなぜ出現し、人を襲うのか……。科学者・番場宗介はキーワード「影鰐」を手掛かりに真実を追う。ショートアニメ3本枠「ULTRA SUPER ANIME TIME」での放映。

影鰐 -KAGEWANI-

現代に突如姿を現したUMA=奇獣。極限状態の中、翻弄される人々。奇獣はなぜ現れ人々を襲うのか……。生物学者・番場宗介は各地で事件を調査、時に襲われながら真実を追う。新感覚パニックサスペンスアニメーション。

キャスト:番場宗介(生物学者)(杉田智和)、木村雅貴(製薬会社エージェント)(置鮎龍太郎)、タケル(沼田祐介)、黒田ミカ(相沢舞)、ケンタ(小杉史哉)、ユウタ(佐藤智恵)、シュン(平尾明香)、レン(野島健児)

レビュー★ピックアップ
  • 静止画を元にアニメーションを作っているようなので、他のアニメと比べると動きが少ないのだが、怪物のデザインや緊張感を煽る演出が上手く、他では味わえない魅力のある作品になっている。謎めいた世界観やキャラも興味深く、新展開に期待したい。(非公開)

小森さんは断れない!

放送開始:2015年10月~

「まんがタイムオリジナル」(芳文社)に連載中の同名マンガ(作:クール教信者)をアニメ化。女子中学生・小森しゅりは、優しすぎてお願い事を断れない性格! 力仕事の手伝いや友達に勉強を教えるうちに様々な能力を身につけ、そのぶん小森さんはさらに人に頼られる存在になっていく。NOと言えない性格と思春期の悩みが織り成す青春模様。

小森さんは断れない!

小森しゅり、15歳。なぜかはわからないけど、よく人に頼まれる。親友のめぐみとまさ子はそんなしゅりが心配。なんとか簡単に頼まれないように工夫してみるが……。

キャスト:小森しゅり(内田彩)、西鳥めぐみ(小澤亜李)、根岸まさ子(長縄まりあ)、大谷九郎(竹下礼奈)

温泉幼精ハコネちゃん

放送開始:2015年10月~

「COMICメテオ」(アプリックス)に連載中の同名コミック(作:由伊大輔)をアニメ化。箱根の温泉街を舞台に、長い眠りから覚めた温泉の精霊と住人たちの騒動を描く。監督は「ひめゴト」の柳瀬雄之さん、脚本は「ふなっしーのふなふなふな日和」の友永コリエさんと「ミリオンドール」の村上桃子さん。OP主題歌は竹達彩奈さん、悠木碧さんのユニット「petit milady」が担当。

温泉幼精ハコネちゃん

温泉街に降臨した、温泉の精霊・ハコネ。ところが、長く眠りについていた彼女は、外見が幼女になっていた! たまたま居合わせた高校生・冬哉は、彼女の本来の力を取り戻すため、協力することになるが……。 温泉街の住人とハコネが巻き起こす、ドタバタ温泉コメディ!

キャスト:ハコネちゃん(小野早稀)、ミヤ(桑原由気)、榛名(M・A・O)、亜季(朝井彩加)、ゴウラ(悠木碧)、アシノコ(竹達彩奈)、冬哉(村田太志)

レビュー★ピックアップ
  • ハコネちゃんが可愛いアニメですとそれをとりまくゆかいな仲間たちのドタバタ劇箱根の観光スポットや温泉などさらっと紹介されてます安心して見られます。箱根にいちど行ってみたくなりました。(40代前半 男性)
  • 3分程度のショートアニメとしては結構面白かった。ご当地ものの一発狙いかと思いきや、割とイカちゃん的なかわいさもあって、よかったと思います。(非公開)

ハッカドール THE あにめ~しょん

放送開始:2015年10月~

アニメ・マンガ・ゲームなどのジャンルに特化した情報を、利用者の好みを学習しながら最適なニュースとして提供するDeNA運営のiPhone/Android端末向けアプリ「ハッカドール」をアニメ化。マスコットキャラクターであるハッカドール1号・2号・3号の日常と奮闘を描く。ショートアニメ3本枠「ULTRA SUPER ANIME TIME」での放映。

ハッカドール THE あにめ~しょん

悩める人類を捗らせるため生まれたパーソナルエンタメAI「ハッカドール」。ポンコツだけどどこか憎めない「ハッカドール」が体を張っていろんな人のお悩みを解決しますっ!

