週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2010年9月第1週号

アキバ総研 | 2010年09月10日 22:30

アキバ総研スタッフが秋葉原で食べたものをご紹介する「アキバメシ(秋葉原の食事処情報)」。


無事快復しました。 どうもアキバ総研でございます。

前回お伝えできなかった、更新遅れの言い訳ですが、結論から言うと「夏バテ」です。

コミケで疲弊→実家帰省で健康的な生活→帰京後、元の生活に戻ってダウン

といったかんじで、「何も食べたくない」(正確に言えば、「二郎であれば少し食べたい気もするけど、それ以外はできる限り食べたくない」)状態に陥ってました。

■2010年9月第1週

大豚丼@炭焼豚丼 豚野郎
・牛肉とにんにくの芽炒め&カジキメンチカツ定食(日替わり)@味噌汁家 AKIBA_ICHI店
・ピリ辛つけ麺(特盛)+味玉@中華そば活力屋 秋葉原店
・刺身定食@魚河岸おに平
・もりそば2枚盛り@小諸そば 昌平橋店
・ミニカツ丼セット@小諸そば 昌平橋店


絶食はさすがにヤバイので昼食はなんとか採っていましたが、更新する気が起こらず…orz

ご迷惑をお掛けしました!

秋になって性欲とともに食欲も戻ってきましたので、もう大丈夫だと思います!

失った体重も2日連続の二郎で取り戻したハズ(苦笑)

20100910223000.jpg
akiba20100909-2345.jpg
akiba20100909-2348.jpg
akiba20100909-2342.jpg
 大豚丼@炭焼豚丼 豚野郎




880円。JR御茶ノ水駅そばにある豚丼専門店。「最近盛り上がってるので掲載しる!」的な催促リクエストが多いので紹介。というか、筆者はOB会の会合などで御茶ノ水に行くことが多いので、1年前くらいに入店済みだったり(苦笑)。さらに、「秋葉原豚野郎包囲網完成!?」という記事まで考えていたのだが、野郎ラーメン神田本店)のオープン直後に大ふく屋 上野店)が消滅するという事態にorz こういう形で西をお伝えすることになるとは…。

「豚丼」の特徴は、そのボリューム。680円の[中]で米400g肉200g、880円の[大]で米500g肉250gと、「サンボ」「かんだ食堂」「すた丼」に迫るくらいの食べ応えがある。味付けはいたって普通の甘辛ダレだが、炭火焼きなので香ばしさが強い。また、ダシと薬味類で構成される「茶漬けセット」200円もあるので、豚茶漬けとしても楽しめる。席はカウンターのみ10席程度。SMについては、以下のようなイメージ(※あくまでも筆者の妄想
S向け:「さっさと焼けよ、豚野郎!」
M/ツンデレ向け:「この豚野郎(の豚丼)を…、は、早く焼いて下さい!/焼いてよね!///」





akiba20100901__160.jpg
akiba20100901__166.jpg
akiba20100901__167.jpg
akiba20100901__156.jpg
 牛肉とにんにくの芽炒め&カジキメンチカツ定食(日替わり)@味噌汁家 AKIBA_ICHI店




950円。秋葉原UDXビル2Fの和風定食屋。夜は居酒屋として営業。ランチタイムは、2品のおかずと味噌汁を数種類のなかから選べるセットを提供。お店の看板ともいえる味噌汁は、バリエーションが豊富で具によって味噌を変えている。この日の日替わりおかずは、「牛肉とにんにくの芽炒め&カジキのメンチカツ」。おかず2品目には「ごった煮」を、味噌汁は「長ネギとシラタキ」(麦味噌)をチョイスしてみた。炒め物は、ニンニクの芽のシャキシャキ感と牛肉のやわらかさのギャップが◎。ボリュームも十分でスタミナがつきそう。カジキのメンチカツは、サクサクに揚がっており、とろけるような食感が印象的だった。味噌汁は、最初シラタキにやや不安を感じたが、意外に相性が良くてビックリ。なお、ごはんはおかわり無料





akiba20100826__407.jpg
akiba20100826__409.jpg
akiba20100826__410.jpg
 ピリ辛つけ麺(特盛)+味玉@中華そば活力屋 秋葉原店



900円+100円。テクノハウス東映近くのステーキ屋の2階にあるつけ麺屋。「ピリ辛つけ麺」は、見た目とは裏腹に、やさしい辛さが特徴的なつけダレで提供。辛さによって食欲が刺激される。また、通常のつけ麺/ラーメンと同様に大量の刻みネギが入っているので、サッパリとイケる。麺は通常のつけ麺と同じで、コシと風味が強く、相性も抜群。もはや同店の名物ともいえる味玉はド安定。絶妙な味わい




akiba20100901-1947.jpg
akiba20100901-1949.jpg
akiba20100831-1910.jpg
akiba20100904-2084.jpg
 刺身定食@魚河岸おに平 もりそば2枚盛り@小諸そば 昌平橋店
 ミニカツ丼セット@小諸そば 昌平橋店




850円。末広町駅近く、蔵前橋通り沿いにある海産物系居酒屋。ランチメニューは850円均一で、定食タイプと丼タイプが6~7種類ずつある(いずれも魚メイン)。また、日替わりもある。「刺身定食」は、マグロ・サーモン・甘エビを中心に、いくつかの種類を盛り合わせたもの。1切れが分厚くて大きい。ご飯/みそ汁はおかわり自由。冷奴・漬物・小鉢(セルフサービス)・納豆(セルフサービス)付き

290円、590円。まだまだ暑さが続いてますねぇ…(※店/料理の説明は過去ログにたっぷりあるので割愛)

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2010年9月第1週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2010年9月第1週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2010年9月第1週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2010年9月第1週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2010年9月第1週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2010年9月第1週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2010年9月第1週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2010年9月第1週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2010年9月第1週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2010年9月第1週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2010年9月第1週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2010年9月第1週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2010年9月第1週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2010年9月第1週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2010年9月第1週号

特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • 秋アニメレビューキャンペーン
  • 2017 冬アニメ
  • 2017 春アニメ
  • 2016 夏アニメ
  • 2016 秋アニメ
  • 神アニメ(2015)