SpursEngine×4基搭載/PCI Ex4接続の映像処理カード! LEADTEK「WinFast HPVC1111」登場

アキバ総研 | 2010年04月16日 23:15

4基のSpursEngineを搭載したLEADTEK製映像処理カード「WinFast HPVC1111」のサンプル品がT-ZONE PC DIY SHOPに入荷した。


LEADTEK「WinFast HPVC1111」は、1枚の基板に4基のSpursEngineを搭載したPCI Express x4接続のハードウェアエンコード/デコードカード。

すでに発売されている「WinFast PxVC1100」を4枚並べたような基板デザインが特徴的で、クーラーも1基ずつの計4基が搭載されている。基板サイズは240×155mmと大きく、「4Uラックマウントケース向け」(同社)としての法人向け製品となっている。

また、同社は、4基のSpursEngineを搭載/動作させることで、高速なエンコード/トランスコード処理のほか、より鮮明な映像のアップスケーリング処理を実現したとしている。

20100416231500.jpg akiba20100416__864.jpg akiba20100416__867a.jpg
akiba20100416__866.jpg akiba20100416__863.jpg
PLX製PCI Expressスイッチ「PEX 8624」 
電源は6ピンコネクタ 

必要環境は、OSがWindows Vista/XP(SP3)で、CPUがAMD製デュアルコアCPU 2.81GHz以上、メモリ2GB以上。主な付属品は、ドライバ、電源ケーブル。なお、同店によると、パッケージは白箱になるとのこと。

予価は99,800円で、販売時期は5月中旬。


  • SpursEngine×4基搭載/PCI Ex4接続の映像処理カード! LEADTEK「WinFast HPVC1111」登場

  • SpursEngine×4基搭載/PCI Ex4接続の映像処理カード! LEADTEK「WinFast HPVC1111」登場

  • SpursEngine×4基搭載/PCI Ex4接続の映像処理カード! LEADTEK「WinFast HPVC1111」登場

  • SpursEngine×4基搭載/PCI Ex4接続の映像処理カード! LEADTEK「WinFast HPVC1111」登場

  • SpursEngine×4基搭載/PCI Ex4接続の映像処理カード! LEADTEK「WinFast HPVC1111」登場