キャスト:ハッカドール1号(高木美佑)、ハッカドール2号(奥野香耶)、ハッカドール3号(山下七海)

レビュー★ピックアップ
  • BS11のウルトラスーパーアニメタイムで観てたけど、今期の中で上位に入る面白さでした。5分の中で緩急つけていたので、時間は短いけど毎週楽しみでした。次回作を是非とも作ってほしいです。(30代後半 男性)

だんちがい

放送開始:2015年7月~

「まんが4コマぱれっと」(一迅社)に連載中の同名4コママンガ(作:米田和佐)を5分間のショートアニメとして放映。とある団地で暮らす高校1年生・仲野晴輝。彼と、姉・夢月と、3人の妹(弥生、羽月、咲月)という、4女1男の兄弟による日常を描いたゆるふわコメディとなっている。

だんちがい

とある団地で暮らす仲野晴輝(高1)には姉が一人、妹が3人いる。 才色兼備でまじめだけど、弟・晴輝と二人きりのときだけ『隙』を見せる長女の夢月(高2)。 兄・晴輝のことが気になるけど、いつも素直になれない次女の弥生(中3)。 晴輝にかまってほしいのか、イタズラばかりする三女・羽月(小3)。 漫画・アニメが好きで、趣味の近い晴輝とはオタク仲間の四女・咲月(小3)。 そんな4女1男の『自然にそこにある』団地暮らし――。

キャスト:仲野夢月(明坂聡美)、仲野弥生(小松未可子)、仲野羽月(徳井青空)、仲野咲月(堀野紗也加)、仲野晴輝(阿部敦)

雨色ココア

放送開始:2015年4月~
雨色ココア

大学一年生・都倉碧はひょんなことから喫茶店「レイニーカラー」でアルバイトをすることに。 クールなイケメン岩瀬啓一。お調子者の桜木涼太。 心優しいマダムキラー「レイニーカラー」マスターの古賀シオン。 自由奔放すぎるオーナーの天見浩司。 「レイニーカラー」で繰り広げられるハートフル・コメディ!

キャスト:都倉碧(下野紘)、岩瀬啓一(緑川光)、桜木涼太(宮野真守)、古賀シオン(平川大輔)、天見浩司(堀川りょう)、レイン(奥井ゆうこ)、マダム(中野友貴、山﨑朗子、桑山琴音)

旦那が何を言っているかわからない件

放送開始:2014年10月~
旦那が何を言っているかわからない件

真面目で仕事熱心なごく普通のOL・カオル。そんな彼女の旦那は、半ニートで重度のオタクだった。カオルは旦那に振り回されたり心配させられたりするけれど、見ているほうが恥ずかしいほどふたりは仲良しで……。

キャスト:カオル(田村ゆかり)、ハジメ(鈴村健一)、樹瀬リノ(釘宮理恵)、樹瀬望(坂井俊文)、田中さん(新谷良子)、山田(外崎大輔)、マヨタマ(堀野紗也加)、三木さん(清水香里)

レビュー★ピックアップ
  • タイトルからして、ものすごくオタ向けの話かと思いきや(まあそういう部分もあるにはあるけど)、全体としては、すごく普遍的なテーマを扱ったほのぼのドラマだったと思います。3分程度のショートアニメとしては、すごくまとまっていて、テンポもよく、笑いあり、ほろりとさせる部分ありの良作かと。基本的に、主人公夫婦しか出てこないので、鈴村健一さんと田村ゆかりさんの演技による部分も大きいですね~。改めて、田村ゆかりさんの芸の広さに驚かされました。2人が歌うEDテーマも好きです。(40代前半 男性)
  • 結構面白かった。ゆかりちゃん好きだから、見始めたんだけど、次第にものがたりにツボ。最近結婚したので、あるなぁと自分の視点で見ていました。(非公開)

マンガ家さんとアシスタントさんと

放送開始:2014年4月~
マンガ家さんとアシスタントさんと

マンガ家の愛徒勇気と、アシスタントの足須沙穂都との平々凡々な日常をゆるく描く爆笑マンガ家ライフコメディー!

