週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2010年9月第4週号

アキバ総研 | 2010年10月01日 22:30

アキバ総研スタッフが秋葉原で食べたものをご紹介する「アキバメシ(秋葉原の食事処情報)」。



小三元で満足してしまうタイプです。 どうもアキバ総研でございます。

いやー、点差とか状況にもよるんですが、なんとなく大三元まで待てずにアガリにいってしまいます(苦笑)。

四暗刻をシャボで待ってるときも、対々三暗刻でロンしたくなります(こちらは↑よりはガマンできますが)。

でも、緑一色が狙える場合はそれしかない(ホンイツはイヤw)ので、がんばって待てるような気がします。

というか、「なんでそんなに、ビビリ/せっかちなのに、メシの更新おせーんだよ!!」ってツッコミが来そうだなァ……スイマセン(´Д`;)

■2010年9月第4週

・メンズセット@銀座 鹿鳴春 秋葉原UDX店
・カキフライ定食@とんかつ冨貴
・カツのせブラックカレー(辛さ4倍)@ラホール 外神田店
・マサラカレー@カレキチ 秋葉原店
・特濃豚つけ麺(大盛)@つけめん 宗庵 水道橋店
・鶏つけ麺全部のせ(大盛)@つけめん 宗庵 水道橋店

10月、異動の季節。

というわけで、親友のひとりが10月からアメリカ勤務になりました。

出国前夜にみんなで壮行会をしに彼の家をゲリラ訪問しましたが、筆者は直前に飲んだ「電気ブラン」でいいかんじに絡みまくってた気がします。

あぁ、秋、ですねぇ。

20101001223000.jpg
akiba20100925__934.jpg
akiba20100925__938.jpg
akiba20100925__941.jpg
 メンズセット@銀座 鹿鳴春 秋葉原UDX店




1,500円。秋葉原UDXビル3Fにある中華料理専門店。メンズセットは、香港風の担々麺・ミニチャーハン・肉まん・デザートのセット。「担々麺」は、辛さは後から来るタイプのあっさり系。麺は細麺だが、食感/のど越しともによい。「ミニチャーハン」は、ラーメン屋や定食屋のそれとは違う、かなり上品な仕上がり。パラつきすぎず、程よいやわらかさがあるが、粘り気は少ない。味付けは塩・コショウ中心でシンプル。「肉まん」は、コンビニなどで売られているものの1.5倍くらいはありそうなボリュームが特徴的。生地はフワフワしっとりで、具は濃い味付け。ただ、食べ応えはあるが、ジューシー感はあまりなかった。デザートは杏仁豆腐。比較的固めの出来だったが、味はごく普通。本格的な中華料理がまとめて楽しめるセットとしては、価格・ボリュームともに及第点





akiba20101001-2972.jpg
akiba20101001-2973.jpg
akiba20101001-2974.jpg
akiba20101001-2975.jpg
 カキフライ定食@とんかつ冨貴




1000円。裏通りにある人気とんかつ屋。2010年も10月1日に期間限定メニューの「カキフライ定食」がスタート。今週は、「けいおん!」の新刊(4巻)が出たりゲーム版(PSP)が出たりと、まさに"かきふらい"記念ウィークとなっている。なお、店/料理について詳しくは過去ログ





akiba20100924__765.jpg
akiba20100924__768.jpg
akiba20100928-2753.jpg
akiba20100928-2757.jpg
 カツのせブラックカレー(辛さ4倍)@ラホール 外神田店 マサラカレー@カレキチ 秋葉原店




800円。裏通り、牛丼専門サンボのはす向かいにあるカレー屋。ブラックカレー(=旧「極辛カレー」各種)だと辛さを5倍まで無料で指定できる。カツのせブラックカレーは、サクサクとした厚すぎないやわらかカツと、コク&スパイシーさが絶妙なルーとの組み合わせ。具として野菜も入っているため、飽きずに一気に食べれる

290円。安い、早い、味は普通。「マサラカレー」は、スパイスによる違いはあまりなく、旧オリジナルカレーに近い。なお、同店は9月30日で閉店になった(都内の他の店舗も)




akiba20100916-2595.jpg
akiba20100916-2592.jpg
akiba20100916-2599.jpg
akiba20100917__043.jpg
akiba20100917__041.jpg
akiba20100917__050.jpg
 特濃豚つけ麺(大盛)@つけめん 宗庵 水道橋店
 鶏つけ麺全部のせ(大盛)@つけめん 宗庵 水道橋店



750円(大盛無料)、1,020円(大盛無料)。2010年4月に水道橋駅前にオープンしたつけ麺専門店。温度調節が可能なIHヒーターが全席に備えられており、好みの温度でつけ麺を楽しめるのが最大の特徴。メニューは、豚つけ麺・鶏つけ麺・鰹つけ麺・冷やし坦々麺・チーズフォンデュつけ麺など。シメ用の「リゾット飯(生玉子付き)」もある。

「特濃豚つけ麺」は、背脂が大量に入った、コッテリ系の白濁つけダレと中太麺の組み合わせ。タレの粘度がとにかく強く、"絡みすぎだろ"と感じるくらいにドロ~っとよく絡む。味は、豚のコクと脂の甘さが強く、とんこつラーメンのスープを凝縮したイメージ。具は、ネギ・メンマ・角切りチャーシュー。麺は、のど越しが良く、ドロドロのタレと一緒に口に入れてもスムーズに食べられる。

「鶏つけ麺全部のせ」は、鶏ガラと野菜の旨みが利いたしょうゆ系のつけダレ。表面に浮かぶ脂によるコッテリとした味わいもある。具は、ネギ・ワカメ・角切りチャーシュー。「全部のせ」はさらに、味玉、薄切りチャーシュー、メンマが別皿で追加される。特に、チャーシューはバーナーで焼き目をつけてから提供され、ほどよい触感と濃いつけダレに負けないしっかりとした味付けがあって良い。

大盛無料だが、大盛にしてもそこまで麺の量は多くない印象。ただ、つけダレがかなり濃いので、満腹感は十分に得られる





  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2010年9月第4週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2010年9月第4週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2010年9月第4週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2010年9月第4週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2010年9月第4週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2010年9月第4週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2010年9月第4週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2010年9月第4週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2010年9月第4週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2010年9月第4週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2010年9月第4週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2010年9月第4週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2010年9月第4週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2010年9月第4週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2010年9月第4週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2010年9月第4週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2010年9月第4週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2010年9月第4週号

特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • 秋アニメレビューキャンペーン
  • 「モンスターストライク THE MOVIE」特集
  • 2017 冬アニメ
  • 2017 春アニメ
  • 2016 夏アニメ
  • 2016 秋アニメ
  • 神アニメ(2015)