キャスト:愛徒勇気(松岡禎丞)、足須沙穂都(早見沙織)、音砂みはり(能登有沙)、黒井せな(釘宮理恵)、風羽りんな(井口裕香)、皆野まとめ(田中真奈美)、足須沙穂乃(伊藤美来)

レビュー★ピックアップ
  • 短いギャグアニメです。エロも含まれてますが、ものすごいエロというわけではありません。いい感じのギャグアニメでした。アニメに疎い親と見ていたぐらいですww 親「単純なちょいエロギャグアニメで見ていて疲れないし面白いね」的なことを言ってくれました。確かに短いアニメだったし、単純なギャグだったので普通に笑えました。最終話のエンデイングもなかなか衝撃的なもので良かったです。楽しませてもらいました。(10代後半 男性)
  • 何気ない日常アニメ。ただ設定がタイトル通り、漫画家とそのアシスタントとのお話。主人公の愛徒のキャラがまっすぐなエロキャラで面白い。ただネタがワンパターンな感じ。ワンパターンだが飽きにくい。キャラ設定とその役割がしっかりしているので楽しめました。のんびりと見るのが良いと思います。(30代後半 男性)
  • 原作漫画に忠実で安心して見られる内容でした、が……。アニメのほうはつっこみ役をアップにして間を持たせる演出に頼りすぎてテンポ悪かったです。もともと1話8ページの漫画なので、勢いで見せるのが肝心だったと思うのですが。アニメはそこが欠け、終始ワンパターンなのが残念でした。(非公開)

お姉ちゃんが来た

放送開始:2014年1月~
お姉ちゃんが来た

水原朋也13才。父親の再婚によって変な姉・水原一香17才が出来ました。お姉ちゃんからの愛が……重い……。

キャスト:水原朋也(愛美)、水原一香(長妻樹里)、藤咲美奈(木戸衣吹)、早坂ルリ(南央美)、望月マリナ(井上麻里奈)、花園美鶴(小林ゆう)、早坂孝喜(富樫美鈴)、水原夕子(森沢芙美)、水原正也(浜田賢二)、藤総一郎(髙橋孝治)

レビュー★ピックアップ
  • 自分は原作を読まずにこのアニメを見ましたが、3分にしてはよくまとまっているなあ、と思いました。3分という短い時間の中できれいにオチがつくのかと心配でしたが、毎回心が温まるきれいな終わりを見ることができたので、3分アニメの手軽さと相まって、いい作品だと思います。(20代前半 男性)
  • お兄ちゃん←妹、という作品はアニメ・漫画業界にはごまんとありますが、お姉ちゃん→弟という作品は今までなかなか表に出てこなかった。ギャグマンガ原作なのでほのぼの見ることができます。(30代前半 男性)
  • ずっと弟が欲しかった水原一香に親の再婚によって実際に弟ができるのですが、この姉が極度のブラザーコンプレックスでいつも弟に付きまとい、弟はそれに困り果てるというのが毎回の図式になっています。ですが、物語が進むにつれてなぜそんなにも弟ラブなのか、過去が紐解かれることで明らかになっていき、最後はちょっとホロリとしました。(非公開)

GO! GO! 575

放送開始:2014年1月~
GO! GO! 575

どこにでもいる普通の女子高校生、正岡小豆と小林抹茶は、平凡な日常を過ごしていた。そんな日々から弾けたい小豆が、ある日突然抹茶に提案した“575”それは、日々の出来事や感動を五・七・五のコトバで歌うというものだった。早速“575”を始める2人、さらにその2人に興味を持った同級生の与謝野柚子も加わり、3人の女子高校生による“575”の活動が今、ゆっくりとはじまる…。

キャスト:正岡小豆(大坪由佳)、小林抹茶(大橋彩香)、与謝野柚子(寿美菜子)、小野小梅(芹澤優)

レビュー★ピックアップ
  • 本作の題名を見て、自分は萌と俳句の融合で新境地を目指すプロジェクトなのかと、心躍った。だが、その期待は裏切られている。日常を詩にしてみようよという主人公の意気込みはいい。だが、コメディっぽい展開やキャラ登場回ばかりで、ほとんど詩を読もうとしない。俳句界のけいおん!を目指しているのかとも思ったが、俳句に対するリスペクトもなにもないまま。化ける要素は多々あったのに、それを全く生かしていない作品。(50代前半 男性)
  • 俺妹のキャラクターデザイン - かんざきひろさんだったので可愛らしいキャラで、期待もありましたが5分枠ということもありストーリーなどは、面白さを掴みきれなかったので個人的には見続けられなかった感じです。(非公開)

殺し屋さん

放送開始:2013年10月~
殺し屋さん

「依頼があれば、何でも殺す」をモットーに活動を続けるが、 夏休みの宿題や主婦の家内労働を 殺すことまで、その活動は幅広い。 自他共に認める日本一の殺し屋と、それを取り巻く 刑事や被害者や同業者や通りすがりの人や警察犬などの さまざまな人間(犬)模様を描いた物語。

キャスト:佐々木竜一(櫻井孝宏)、父の仇女(藤田咲)、弟子(金田アキ)、原田(大川透)、ゴロー(藤原啓治)

レビュー★ピックアップ
  • 「殺し屋さん」とは言うものの、殺しはないし、基本的にはショートコントのような一発ギャグアニメ。こういうの外すことも多いんだけど、本作は面白かったです。特に中盤当たりからの、殺し屋さんと刑事のからみとかがだんだんエスカレートしていくあたりは何とも・・・www。(40代前半 男性)
  • タイトルはシリアスな感じだが、内容はギャグアニメでした。シリアスなストーリーを期待している方にはおススメはできません。それと、ショートアニメですが、オープニングソングがちゃんとあったのが少し謎でした。(30代前半 男性)

ミス・モノクローム

放送開始:2013年10月~
ミス・モノクローム

"もっと前に出たい!"その思いを実現するため、ミス・モノクロームは売れっ子アイドルを目指して活動を開始する。天然な性格のミス・モノクロームに周りも振り回されつつも、今日もアイドル業界を奔走する!

キャスト:ミス・モノクローム(堀江由衣)、マネオ(藤原啓治)、KIKUKO(井上喜久子)、マナ(神田朱未)

レビュー★ピックアップ
  • アイドル志望のアンドロイドが主人公、3DCG(実写?)のエンディング付きと、やや特殊な感じもするショートアニメでしたが、テンポよく進むストーリーと、堀江由衣さんと藤原啓治さんの、いい感じの会話で、毎回楽しく見てました。ちなみに、ほぼこの前に「リトバス-Refrain-」やってたので、堀江由衣さんのイメージギャップがこれまた可笑しくて…w いい作品だったのではないでしょうか。(40代前半 男性)
  • 堀江由衣さんがデザインした、堀江由衣さんのライブで登場するキャラクターそれがミス・モノクロームです。そのモノクロームはまさかアニメになるなんて、それだけでビックリでしたが、EDのクオリティにさらにビックリ! 5分アニメなんで、ストーリーを楽しむ感じではありませんが、内容もなかなか面白いことにまたまたビックリw(男性)
  • 短いアニメながら、ストーリーもあってミス・モノクロームの面白さに引き込まれる作品でした。また、アイドルを目指している部分を声優の堀江由衣さんの歌唱力でとても、いい作品になっていたと思います。EDも良かったです。(非公開)

Super Seisyun Brothers -超青春姉弟s-

放送開始:2013年9月~
Super Seisyun Brothers -超青春姉弟s-

姉同士が親友で、弟同士も親友で―― 見た目は可愛くてオシャレだけど実はオタクで、自分のことが大好きな大学生、新本チコ。明るく爽やかなのにちょっとおバカで、自分のことが大好きな高校生、新本チカ。一緒にいると楽しいけれど、何だか少し残念?そんなよく似た新本姉弟。 見た目は清楚で美人でモテるけど、不思議オーラ全開なフリーター、斉藤マコ。無口でクールでモテるのに、やっぱり不思議系な高校生、斉藤マオ。一緒にいると癒されるけれど、何を考えているのか分からない?そんなよく似た斉藤姉弟。 ちょっと変わった二組の姉弟は、毎日自由すぎる会話を繰り広げながら、 悩みの多い青春時代を明るくポジティブに駆け抜けていく。 この物語は、そんな姉弟達が贈る超日常青春コメディアニメーションです。…たぶん。

キャスト:新本チコ(山本希望)、新本チカ(逢坂良太)、斉藤マコ(茅野愛衣)、斉藤マオ(石川界人)

あいうら

放送開始:2013年4月~
あいうら

噛み合わない、それが楽しい。女子高生たちの日常。「何も起きないが起きる、彼女たちの日常。」を描いたゆるゆる感あふれる4コマ漫画。※このお話には女子高生がわらわら登場しますが、ラブは控えめ、コメはそれなりです。過度な期待はしないでください。

キャスト:天谷奏香(中島唯)、岩沢彩生(飯田友子)、上原歩子(田村奈央)、簗瀬芽依(佐倉綾音)、天谷颯太(花守ゆみり)、山下先生(内山夕実)、若月先生(田村ゆかり)、松野先生(杉田智和)

レビュー★ピックアップ
  • 日常アニメで、女の子も可愛いし。キャラの個性もあり、5分で丁度いいとも物足りないとも感じる作品でした。和む・楽しむ感じが好きな人にはオススメです。2期があったら楽しみです。再放送もあればまた見たいと思います。(非公開)
  • 新人声優さん起用というバッシングが多く上がったアニメですが、そこはそれほど問題ではなく。やはりこの手の日常系4コマと言うのはけいおん!で一時代終わってしまったのではと思います。原作を読んでみましたが、内容が全くなく、面白くない。それで成立するのが日常系4コマですが、アニメーションにする際にどうしてもそこにプラスアルファが必要になってくると思うんです。取り敢えず女子高生が日常を送るっていうアニメではもうヒットは望めないと。(30代前半 男性)

スパロウズホテル

放送開始:2013年4月~
スパロウズホテル

繁華街にあるスパロウズホテル。繁華街にあるため泥酔者、ケンカする者、そう危ないことが日常茶飯事に起こり、主任である佐藤環が困っていた。そんな時、フロント係の面接に来た佐藤小百合の特技が巨乳と暗殺? っと話す。ためしに特殊業務・用心棒として雇ってみるが・・・。最強! 最巨乳!? 新人武闘派フロント係佐藤小百合と、中学生に見えるがしっかり者の佐藤環と、その二人を目当てに来る客などが繰り広げる日常ビタミン系ギャグアニメーション!

キャスト:佐藤小百合(茅原実里)、塩川環(長嶋はるか)、御園(岸尾だいすけ)、塩川(小野大輔)、古城ゆう(結城飛鳥)、酒井(森嶋秀太)

レビュー★ピックアップ
  • 声優さんは、原作キャラの雰囲気をきちんと出していて、良いなあと思いました。それに気づいたのは目を閉じて二回目の視聴をした時ですが。半ばラジオドラマとして視聴していた訳ですが、7話目の「新スパロウズホテルはじめました」から、放送タイトル通りに作画が一新されました。山東さんのキャラの雰囲気を活かしつつ、今のアニメの作画になっていて、ほっと胸をなでおろしました。(40代前半 男性)

血液型くん!

放送開始:2013年4月~
血液型くん!

「A」「B」「O」「AB」それぞれ特性を持ち合わせた「血液型くん!」たちを、色々なシチュエーションで観察! 「血液型くん!」を通し、血液型別の性格、長所や短所、恋愛やライフスタイルなど、血液型別の傾向と特徴がぜ~んぶわかる! さらに自分の身近な人間関係も分析できてしまう、今まで類を見ない血液型考察バラエティなのだ!

キャスト:A型くん(福山潤)、B型くん(中村悠一)、O型くん(石田彰)、AB型くん(柿原徹也)

レビュー★ピックアップ
  • 短いけれども、十分楽しめます!とくに期待もせず何気なくみてみたが声優が豪華!なんか知ってる好きな人ばっかりでうれしかった。(非公開)

戦勇。

放送開始:2013年1月~
戦勇。

ある日突然、世界に穴が開いた。そして同時に魔物が現れた。 「これははるか昔、世界を恐怖に陥れてきた禍々しき存在、魔王ルキメデスが、 1000年前の勇者クレアシオンによる封印を破り、復活を果たしたに違いない。」 そう判断した国王は、勇者の子孫を魔王討伐に向かわせることにした。――その人数、75人。 「魔王を討った者に、真の勇者の称号と莫大な富を与えよう。」 こうして新米勇者アルバと王宮戦士ロスによる、魔王討伐の旅が始まる。

キャスト:アルバ(下野紘)、ロス(中村悠一)、ルキ(茅野愛衣)、フォイフォイ(鈴村健一)、ルドルフ(中田譲治)、ヒメちゃん(加藤英美里)

レビュー★ピックアップ
  • ショートアニメでしたが、満足できる作品だったと思います。とにかくテンポのいい会話で笑わせてもらいました。キャラクターもとても面白いキャラクターが揃っています。二期も楽しかったので一気に見たくなる作品だと思います。(非公開)

ヤマノススメ

放送開始:2013年1月~
ヤマノススメ

インドア趣味で高所恐怖症の「あおい」と、山大好きで常に周りを振り回す「ひなた」。幼馴染の二人は、幼いころ一緒に見た山頂の朝日をもう一度見る為、登山に挑戦することに……。

キャスト:あおい(井口裕香)、ひなた(阿澄佳奈)、かえで(日笠陽子)、ここな(小倉唯)、ゆうか(牧野由依)、ほのか(東山奈央)、ひかり(儀武ゆう子)、あおいの母(久川綾)、ひなたの父(荻野晴朗)

レビュー★ピックアップ
  • ショートアニメながら、ちゃんと力を入れていて好感が持てるアニメでした。風景の作画も丁寧で、山に登ってみたくなる。山ガールが巷でもブームのさなか、山に行ったらこんな可愛い子に出会えるかもという錯覚を抱かせるまでには、このアニメは良い出来でした。(30代前半 男性)
  • 一回だけでも、キャラクターの可愛さが良かったです。会話のテンポもゆっくりめで聞きやすかったですし、山に関心がもてる作品になっていて面白さがありました。2期にも期待しています。(非公開)

てーきゅう

放送開始:2012年10月~
てーきゅう

亀井戸高校テニス部の女の子4人がテニスをしたりしなかったりする、抱腹絶倒の日常。アホな先輩たちに振り回されるうちにツッコミっぽい立場になった1年生の「押本ユリ」、テニス部なのにテニスがほとんどできないボケマシーン2年生の「新庄かなえ」、予想不可能な関西系ド変態2年生「坂東まりも」、何でもお金で解決しちゃう謎多き天然お嬢様2年生「高宮なすの」。今日も明日も明後日も、4人揃っても揃わなくても爆笑必至なテニスアニメ!

キャスト:新庄かなえ(三森すずこ)、押本ゆり(渡部優衣)、高宮なすの(鳴海杏子)、坂東まりも(花澤香菜)

レビュー★ピックアップ
  • まさにハイスピードバトルwすさまじいテンポでのボケ倒しは3分アニメではあっという間。せめて5分あれば…とも思いますがそれだと声優さんが大変そう。あまりに早口すぎるので一度では聞き取れないこともしばしばあるので録画して見直さないといけないかも…。おもしろいことは請け合いです。(40代後半 男性)
  • とある高校のテニス部が舞台。テニス部のなすの、まりも、かなえ、ユリを中心に繰り広げられるハイスピード&ハイテンションギャグアニメ。早すぎるぐらいのテンポ、セリフなので全てを理解しようとせずさーっと流し見で楽しむアニメ。(30代後半 男性)

はいたい七葉

放送開始:2012年10月~
はいたい七葉

喜屋武七葉(きゃんななふぁ)は、元気な中学生の女の子。おばぁが経営する沖縄そばの店「かめーそば」で、高校生で美人の姉・七緒(なお)、小学生で霊感が強い「サーダカ」の妹・心七(ここな)と暮らしています。ある日、七葉の目の前で、ガジュマルの木に住み着いている精霊・キジムナーを封印するおまじないの釘が抜けてしまいました。現れたのは、可愛い女の子の姿をしたキジムナーのニーナ。ニーナと同じキジムナーのラーナや、シーサーの化身であるイーナも次々と現れて、平和だった七葉たちの暮らしに、不思議な騒動が巻き起こります……!

キャスト:喜屋武七葉(與那嶺里都)、喜屋武七緒(松田るか)、喜屋武心七(やびくかりん)、ニーナ(松嵜麗)、ラーナ(井ノ上奈々)、イーナ(五十嵐裕美)、カーナ(東城日沙子)、ナーナ(井上喜久子)、おじぃ(新垣正弘)

しばいぬ子さん

放送開始:2012年4月~
しばいぬ子さん

見た目は犬なのに中身はごくごく普通…?の中学2年生、「しばいぬ子さん」。セーラー服がよく似合い、尻尾をフリフリさせ、モフっとしてて可愛らしいが、運動が苦手だったり先生から地毛の茶髪を注意されたりと、悩みも多い乙女なのだ。そんな「しばいぬ子さん」と同級生の茶子となぽりんとが繰り広げるほのぼの学園ストーリー!

キャスト:しばいぬ子さん(佐々木未来)、石橋茶子(鈴木美咲)、なほ(杉本みくる)、石橋優人(丸塚香奈)

レビュー★ピックアップ
  • ショートアニメもしっかりしてますが、しば犬子さんがコビを売る商品紹介には驚きと笑いがあり良かったです。犬っぽくコビを売っていたのでなんか許せちゃうんですよね。(非公開)

リコーダーとランドセル ド♪

放送開始:2012年1月~
リコーダーとランドセル ド♪

見た目は大人、中身は子供のあつし(小学5年生・身長180cm)と、どう見ても小学生だけどしっかり者のあつみ(高校2年生・137cm)の凸凹姉弟の日常は、本人たちはいたって普通の生活なのにそのギャップゆえ、周りをまきこんでおかしなことに……!

キャスト:あつし(置鮎龍太郎)、あつみ(釘宮理恵)、沙夜(平野綾)、盛山先生(たみやすともえ)、ヒナちゃん(内田彩)、テツヤ(南條愛乃)、タクミ(合田彩)、みどりちゃん(柏山奈々美)、じゅんちゃん(東城咲耶子)、タケ兄(櫻井孝宏)

レビュー★ピックアップ
  • つかみは、犯罪スレスレな危険なネタで攻めてきましたが、2話からは、姉弟の関係性や悩みなどを取り扱った萌えっぽいネタで楽しませてくれました。今後は、一体どんなネタで楽しませてくれるのか楽しみなアニメです。3分という短い時間で笑えるので、笑いたい人やちょっとした息抜きをしたい人におすすめです!(20代後半 男性)
  • ショートアニメできっちり笑わせてもらいました。とても面白い作品だったと思います。ショートアニメなので、一気に見たくなりますよね。多分一気に見れる面白さはあります。(非公開)

ヘタリア Axis Powers

放送開始:2009年1月~
ヘタリア Axis Powers

戦いには弱いが、陽気で憎めない「イタリア」と、厳格できまじめな「ドイツ」を中心に「日本」「イギリス」「アメリカ」「フランス」などの人物が、ためになる世界史のエピソードや国民性にちなんだやりとりをコミカルにくり広げる!!

キャスト:イタリア(浪川大輔)、ドイツ(安元洋貴)、日本(高橋広樹)、アメリカ(小西克幸)、イギリス(杉山紀彰)、フランス(小野坂昌也)、ロシア(高戸靖広)、中国(甲斐田ゆき)、オーストリア(笹沼尭羅)、リトアニア(武内健)、ハンガリー(根谷美智子)、スイス(朴璐美)、リヒテンシュタイン(釘宮理恵)、スペイン(井上剛)、ギリシャ(髙坂篤志)、ポーランド(たなかこころ)、ウクライナ(増田ゆき)、ベラルーシ(高乃麗)、ちびたりあ(金田アキ)、神聖ローマ(金野潤)、ローマ帝国(郷田ほづみ)

レビュー★ピックアップ
  • 5分アニメなのか区切りが多いですがだいたいは一話完結なので片手間に見てもじっくり見ても十分楽しめます。個人的には、唯一後悔してるのは「もっと早く見ておけばよかった」というので、とにかく「そろそろアニメに飽きてきたな」という人にもおすすめできる名作です。(10代後半 男性)